2021年4月6日、アウディジャパンはeトロン GT クワトロ(Audi e-tron GT quattro)/RS eトロン GT(Audi RS e-tron GT)のオンライン発表会を開催し、2021年秋に国内市場で販売を開始することを明らかにした。車両価格はeトロン GT クワトロが1399万円、RS eトロン GTが1799万円(いずれも税込み)。4月7日(水)から 5月31日(月)まで東京・青山の「アウディ ハウス of プログレス 東京」に展示される。

すでにドイツ ベリンガホフ工場で生産を開始

アウディeトロン GT クワトロ/RS eトロン GTはアウディスポーツが開発生産を担当するモデルで、ツインモーターを搭載した電気式4WDのEVスポーツカー、アウディのフラッグシップ4ドアグランツーリスモとして、2021年2月にワールドプレミアされた。RS eトロン GTは、eトロン GTシリーズのRSモデルとなる。

eトロン GT クワトロのボディサイズは全長×全幅×全高=4989×1964×1413mm(RS eトロン GTの全高は1396mm)で、迫力あるワイド&ローのボディは伸びやかでエレガント。六角形シングルフレームグリル、クワトロブリスターフェンダーなどにアウディらしいディテールが見て取れる。

インテリアデザインは高品質と先進的なエレガンスさを表現したもので、このクルマの進歩的なキャラクターを強調している。運転席は低いポジションに設定され、幅広いセンターコンソールで仕切られたモノポストデザインにより、ドライバーを包み込むような造形になっている。また、ペットボルや漁網などのリサイクル素材を使用したレザーフリーパッケージは、ハイテクな先進性とオーガニックなナチュラルさを感じさせるものだ。

2900mmというロングホイールベースにより、リアシートには大人2人が寛げるスペースを確保。ラゲッジコンパートメントも405Lの容量を備えている(RS eトロン GTは350L)。

操作系では、アウディバーチャルコックピット(12.3インチ)とセンターコンソールの大型タッチディスプレイ(10.1インチ)を標準装備。音声による オンラインサーチやパーソナライゼーション機能をはじめ、Wi-Fiホットスポットを備えたMMIナビゲーションプラスを標準装備し、Audi connectによって幅広いサービスを提供する。また、急速充電ステーションを使用して最短の充電時間で最速ルートを計算するためのeトロン ルートプランナーも搭載する。さらに、ワイヤレスチャージング(Qi規格)や Bang&Olufsenプレミアム サウンドシステプレミアムも選択できる。

パワートレーンは前後のアクセルに配置された2つの電気モーターで4輪を効率よく駆動。2つの電気モーターのシステム最大出力と最大トルクはeトロン GT クワトロが350kW(ブースト時390kW)と640Nm、RS eトロン GTは440kW(ブースト時475kW)と830Nmで、このパフォーマンスを完全に電子的制御された4輪駆動システムであるエレクトリッククワトロが最大限に活かす。

エレクトリッククワトロの反応速度は30ミリ秒と機械式クワトロの5倍の速さで、RS eトロン GTでは僅か3.3秒で時速100kmに達する。パワーの源である総容量93kWh(実際の使用容量84kWh)のバッテリーはフロア下に配置されており、システム電圧は800V、日本の計測方法で500km以上の航続距離を実現する。

シャシは、3チャンバー式エアサスペション(eトロン GT クワトロはオプション、RS eトロン GTに標準)やオールホイールステアリング(オプション)を搭載し、スポーティなドライビングと快適な乗り心地の両立を図っている。

タイヤ/ホイールは、eトロン GT クワトロが19インチ、RS eトロン GTは20インチが標準で、オプションでそれぞれ20インチと21インチホールを設定している。

運転支援システムでは、アウディプレセンス セーフティシステムを始め、アダプティブクルーズコントロール、サイドアシスト、リアクロストラフィックアシスト、ターンアシスト、エマジェジェンシーアシストなどを標準装備。

ユニークな装備としては、eトロン スポーツサウンドがあげられる。これは20km/h以下での走行時や駐車時に安全確認のために電子的に合成したサウンドを発生するもので、アウディドライブセレクトの設定に応じて、クルマの車外および社内にサウンドを発生する(オプション装備予定)。

充電システムは、200Vの普通充電で8kWまで、急速充電(CHAdeMO)では150kWまで対応。Audi eトロンチャージカードを使って、全国の2万カ所以上のe-Mobility Powerネットワーク(旧 NCSネットワーク)の充電器で最初の一年間は無料で充電が可能という。

生産はドイツ ネッカーズルムのベリンガホフ工場で、最新の生産技術と熟練工の技を組み合わせたカーボンニュートラルな方法で行われる。

日本での発売は2021年秋の予定で、車両価格はeトロン GT クワトロが1399万円、RS eトロン GTが1799万円(いずれも税込み)と発表された。日本仕様の詳細は、国土交通省の認可取得後発表される。

アウディ eトロン GT クワトロ/RS eトロン GT 展示

開催場所:「アウディ ハウス of プログレス 東京」(東京都港区南青山5-3-2)
開催日程:2021年4月7日(水)〜5月31日(月)
営業時間:平日:11時〜20時、土日祝:10時〜20時
入場料:無料

●アウディeトロン GT クワトロ 主要諸元(欧州仕様)

●全長×全幅×全高:4989×1964×1413mm
●ホイールベース:2900mm
●車両重量:2276kg
●モーター:2基(前後に各1基)
●モーター最高出力:350kW(ブースト時390kW)
●モーター最大トルク:630Nm
●バッテリー:リチウムイオン
●バッテリー容量:93.4kWh
●トランスミッション:2スピードAT
●駆動方式:4WD
●WLTP航続可能距離:452-488km
●タイヤサイズ:前225/55R19、後275/45R19
●最高速:245km/h
●0→100km/h加速:4.5秒(ブースト時4.1秒)
※欧州仕様

●アウディRS eトロン GT 主要諸元(欧州仕様)

●全長×全幅×全高:4989×1964×1396mm
●ホイールベース:2900mm
●車両重量:2347kg
●モーター:2基(前後に各1基)
●モーター最高出力:440kW(ブースト時475kW)
●モーター最大トルク:830Nm
●バッテリー:リチウムイオン
●バッテリー容量:93.4kWh
●トランスミッション:2スピードAT
●駆動方式:4WD
●WLTP航続可能距離:433-472km
●タイヤサイズ:前245/45R20、後285/40R20
●最高速:250km/h (リミッター)
●0→100km/h加速:3.6秒(ブースト時3.3秒)
※欧州仕様