首都高速は、2022年8月の渋滞予想カレンダーを発表した。これを参考にして、渋滞の回避を心がけたい。(タイトル画像はイメージです)

お盆期間は渋滞が比較的少ないのだが・・・

首都高速が発表した2022年8月の渋滞予想カレンダーによると、8月の交通状況は、例年、月初からお盆期間前は渋滞が特に多くなる傾向があり、お盆期間は渋滞が比較的少ない傾向がある。その後、月末の金曜日にかけて再び、渋滞が特に多くなる傾向がある。

したがって、8月2日(火)〜5日(金)、8日(月)〜10日(水)、および19日(金)と26日(金)が、とくに渋滞が多いと予想されている。

なお、「渋滞予想カレンダー」は、過去の統計データを用いて各日の渋滞状況を予測したものであり、天候・交通事故・故障車・工事等による影響は反映されていない。また、渋滞が少ないと予想される日においても、通行止め・車線規制の影響により、規制箇所を中心に渋滞が予想される。首都高を利用する前には、最新の交通状況を確認しておきたい。

●■渋滞等の影響によりう回が推奨される車線規制工事の実施予定

●予備日:8月6日(土)、8月20日(土)、8月27日(土)21時〜翌7時
高速湾岸線(東行・西行)東扇島出入口間:夜間本線通行止め工事
※7月中の実施を予定しているが、悪天候等により延期された場合は上記日程で工事を実施する可能性がある。

比較的渋滞が少ないお盆期間に、通常より渋滞が予想される箇所もある!

ところで、8月11日(木・祝)〜16日(火)のお盆期間は、首都高速の渋滞は比較的少ないのだが、下記の箇所は通常より早い時間から渋滞が予想されるため、余裕を持って利用したい。

●アクアライン方面:朝6時以降に川崎浮島JCTを先頭に渋滞が発生し、湾岸線でも渋滞が予想される。
●葛西・舞浜エリア:朝6時以降に湾岸線(東行)葛西で出口渋滞が予想される。
●みなとみらいエリア:朝8時以降に横羽線(下り)みなとみらいで出口渋滞が予想される。

湾岸線においては、東京湾アクアラインを先頭とする激しい渋滞が予想され、通過時間の大幅な増加が予想されるため、東京方面から羽田空港を利用する人は、1号線羽田線空港西出口の利用を検討するといいだろう。

ここで紹介した以外にも、帰省交通などにより、関係機関(NEXCO東日本/中日本)下り方向で渋滞が想定され、首都高速道路へ渋滞が延伸する場合がある。いずれにしても、クルマで出かける場合は、道路交通情報アプリ「mew-ti(ミューティー)」などで最新の交通状況を確認して、余裕を持って利用したいものだ。(写真・図版:首都高速道路)

[8月の渋滞回避のお願い(お盆期間)]