ハイウエイ ドライブの楽しみのひとつといえば、SA(サービスエリア)やPA(パーキングエリア)での食事やおみやげ。今回は、中央自動車道の境川PA(上り)のグルメを紹介しよう。

2023年6月のリニューアルでリフレッシュ!

甲府盆地のほぼ真ん中にある境川PA(上り)は、2023年6月にリニューアルされました。今回のリニューアルは、現在、工事が進んでいるリニア中央新幹線に理由があります。将来的に、これまであった境川PA(上り)の施設の真上をリニア中央新幹線の高架が通る計画になっているため、施設の場所を少し移転したのです。

まったく新しく施設を作ったということで、規模は従来の1.6倍に拡大。外観は、リニア中央新幹線の車両をイメージした、光沢のある白色になりました。また、店内も和風モダン調となり、落ち着き感とスタイリッシュさがミックスする空間に仕上がっています。

フードコートは、座席数を43から75に拡大。カウンター席には充電用コンセントが設置されるなど、利便性も大きくアップしています。

人気メニューは、古くから境川PAで定番の“焼き魚”

施設を新しくした境川PA(上り)ですが、フードコート「境川食堂」で人気になっているのは、実のところ以前からの定番メニューとか。そのひとつ目が「特選 焼魚定食(大)」(1100円)です。

境川PA(上り)のある山梨県は、ご存じのとおり海がありません。ですから、逆に魚のメニューが昔から人気になっていたのでしょう。また、「境川食堂」が用意する焼魚もタダモノではありません。魚は、金華サバで有名な宮城県塩釜の干物を使用。季節によって、サバ、アジ、赤魚、シマホッケなどを提供します。そして焼き上げは炭火。店内からも見える焼き場で、注文ごとに炭火でじっくりと焼き上げてくれるのです。

取材日の魚はサバ。店員さんが持ってきた焼魚は、皿からはみ出るほど。その大きさにびっくりしてしまいます。さっそく、そのまま身をほぐして口に放り込めば、ふんわりと炭の香り。表面はパリッとしており、中はほくほく。脂がのって、ジューシーそのものです。塩加減もばっちりで、醤油は必要ありません。絶妙な塩加減が、サバの旨味を見事に引き立ててくれます。

また、魚とご飯との相性も抜群です。両方を同時に口にすれば、それぞれのおいしさを引き立て、おいしさは3倍にも4倍にも感じます。そして、添えられた大根おろしの甘いこと。まさに絶品でした。「外食は肉ばかり!」という方にこそ、オススメしたい絶品メニューです。

テイクアウトも大人気の「もつ煮込み」

「境川食堂」の古くからの定番メニュー、もうひとつが「境川もつ定食」(並:880円)です。昭和の時代から、高速道路のSA/PAの食事といえば「もつ煮込み定食」は定番でした。その流れを汲んだ、境川PA(上り)のナンバー1人気メニューです。サイズは、大/中(並)/小の3種があり、小は780円、大は980円となります。もつ煮込みはお店でじっくりと煮込み、1日寝かしてから提供されています。ゆっくりと温度が下がるときに味が染み込みますから、この寝かす工程がおいしさを生んでいるのです。

実際にいただいてみれば、もつ独特の匂いは、ほんのわずか。ショウガとたっぷりのネギが食べやすくしているようです。そして、驚くのが、その柔らかさ! 口の中で溶けるように感じたほど。これも焼魚と同様に、ご飯と一緒に口にすると、おいしさが2倍以上になるというもの。ちなみに人気が高いということで、テイクアウト用に「特製 もつ煮」(400円)や「境川もつ丼弁当」(580円)を販売したところ、こちらも売り切れ続出の大人気メニューになっているとか。

今回のメニュー2品は、リニューアルされる以前のずっと昔から境川PA(上り)で愛されてきたもの。10ということを実感できました。(文と写真:鈴木ケンイチ/取材協力:中日本エクシス)

●営業時間
フードコート「境川食堂」:7時30分〜20時30分
<「特選 焼魚定食(大)」は、朝メニューの後に提供されるため、提供は11時〜20時>
※コロナ禍の影響により、営業時間が変更になる場合があります。
価格等は、2023年10月時点のものとなります。