2022年7月14日、メルセデス・ベンツ日本は、BEV(電気自動車)第3弾となるメルセデスEQ「EQB」を発表。同日より販売が開始された。比較的コンパクトなSUVルックスに7人乗りを可能とした「使える」BEVは日本でも人気を博しそう。劇場用映画『ONE PIECE FILM RED』とのタイアップキャンペーンも実施するなど、気合の入ったセールスプロモーションが展開される。

FWDモデルの一充電走行距離は520km

日本に導入されるメルセデスEQブランドとしてはEQC、EQAに次ぐ EQB)。日本に導入されるメルセデス・ベンツ発のBEV(電気自動車)としては第3弾となるEQBは、全長 4685 mm×全幅 1835 mm×全高 1705 mmという日本の道路事情にあった取り回しのよいサイズが与えられている。

さらに2830mmのロングホイールベースを活かした3列シート(3列目は身長165cmが上限)によって最大7名の乗車を可能とし、大きな荷物も搭載できる抜群のユーティリティ性能が魅力だ。

ラインナップはEQB 250とEQB 350 4マティックの2タイプ。EQB 250は、フロントアクスルに搭載される新設計の永久磁石同期モーターで前輪を駆動し、EQB 350 4マティックはフロントアクスルに非同期式電気モーターを1基、リアアクスルに永久磁石同期モーターを1基搭載して4輪を駆動する。

また4WDモデルでは、前後アクスル間のパワーバランスを走行状況に応じて毎秒100回の頻度での調整が行われる。リアの電気モーターをできるだけ頻繁に使うことで電力量消費率を最適化すると同時に、フロントアクスルの非同期式モーターの部分負荷域における引きずり損失を最小限に抑えるためだそうだ。

最高出力と最大トルクは、EQB 250が190ps(140kW)/385Nm、EQB 350が292ps(215kW)/520Nm。前後アクスル間のフロア部に搭載され搭載されるリチウムイオンバッテリー容量は66.5kWhで、WLTC一充電走行距離はEQB 250が520km、EQB 3504マティックが468kmとなる。充電は6.0kW(200V・20A)までの交流普通充電と、100kWまでの直流急速充電(CHAdeMO規格)に対応する。

航続距離を伸ばすために、大型の高電圧バッテリーを採用するだけではなく、効率的な回生制御システムも導入されている。

回生ブレーキの強度は4段階の手動設定が可能で、パドルは左側が回生レベルの上昇、右側が低減のスイッチとなる。具体的には、「 D+」がコースティングで、「 D 」が軽度の回生ブレーキ、「 D-」が中程度の回生ブレーキ、「D Auto」が前走車との車間距離、登坂・降坂などの道路状況などを加味し、最適な強度の回生ブレーキを行う。ただし、回生ブレーキの設定に関係なく完全停止は行わない。

EQBならではのオリジナリティあふれる内外装

EQBのデザインは、メルセデス・ベンツのデザインの基本思想である「センシュアル ピュリティ(官能的純粋)」をより先進的に表現する「プログレッシブ・ラグジュアリー」をコンセプトに展開されている。

エクステリアデザインは、前後のオーバーハングが短く、タイヤをボディの4隅に配置して居住空間を最大限確保するという機能的パッケージを大切にしながら、筋肉質でエモーショナルな都市型SUVの洗練さも忘れていない。

フロントには、中央にスリーポインテッドスターを配したブラックパネルグリルが採用される。水平に伸びる光ファイバーのデイタイムランニングライトの帯はフルLEDヘッドライトにつながり、昼夜を問わず容易に識別できるデザインとされた。AMGラインを選択すると、フロントのブラックパネルグリルにスポーティな印象を与えるハイグロスブラックのフレームとツインルーバーがあしらわれる。

サイドビューは、輪郭のはっきりしたショルダー部が特徴で、後方にいくにしたがってリアフェンダー周辺に筋肉質な印象を与えるベルトラインが印象的だ。全体としてメルセデス・ベンツの都市型SUVの特徴であるシンプルな造形でありながら、力強い動力性能やスタビリティの高い操縦性などを想起させる佇まいが演出されている。

エアロダイナミズムについてもこだわりをみせる。EQBは一見するとベースとなったGLBのスタイリングのようにみえるが、バンパーをEQB専用のデザインとしたことによる空気の流れの変化に対応するよう、前後エプロンの形状変更など随所にあらたに手が加えられている。

さらに、空力特性や風切り音の低減を考慮したドアミラー、ボディ下側を流れる空気を整流するために刷新したアンダーボディパネル、ルーフスポイラー、リアコンビネーションランプの整流エッジなど、空気をスムーズに流すための改良は細部にまで及ぶ。これらの空力の最適化により生まれたCd値は最小で0.28だ。

リアエンドの幅を強調するLEDのライトストリップと、途切れることなく一体化されたLEDリアコンビネーションランプも、EQBならではのオリジナリティを感じさせるアピアランスのひとつだ。

収納から電子デバイスまで、その利便性は格別

インテリアにもEQ独自のデザイン要素が満載だ。アルミニウムルックのチューブ形状デザインがドアやコンソールや助手席側のダッシュボードに施され、グラブハンドルとしての機能を備えつつ、高いデザイン性も併せ持っている。前席エアアウトレットやクルマのキーなどに見られるローズゴールド(AMGラインパッケージ装着時はシルバー)の色彩は、モーターのコイルの色をモチーフにしたものだ。

高精細画面のコクピットディスプレイとセンターディスプレイにさまざまな情報を読み取りやすく表示し、対話型インフォテイメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」により操作する方法はEQBにも踏襲される。

そして、センターディスプレイにある「メルセデスEQ」のアイコンに触れると、充電に関する選択や電力消費、エネルギーフローなどのメニューが現れる。コクピットディスプレイの右側は、エンジン回転計に代えて電力計とし、上部に使用される電力の割合(%)、下部にエネルギー回収の状況が表示される。左側のメーターには、途中で充電する必要なく目的地まで走行可能かどうかを表示することもできる。

ユーティリティの高さも忘れてはいけない。EQBはスクエアで車高が高く、かつ2830mmと長いホイールベースを活かして、乗員が快適にくつろぐことができる、広い室内空間の持ち主だ。

2列目シートは、140mm調整が可能な60対40分割の前後スライド機構を備えており、後ろにスライドさせて乗員に広くて快適なレッグスペースを提供したり、前にスライドさせて積載性を向上したりすることができる。

3列目シート(身長165cmが上限)は、2列目シートのバックレストにあるロック解除レバーを操作することで、2列目シートが前に倒れてスライドし、ワンタッチで乗り降りができる。3列目シートを使用しない場合は、折り畳んでラゲッジスペースとして利用すればいい。

スマート系ガジェット全盛の今、とてもありがたいのがポートの充実だろう。モバイル端末を充電することができるだけではなく、モバイル端末内保存のお気に入り曲を楽しむことができるSB Type-Cポートが、フロントのセンターコンソールとフロントセンターアームレスト内に装備される。モバイル端末充電用のUSB Type-Cポートは、2列目にひとつ、3列目にふたつ用意される。

空調制御も他のメルセデス・ベンツモデルと比べ遜色がない。ヒートポンプを採用することで、暖房システムのために消費するバッテリー電力を大幅に軽減することが期待でる。

プリエントリークライメートコントロールの装備も効果的だ。乗車前に「MBUX」や「Mercedes me」アプリから操作可能で、出発時刻を入力しておくと、冬にはウインドーの霜を除去したり、夏にはあらかじめ室内を快適な温度にしておくこともできる。

ECOモード走行時には、室内の快適性を損なうことなく、クライメートコントロールを緻密に自動制御することで、消費電力を効率的に抑え航続距離の延長に寄与する役目も果たす。

さまざまなNVHへの対応も万全。EVとしての静粛性を極めた

低騒音・低振動(NVH)の対策も怠りがない。BEVは内燃機であるエンジンが発生する低周波ノイズがなくなるいっぽうで、電動パワートレーンに起因する高周波ノイズがより際立つ傾向にある。

EQBの開発では、静粛性と乗り心地のよさを高いレベルでバランスさせることを目標とし、デジタル開発段階から適切な設計が行われている。ハードウエア段階では走り込みによるテストを繰り返し、駆動する部分の振動を抑える源流対策と防音対策の両面でNVH(ノイズ/バイブレーション/ハーシュネス)の大幅な低減が図られた。

モーターと補機類を一体化した新世代パワートレーンeATSについては、サブフレームとの結合部分のマウントやラバーブッシュの設計に低周波ノイズの抑制の知見を盛り込むことで、電動パワートレーンをしっかりと固定しつつNVHの軽減も行われた。空調に関しても、コンプレッサーの振動や騒音を抑える工夫が施されている。ロードノイズとタイヤノイズの低減には、主にサブフレームやサスペンションのマウント部の設計が見直された。

なお、標準の足回りはコンフォートサスペンションとなるが、AMGラインパッケージを装着すると、アジャスタブルダンピングシステム付スポーツサスペンションが装備される。

先進のADASやテレマティクス機能を装備

先進安全運転支援システム(ADAS)の充実はいうまでもない。高度化されたステレオマルチパーパスカメラとレーダーセンサーの働きにより高速道路などの 走行時に先行車を認識して、速度に応じて車間距離を調節する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック (自動再発進機能付)」をはじめ、ドライバーを積極的にサポートしてくれる。

車線のカーブと先行車を、車線が 不明瞭な道ではガードレールなどを認識し、車間を維持しながらステアリング操作をアシストする「アクティブステアリングアシスト」、渋滞時に前走車との衝突を回避する「渋滞時緊急ブレーキ機能」、ドライバーがもしもの時に作動する「アクティブエマージェンシーストップアシスト」などが標準で装備される。

テレマティクス「Mercedes me connect」にはメルセデスEQ専用のプログラムが用意される。「Electric Intelligence ナビゲーション」、「充電ステーション情報」、「出発時刻・プリエントリークライメートコントロールの設定」、「エナジーフローや電費情報の表示」、「最大充電電流の設定」などだ。

注目したいのは「Electric intelligence ナビゲーション」で、ナビゲーションのマップデータから得た勾配情報、充電ステーションの位置情報、車両の充電状況及び気温情報などを総合的に判断し、どこで充電すべきかも含めた適切なルートを案内するとともに、充電ステーションの情報をナビゲーション上に表示してくれる。

また、自然対話式音声認識機能を備えた対話型インフォテインメントシステム「MBUX」では、従来の会話の他に「充電ステーションを探して」、「出発時刻を8時に設定して」など、電気自動車固有の機能にも対応する。

劇場用映画『ONE PIECE FILM RED』とタイアップ

メルセデス・ベンツ日本は、新型EQBのPR活動の一環として、2022年8月6日(土)公開予定の『ONE PIECE FILM RED』とのタイアップキャンペーン を7月14日より順次実施する。夢を抱き前に進み続ける主人公ルフィと、新しい価値を切り開く存在としてのEQBの共通性が、コラボレーションのメインコンセプトとなっている。

具体的には、メルセデス・ベンツのブランド情報拠点「メルセデス ミー」(東京(六本木)、大阪、@品川 プリンスホテル)において、映画タイトルを象徴する「赤」をコンセプトに映画のキャラクターを配した EQB のラッピングカーを展示。店舗装飾や映画衣裳設定画の掲出、オリジナル メニューの提供など、映画とタイアップした様々な企画を展開する予定だ。

また、8 月初旬からは、ONEPIECE キャラクターを起用した EQB オリジナルムービー が、全国の『ONE PIECE FILM RED』上映館などで放映される予定だという。これまでにないコミュニケーションプログラムが、さらに広い層にEQB=電気自動車に興味を持ってもらう良いきっかけになることを期待したい。

[Mercedes me | ONE PIECE FILM RED 特設サイト│ Mercedes me]

●メルセデスEQ EQBラインナップ

EQB250(FWD):788万円
EQB3504マティック(4WD):870万円

●メルセデスEQ EQB 350 4マティック 【EQB 250】 主要諸元

●全長×全幅×全高:4685×1835×1705mm
●ホイールベース:2830mm
●車両重量:2160kg【2100kg】
●搭載パワートレーン:2モーター<フロント+リア>【フロントモーター】
●最高出力:215kW(292ps)<143kW/5800-7600rpm+72kW/4500-14100rpm>【140kW(190ps)/3550-11130rpm】
●最大トルク:520Nm<370Nm/0-3600rpm+150Nm/0-4500rpm>【385Nm/0-3550rpm】
●バッテリー総電力量:66.5kWh
●WLTCモード航続距離:468km【520km】
●駆動方式:4WD
●タイヤサイズ:235/55R18