「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、キャデラック CTSクーペだ。

キャデラック CTS-Vクーペ(2011年)

大排気量エンジンを搭載したアメリカン スペシャリティ、いわゆる「マッスルカー」。アメリカ車=大排気量=環境破壊、などと思われがちな昨今だが、意外や効率を考えれば見直されるべき存在でもある。

キャデラックのミッドサイズ モデル「CTS」は初代こそセダンのみだったのだが、2代目からはクーペ(とワゴン)も設定され、昨年(編集部註:2010年)秋にようやくクーペの日本導入が始まった。しかも、標準モデルのCTSクーペだけでなく、ハイパワーバージョンのCTS-Vクーペも同時にやって来た。今回、この2台に短時間だが試乗することができた。まずは、CTS-V クーペから。

その佇まいは、遠くから見ても、すでにただならぬ異彩を放っていた。まずフロントマスクは、バンパーを挟んで上下に空いたグリルに張り巡らされたメッシュのメッキがけっこう威圧的。そしてボンネットフードの盛り上がりからは、そこに収まるものの存在を連想させてくる。

そこでボンネットフードを上げてみれば、スーパーチャージャー付きの6.2L V8 DOHCエンジンが黒光りしていた。これがフルパワーを発生するとき、発せられる熱がメッシュグリルからどんどん放出されていくというわけだ。考えただけで、もうアメリカン マッスルの世界である。

ドアを開けて乗り込むと、そこはCTS-V専用のコクピットだ。いつもの優美ながら骨太なキャデラックのインテリアは、真っ赤な針が振り切れそうなメーター類、「V」のエンブレムが埋められたステアリングホイール、本革巻きのATシフトレバー、そしてRECARO製のパワーシートで強化されている。ここに収まるだけで、モリモリと昂揚感が押し寄せてくるほどだ。

恐る恐るエンジンをかけると、ブオオンと猛々しい雄叫びが上がる。だが普通に走っている限りは紳士的で、扱いは特に難しいことはない。これなら買い物の足にも使えそうだな、なんて思ったのも束の間、50km/hくらいまで加速しようと少しアクセルを踏んだ途端、エッ!と思うほどのトルクに押された。

そしてそのまま自動車専用道路に入ると、合流前のカーブからものすごい剛性感で路面を蹴飛ばし、直線に入った瞬間に爆発的パワーが生まれていた。これがマグネティックライドと564ps/747Nmの世界! アクセルひと踏みで、まさにジキルからハイドへ豹変するキャデラック CTS-Vクーペ。この加速は、病みつきになってしまうかもしれない。

CTS-Vほどハードでなくても・・・というのなら、CTSクーペを

CTS-Vクーペのハードな印象が覚めやらないうちに、標準モデルのCTSクーペに乗り換える。よく考えたら、こちらに先に乗ったほうがよかったかもしれない。

前述のように2代目となったCTSは、セダン、ワゴンに続いて、まさかクーペまで出るとは思わなかったが、このクーペはとにかくスタイリッシュだ。とくにヒップアップしたリアビューが印象に残る。かつてキャデラック ブランドのエンブレムであった「V」をモチーフにしたという独特のリアエンドは、他に類を見ないものだ。

その走りは、もちろんCTS-Vほどのマッスルさはないものの、かつてのアメリカ車(とくにキャデラック)のユルいイメージとは一線を画する。現代的に洗練されたフットワークを持ち、快適なパーソナルクーペとしても、走りを楽しむスポーツカーとしてもイケるモデルに仕上がっている。

ハンドリングも応答遅れを感じさせることはない。いささか制御を入れすぎた感のある近年のドイツや日本製の上級スポーティカーよりも、むしろ素直で好印象だった。

エンジンは、セダンやワゴンでは3LのV6も選べるが、クーペは3.6LのV6のみ。CTS-Vの圧倒的なパワーを味わったあとでは非力に感じてしまうような錯覚をおこしたけれど、実際の性能的には十分。しかも、シルキーな吹け上がりを楽しませてくれる。

キャデラック CTSは、クーペやワゴン、そしてCTS-Vも含めて、惜しむらくは販売ネットワークが少ないことと認知度が低いこと。もっと注目されていい1台であることは、間違いないのだが。

●■キャデラック CTS-Vクーペ プレミアム 主要諸元

●全長×全幅×全高:4800×1900×1420mm
●ホイールベース:2880mm
●車両重量:1940kg
●エンジン種類:V8 DOHCスーパーチャージャー
●排気量:6156cc
●最高出力:415kW<564ps>/6100rpm
●最大トルク:747Nm<76.1kgm>/3800rpm
●トランスミッション:6速AT
●駆動方式:FR
●JC08モード燃費:5.9km/L
●タイヤ:前255/40ZR19、後285/35ZR19
●当時の車両価格(税込):984万円

●■キャデラック CTSクーペ 主要諸元

●全長×全幅×全高:4800×1900×1420mm
●ホイールベース:2880mm
●車両重量:1830kg
●エンジン種類:V6 DOHC
●排気量:3564cc
●最高出力:229kW<311ps>/6400rpm
●最大トルク:374Nm<38.1kgm>/5200rpm
●トランスミッション:6速AT
●駆動方式:FR
●JC08モード燃費:8.1km/L
●タイヤ:前245/45ZR19、後275/40ZR19
●当時の車両価格(税込):668万5000円