2022年11月15日、BMWジャパンはラグジュアリーモデルのひとつである、クロスオーバーSAVのフラッグシップ「X7」をビッグマイナーチェンジして販売を開始。デリバリーは12月以降を予定している。

新型7シリーズにも似た独特のフロントマスク

現在、BMWが世界的に展開している路線は、大きく3つの柱がある。まず、BEVを中心とした電動車の「i」モデル。2022年で50周年を迎えた、モータースポーツからフィードバックされた「M」モデル。そして、7シリーズや8シリーズを中心とした「ラグジュアリー」モデルだ。今回、発表されたX7は、ラグジュアリーモデルのクロスオーバーSAV(スポーツ アクティビティ ビークル:BMWではSUVをこう呼ぶ)だ。2019年に発表された初代が現行型にあたり、今回、初のビッグマイナーチェンジが施された。

エクステリアでは、BMWのラグジュアリーモデルで採用されている上下2分割のツインサーキュラー&ダブルタイプのヘッドランプが特徴的だ。上部にはターンインジケーターを含むLEDデイタイム・ランニングランプ、下部にはアダプティブ マトリックス機能を採用しコーナリングランプ機能も併せ持つ。

BMWデザインの象徴であるキドニーグリルは、存在感と力強さを主張するデザインに進化し、クロームで縁取ることで斬新かつ高級感あふれ、さらに暗闇で光を放ち存在感を増すアイコニック グロー キドニーグリルとして、夜間における存在感を増している。

インテリアでは、12.3インチのメーターパネルと、14.9インチのコントロールディスプレイを一体化させ、ドライバー側に湾曲させた最新のカーブドディスプレイを採用し、優れた視認性と高い操作性を実現している。シフトレバーを廃止(パドルシフトを全グレードに装備)し、iドライブ コントローラーまわりをすっきりさせて、運転席まわりの空間を広くしている。

X7は3列シートを採用しており、6人乗りと7人乗りが選択できる。6人乗りでは全席を肘掛け付きのセパレートタイプとして、疲労を感じないリラックスした長時間のドライブが可能としている。

2種のターボエンジンにマイルドハイブリッドを組み合わせる

パワートレーンは、Mパフォーマンスモデルの「M60i」では4.4LのV8ツインターボ ガソリンエンジンに8速ATと48Vマイルドハイブリッド システムを組み合わせシステムトータルで最高出力は530ps、最大トルクは750Nmを発生する。クリーンディーゼル搭載モデルの「40d」では3Lの直6ディーゼルターボエンジンに8速ATと48Vマイルドハイブリッドを組み合わせ、システムトータルで最高出力は352ps、最大トルクは720Nmを発生する。

駆動方式は、いずれも4輪駆動のxドライブで、サスペンションにはオートマチック セルフレベリングコントロール付きアダプティブ2アクスル エアサスペンションと、電子制御ダンパー付きアダプティブ サスペンションが標準装備される。

安全&快適装備では、ステアリングから手を離して走行可能な運転支援システム「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」など、従来型に搭載された最先端の運転支援システムに加え、AR(拡張現実)機能搭載のナビゲーションシステムや、事前に登録した駐車操作でステアリングやブレーキ操作を自動で行なうことが可能な「パーキング マニューバ アシスト(駐車経路自動誘導)」機能を加えた「パーキングサポート プロフェッショナル」を新たに標準装備するなど、多くの最新テクノロジーを採用している。

車両価格は、以下のとおり。ハンドル位置は、いずれも右のみとなっている。

●■BMW X7 グレードと価格

X7 xドライブ40d エクセレンス:1339万円
X7 xドライブ40d Mスポーツ:1386万円
X7 M60i xドライブ:1698万円

なお、発表会では新型X7とともに、[2022年7月に日本仕様が発表された新型7シリーズ]の実車も日本初公開された。

●■BMW X7 M60i 主要諸元

●全長×全幅×全高:5170×2000×1835mm
●ホイールベース:3105mm
●車両重量:2610kg
●車両総重量:2995kg
●エンジン型式:V8 ガソリン+ターボ×2
●総排気量:4394cc
●最高出力:390kW(530ps)/5500rpm
●最大トルク:750Nm(76.5kgm)/1800-4600rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:フロント縦置き4WD
●WLTCモード燃費:8.2km/L
●車両価格(税込):1698万円