しばらく空席状態だった「ジープ チェロキー」のポジションに、「コマンダー」が設定された。3列シートにディーゼルターボと、ジープブランドとしてもかなり際立つ個性の持ち主だが、走り味はとても実直で操りやすいものだった。

細部でプレミアム感を主張するコーディネイト

日本人にとっては「ラングラー」とともに「Jeep」のブランドイメージを代表するモデルだった「チェロキー」が、日本向けの生産を終了したのは2021年末のこと。新型「コマンダー」はそれに代わわる「コンパス」と「グランドチェロキー」の間を埋めるモデルとして、日本への導入が開始された。グレードは「リミテッド」のみ。パワートレーンも、2L 直4ディーゼルターボと9速AT、4輪駆動オンリーの設定となる。

もともと新しいコマンダーは、南米ブラジルでコンパスをベースに、より上級なモデルとして企画・開発されたモデルだ。ブラジル市場ではレネゲード、コンパスで展開を図ったジープブランドだったが、SUV市場では20%以上のシェアを獲得、「絶対的な成功」(2021年8月に出されたコマンダー発表時のリリースによれば)を収めることができたという。

横置きエンジンFWDレイアウトのシャシなど基本メカニズムはコンパスと共通化されているものの、ルックスはより上級の「グランドチェロキーL」からイメージを受け継いでいる。ステップアップの先にあるモデルらしい上級感を巧みに盛りこむことも忘れてはいない。

ジープの伝統を物語るフロントグリルの7つのスロットは、クロームアクセント付グロスブラック仕様にアレンジされている。ヘッドランプの形状やフロントグリルバンパーまわりの風格は、堂々たるものだ。水平方向に薄く広がるガーニッシュと「プレミアム」を謳うテールランプのコンビは、「ジープ ワゴニア」からの継承。堅牢さと洗練された雰囲気のバランスが絶妙だ。

インテリアのレイアウトは基本、コンパスの上級グレードである「リミテッド」に準じたものとなる。一方で、光沢のあるステッチを配したり、レザー使いなどにもより上質感が感じられるように思えた。10.1インチタッチパネルモニターを中心とするインフォテインメントやヒーテッドステアリング、ハンズフリーパワーゲートといった装備は標準、機能的にはとても充実している。

エマージェンシーではなく「使える」3列目シート

弟分のコンパスに対するコマンダーならではのもっともわかりやすい差別化と言えばやはり、拡大された全長とともに3列7人乗りとなったシートレイアウトだろう。全長は4770mmあり、コンパス比で350mm伸ばされた。全幅は+50mmの1860mm、全高は90mmほど高い1730mmとなっている。前後方向の伸びやかさだけでなく、トータルでのボリューム感が醸し出す存在感はとても力強い。

もっとも実際に運転していると、数字の差ほどに取り回しに苦労する感覚はあまりない。ホイールベースの延長分は145mmで、装着されているタイヤのサイズは1インチワイドではあるが、18インチのまま(235/55R18)だ。最小回転半径はコンパスより0.1mだけ大きな5.8mと、クラス的には常識的な範囲に収まっている。

やや長めのホイールベースは、比較的落ち着き感のある直進性など、メリットの方が際立っているように思えた。前後のサスペンションは、サイズと重量のアップに合わせて最適にチューニングされているという。NVHに関してはとりわけ洗練されている印象ではなかったけれど、不快感を伴うことはない。

それにしてもこのクラスのSUVで、エマージェンシーではなくかなり使える7人乗りを実現しているのは、大したものだ。輸入車の3列シートミニバンとしてはプジョー5008やメルセデス・ベンツGLBなどが思い浮かぶが、それらよりも130mmほど長い全長が効いているのだろうか。

しかも全席リクライニングが可能で、2列目シートは最大140mmの前後スライド幅を持つ。リアドアは最大80度のゆとりある開口部を確保しているので、乗り降りも比較的楽にこなせるのが嬉しい。ちなみにフル乗車時のトランクスペースは233L、5人乗りで661L、最大で1760Lと公表されている(ブラジル仕様の数値)。

スムーズな力感が魅力の「日本初」ディーゼルターボ

なにより新型コマンダーの走行性能で最大の見どころと言えば、コンパスには設定のない2L 直4ディーゼルターボの完成度の高さだろう。TD380という型式が与えられたこのユニットはターボユニットやフライホイールなどを改良、最高出力は170ps、最大トルクは350Nmを発生する。

コンパスに搭載される2.4L 直4マルチエアユニットと比べると最高出力は5psほど控えめだが、わずか1750rpmから発揮される最大トルクは実に、5割増し以上ものアドバンテージを持つ。車両重量は270kgほど重いけれど、WLTCモードは13.9km/Lと、コンパス(11.5km/L)に対しておよそ2割改善されている。

4輪駆動であり悪路にも強いジープ!という印象と相まってぶっといトルク感を期待してしまいそうだが、少なくとも平和に街乗りをこなしているうちは、非常に紳士的なフィーリングに終始していた。アクセルワークに対するツキも素直だし、トルクは全域でフラット。ともすれば盛り上がりに欠ける印象もあるけれど、実用エンジンとしてはとても躾けがいい。

この好印象には、精密に変速制御してくれる9速ATの恩恵もあるようだ。セレクテレインシステムやJeepアクティブドライブ、ヒルディセントコントロールといった、オフロード走行時の熟成されたサポートと相まって、ドライバーが意のままに操れるタフな走破性を楽しませてくれそうだ。

ディーゼルエンジン特有のノイズに関しては、都会派SUVとして満足できるレベルにある。恐ろしく静か!とは言えないまでも、耳障りな音質ではない。しかも回転数が上がっていっても音質そのものはあまり変わらないので、長時間のロングドライブが苦にならないように思えた。

エンジンそのものの静粛性だけでなく、ジープ独自の創意工夫による恩恵も受けているようだ。フロントガラスと前席サイドウインドーは、複層構造などによって遮音性能、断熱性能を高めることで、最大で車内に侵入する騒音を約10dB、車内温度を約10度低下させてくれるという。

それにしてもしっかり使える3列シートでフレキシブルなディーゼルエンジンを搭載し、しかも適度に趣味性にも富んでいるというのは、なかなかに貴重な存在。これまで日本市場においてはジープブランドのブランドイメージは「ラングラー」がけん引してきた観があるが、新型コマンダーは別の意味で、新たな注目を集める存在になりそうだ。

●■ジープ コマンダー リミテッド 主要諸元

●全長×全幅×全高:4770×1860×1730mm
●ホイールベース:2780mm
●車両重量:1870kg
●エンジン:直4 DOHCディーゼル+ターボ
●総排気量:1956cc
●最高出力:125kW(170ps)/3750rpm
●最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1750-2500rpm
●トランスミッション:電子制御9速AT
●駆動方式:フロント横置き4WD
●燃料・タンク容量:軽油・60L
●WLTCモード燃費:13.9km/L
●タイヤサイズ:235/55R18
●車両価格(税込):597万円