2021年6月4日、ホンダは軽乗用車「N-BOX(エヌボックス)」シリーズの累計販売台数が、2021年5月末時点で200万台を突破したと発表した。

「フィット」シリーズを上回る、ホンダ最速の記録

ホンダの軽乗用車、N-BOXは2011年12月に初代が発売され、2017年9月に現行型の2代目にフルモデルチェンジ。N-BOXシリーズ(N-BOX、N-BOX+:2017年8月販売終了、N-BOX スラッシュ:2020年2月販売終了)は、初代の発売以来9年5カ月(114カ月目)で、累計販売台数が200万台を突破した。

これは、2001年6月発売の「フィット」シリーズ(フィット、フィット ハイブリッド、フィット シャトル、フィット シャトル ハイブリッド、フィット EVの合計)が達成した11年9カ月(142カ月目)を上回る、ホンダとして最速の記録となった。

N-BOX シリーズの人気の要因には、以下のようなものが挙げられる。

●ホンダ独創のセンタータンクレイアウトを活かした軽乗用車最大級(2020年12月時点)の室内空間
●生活スタイルに合わせて多彩な使い方が可能なシートアレンジ
●全タイプに標準装備とした先進の安全運転支援システム「ホンダ センシング」
●優れた燃費・走行性能
など

2011年12月の発売以来、累計販売台数は2014年3月で50万台、2016年12月で100万台、そして2019年2月には150万台と順調に伸ばしてきて、2021年5月には200万台を達成したN-BOX。登録車を含む新車販売台数においては、2020年暦年まで4年連続で1位を獲得、加えて軽四輪車の新車販売台数においては6年連続で1位を獲得している。

N-BOXから始まったホンダの「N」シリーズは、2021年で誕生10周年を迎える。多くのライバル軽自動車が、N-BOXに追いつき、追い越せと、その後ろ姿を追いかけているが、まだまだ軽自動車ナンバーワンの地位は譲りそうにない。