2024年2月29日(現地時間)、世界耐久選手権(WEC)2024年シーズンがカタールで幕を開ける。トップカテゴリーのハイパーカークラスには、トヨタ、プジョー、フェラーリ、ポルシェ、キャデラックに加え、新たにBMW、ランボルギーニ、アルピーヌ、イソッタ・フラスキーニが参入。開幕戦には実に9メイクス19台のプロトタイプカーがエントリー、世界の名だたるメイクスが威信を賭けて戦う壮大なレースが始まる。なお、開幕戦の決勝レースは3月2日土曜日に行われる。

開幕戦はカタール・ドーハの砂漠の中のサーキットで行われる

WECの2024年シーズンは、カタール・ドーハのロサイル・インターナショナル・サーキットで行われる「カタール1812km」で幕を開ける。カタールでWECのレースが開催されるのは初めて。このレースは1812kmという距離で争われるが、それはカタールの建国記念日(12月18日)にちなんで定められたもので、レースは10時間以内に制限される。

ロサイル・インターナショナル・サーキットは、カタールの首都ドーハから北へ約35km、砂漠の中に位置するレーシングコース。1周5.419kmのコースを時計回りに16のコーナー(左コーナー6、右コーナー10)が配置され、メインストレートは1068mと長く、その後のターン1が最大のオーバーテイクポイントとなる。

全体的には中高速コーナーが多く、タイヤに厳しいサーキットと言える。また、16コーナーのうち11が右コーナーであることから、とくに左フロントにストレスが加わる。

決勝レースは土曜日11時にスタートするが、この時期のカタールの気温は高く、海が近く風があることから砂が吹き込みやすく、路面はほこりっぽく、グリップは低いこともポイントとなりそうだ。

●2024年WEC開幕戦カタール1812km タイムスケジュール

フリー走行1回目:2月29日木曜日12時20分〜(日本時間18時30分〜)
フリー走行2回目:2月29日木曜日17時30分〜19時(日本時間23時30分〜)
フリー走行3回目:3月1日金曜日11時〜(日本時間17時〜)
予選:3月1日金曜日16時〜(日本時間22時〜)
決勝:3月2日土曜日11時〜(日本時間17時〜

打倒トヨタに向けて、名だたるスポーツカーブランドが参戦

2024年のWECハイパーカークラスには、トヨタ、プジョー、フェラーリ、ポルシェ、キャデラックに加え、新たにランボルギーニ、BMW、アルピーヌなどそうそうたるメイクスが集結する。

昨シーズンはトヨタが6勝を挙げ、5年連続でのマニュファクチャラーズ/ドライバーズのダブルチャンピオンに輝いたが、ル・マン24時間ではフェラーリが優勝を飾ったように年々ハイパーカーによる争いは激化しており、今季は予断を許さない戦いが繰り広げられそうだ。

とくに、フェラーリはフェラーリAFコルセの2台とリシャール・ミルAFコルセ 1台の計3台体制、ポルシェはワークス2台とプライベータ−3台の計5台体制で参戦してくることから、トヨタの強敵となりそうだ。

さらにBMWがワークスチームを結成して2台の「BMW MハイブリッドV8」で参戦を開始。ランボルギーニはアイアンリンクスチームから「ランボルギーニSC63」で乗り込む。ワークスチームが2台の「アルピーヌA424」をで走らせるアルピーヌも台風の目になりそうだ。

開幕戦を制するのはどのチームか。シーズンを占う意味でもその戦いに注目が集まる。

2024年WEC 開幕戦 ハイパーカークラス エントリーリスト

●2024年世界耐久選手権(WEC)開幕戦カタール1812kmハイパーカークラス エントリーリスト

2 キャデラックVシリーズ/キャデラックレーシング
5 ポルシェ963/ポルシェペンスキーモータースポーツ
6 ポルシェ963/ポルシェペンスキーモータースポーツ
7 トヨタGR010ハイブリッド/トヨタGAZOOレーシング
8 トヨタGR010ハイブリッド/トヨタGAZOOレーシング
11 イソッタティーポ6-C/イソッタ・フラスキーニ
12 ポルシェ963/ハーツチームイオタ
15 BMW M ハイブリッド V8/BMW Mチーム WRT
20 BMW M ハイブリッド V8/BMW Mチーム WRT
35 アルピーヌA424/アルピーヌエンデュランスチーム
36 アルピーヌA424/アルピーヌエンデュランスチーム
38 ポルシェ963/ハーツチームイオタ
50 フェラーリ499P/フェラーリAFコルセ
51 フェラーリ499P/フェラーリAFコルセ
63 ランボルギーニSC63/ランボルギーニ・アイアンリンクス
83 フェラーリ499P/リシャール・ミルAFコルセ
93 プジョー9X8/プジョートタルエナジーズ
94プジョー9X8/プジョートタルエナジーズ
99 ポルシェ963/プロトンコンペティション

6月のル・マン24時間をメインイベントにシリーズ全8戦を開催

2024年シーズンのWECは、開幕戦カタールを皮切りに、5つの異なる地域(アジア、ヨーロッパ、北米、南米、中東)で全8戦が開催される。

カタールでの戦いを終えると、チームは問題点を洗い出して、4月にイタリアに移動。5月、6月には、恒例のスパ・フランコルシャン6時間、シリーズ最大のレースである伝説のル・マン24時間にのぞむことになる。

シーズン後半はチャンピオンシップ争いに焦点が移り、いよいよ熟成されたマシンで戦いはさらに激しくなっていく。

WECは7月中旬にインテルラゴス・サーキットでサンパウロ6時間耐久レースを戦うためブラジルに上陸。その後、アメリカ・テキサス州オースティンに移動して第6戦が行われる。

シーズンはいよいよクライマックスを迎え、9月中旬の富士6時間、11月初めの最終戦バーレーン8時間でシリーズは完結する。

●2024年FIA世界耐久選手権(WEC)カレンダー

第1戦:3月2日/カタール1812km(カタール)
第2戦:4月21日/イモラ6時間(イタリア)
第3戦:5月11日/スパフランコルシャン6時間(ベルギー)
第4戦:6月15-16日/ル・マン24時間(フランス)
第5戦:7月14日/サンパウロ6時間(ブラジル)
第6戦:9月1日/オースチンCOTA(USA)
第7戦:9月15日/富士6時間(日本)
第8戦:11月2日/バーレーン8時間(バーレーン)