2021年8月30日、ホンダはNSXの最終モデル「タイプS」を発表(発売は2022年7月予定)した。まずは、そのディテールを写真で紹介しよう。

意のままに操る喜びを追求し、佇まいの美しさも極める

2016年に発表された現行型の2代目NSXは、今回発表された「タイプS」で最後のモデルとなる。今までのNSXを超えることを目指し、パフォーマンスとデザインを追求している。

エクステリアでは、前後バンパーのデザインを変更しただけなのだが、空力性能を大幅に向上しており、今までのワイド&ローなスタイルをより際立たせるアグレッシブな造形となった。新デザインの鍛造ホイールはワイド化されてトレッドも広げられている。

インテリアでは、カラーバリエーションを一新したセミアニリンレザー×アルカンターラのシートを標準装備。ヘッドレストには「NSX」のロゴが、またグローブボックスには「Type S」のロゴが入れられる。

3.5LのV6ツインターボエンジンに前2基/後1基のモーターを組み合わせたスポーツハイブリッド SH-AWDのシステムに変わりはないが、エンジンは最高出力529ps/最大トルク600Nmにパワーアップされ、システム全体では最高出力610ps/最大トルク667Nmを発生する。

走行シーンに応じて最適な4つの走行モードが選択できる「インテグレーテッド ダイナミクス システム」も、さまざまな見直しで大幅に進化した。鈴鹿サーキットでのラップタイムは、従来型の2020モデルより2秒速くなっているという。

すでにアナウンスされたように、最終モデルとなるホンダ NSX タイプSは全世界で350台、日本では30台の限定販売で9月2日から購入の申込みが開始された。しかし、すでに受注を締め切っている販売店もあるようだ。ちなみに、車両価格(税込)は、2794万円となっている。

●■ホンダ NSX タイプS 主要諸元(一部は編集部推定値)

●全長×全幅×全高:4530×1940×1215mm
●ホイールベース:2630mm
●車両重量:未発表
●エンジン:75度V6 DOHCツインターボ+3モーター
●総排気量:3492cc
●最高出力:389kW<529ps>/6500-6850rpm
●最大トルク:600Nm<61.2kgm>/2300-6000rpm
●モーター最高出力:27kW×2+35kW
●モーター最大トルク:73Nm×2+148Nm
●システム最高出力:610ps
●システム最大トルク:667Nm
●トランスミッション:9速DCT
●駆動方式:4WD(エンジンは縦置きミッドシップ)
●燃料・タンク容量:プレミアム・60L
●タイヤサイズ:前245/35ZR19、後305/30ZR20
●車両価格(税込):2794万円