2022年6月7日、ベントレーモーターズジャパンはラグジュアリー2ドアモデルであるコンチネンタルGTシリーズに、ドライビングパフォーマンスとビジュアルプレゼンスを重視したSモデル「コンチネンタルGT S」と「コンチネンタルGTC S」を新たにラインナップしたと発表。なお、現時点で車両価格のアナウンスはない。

V8サウンドが楽しめるスポーツエキゾーストを標準装備

ベントレーの2ドアモデルとして、その華麗なフォルムとハイパフォーマンスとで、至高のグランドツーリングカーとして君臨する「コンチネンタルGT」。これまでは6L W12ツインターボ(635ps/900Nm)搭載のGTスピードをトップグレードに、4L V8ツインターボ(550ps/770Nm)搭載のGT V8という、大きく分けてふたつのラインナップだった。ここにSモデル「GT S」が新たな仲間として加わった。

もともとコンチネンタルGTにはオープンモデルである「コンチネンタルGTC」もラインナップしており、追加モデルにもクーペの「GT S」とともにコンバーチブルの「GTC S」も用意される。

「Sモデル」に搭載されるパワーユニットは、4L V8ツインターボ。最高出力550ps/最大トルク770Nmから生み出されるパフォーマンスは0→100km/h加速が4.0秒と、ここまでは従来からの「V8」モデルと同じ。しかし、クロスプレーン方式のV8の鼓動を強調するため、GT SとGTC Sにはスポーツエキゾーストが標準装備されるという念の入れようだ。

走りは、ベントレーがいち早く採用した48V電動アクティブ・アンチロール・コントロール・システム「ベントレーダイナミックライド」が支える。急カーブ時には、各アンチロールバーに内蔵されたモーターが0.3秒以内に発生する最大1300Nmのトルクがコーナリングフォースを抑制しロールを最小限に抑え、巡航時には左右ホイールをデカップリング(連動しないの意)することにより、快適な乗り心地の実現が図られている。

エクステリアデザインは、ブラックグロスのラジエターグリルをはじめ、ブラックのブライトウェア、フロントフェンダーのSバッジなどがまず目をひく。ヘッドライトとリアライトはダークティントで、エクステリアのブライトウェアはすべてグロスブラックとされ、「ウイングドB」のバッジと「BENTLEY」のロゴだけがブライトクローム仕上げ。リアウイングはダークなエクステリアにマッチするグロスブラックとなる。

足元には、新設計の22インチホイールが装着される。Y字型の5本スポークに仕上げられ、「グロスブラック」または新登場の「ペールブロッガーサテン」を選択できる。レッドにペイントされたブレーキキャリパーとのコーディネートは、スポーツ心を刺激してくれそうだ。他に、グロスブラック仕上げとブライトマシニング仕上げの専用21インチトライスポークホイールも用意されている。

スポーティさの演出ということでは、フロントフェンダーのSバッジや、ブラックのクアッドエキゾーストテールパイプ、コンチネンタルGTスピードと共通のブラックのシルエクステンダーなども、忘れてはいけないアイテムだ。

コンチネンタルGTスピードと共通する部分も

「Sモデル」専用のツートンカラースプリットで彩られたインテリアは、エクステリアと見事なまでにハーモニーを奏で、ハイパフォーマンスカーとしての独特の世界観が表現されている。

スエード調の「ダイナミカ」が使われるステアリングホイールや、シフトレバー、シートクッション、シートバックレストは、その肌触りによりスポーティな走りをアシスト。そして、シートボルスター、ドアパッド、インストルメントパネル周り、コンソール周りにはレザーハイドが配される。ベントレーの最高級レザーとダイナミカを組み合わせたインテリアは、レザーの滑らかさとダイナミカのソフトな起毛仕上げが共存する空間でもある。

インストルメントパネルも、もちろんスポーティさを強調したデザインとなり、パフォーマンスを意識したグラフィックは「コンチネンタルGTスピード」と共通だ。Sデザインのフルートシートはオプションでキルティングの選択ができる。

各シートのヘッドレストに施された「S」のエンブレム刺繍も特別感を漂わせる。無償オプションでベントレーウイングの刺繍に変更することも可能だ。フェイシアの金属製「S」バッジもさりげないアクセントとなっている。イルミネーテッドトレッドプレートには「BentleyMotors Ltd」の代わりに「S」のデザインが刻まれる。