妖艶な演出のもと、マセラティのスーパースポーツモデル「MC20チェロ」のワールドプレミアが行われた。ここでは当日、イタリアまで出かけ現地で取材した大谷氏がその模様とMC20チェロの詳細を報告する。(Motor Magazine2022年8月号より)

チェロとはイタリア語で「空」。スパイダーにお似合いのネーミングだ

「ああ、その手があったか!」

イタリアモデナのマセラティ本社で行われたワールドプレミアでは、まるでギリシャ神殿のように荘厳な作りの会場に現れたMC20チェロの真っ白なボディが、四方八方に投影される神秘的な映像の放つ光を受けてなんとも妖艶な雰囲気を醸し出していた。

しかし、私がそれ以上に感心したのは、MC20チェロのグラスルーフにエレクトロクロミック素材が用いられていると知ったときのことだった。

イタリア語で「空」を意味するチェロは、MC20のスパイダーモデル。最近のミッドシップスポーツは、スパイダー化に際してリトラクタブルハードトップ方式を採用するのが定番化している。布製のソフトトップよりも耐候性が高いリトラクタブルハードトップは、ルーフを閉じればクーペと変わらない静粛性や快適性を味わえる。いたずらや盗難に遭いにくいという意味でセキュリティ性が高いことも同方式のメリットだ。

ただし、いまや常識と化したリトラクタブルハードトップに目新しさがなくなってきたのも事実。MC20にニューモデルが追加されるとのニュースに触れたとき、「きっとリトラクタブルハードトップを付けるだけでしょう」と高をくくっていたが、格段の期待を抱かなかったのは、こんな背景があったからだ。

そこに届いたのが、エレクトロクロミックをグラスルーフに応用したというニュースだった。エレクトロクロミックとは、電圧をかけると色が変化する特殊な素材がもたらす効果のこと。これをグラスルーフに用いると、ルーフの色を透明から不透明へ、そして不透明から透明へと瞬時に変化させられる。

MC20チェロの場合は、ほぼ光を透過しない真っ黒な状態と、光をうっすらと通す磨りガラス状態のふたつを選べるが、これであれば①真夏の強い陽射しのときはルーフをクローズにして「真っ黒」、②気候がよくて雨が降っていないときはオープン、③暑い、もしくは寒い日に陽射しを感じたいときにはルーフをクローズにして「磨りガラス」と、3種類の使い方が可能。つまり、これまで以上に幅広いシーンでリトラクタブルハードトップを楽しめるようになるのだ。

ちなみに、同じ方式はマクラーレン720Sスパイダーにも採用されているが、オプション設定だった720Sに対し、MC20チェロはこれを標準装備とすることで、その喜びをさらに広げたといえるだろう。そのほかにも、MC20チェロにはいくつもの「新たな特徴」が用意されていた。

たとえば、発表会に登場したアクアマリンというパールホワイトのボディカラーは、上品な色合いでマセラティのブランドイメージにぴったりだが、実は強い光を受けたハイライト部分のみ、ほのかにブルーが浮き上がる特殊な加工が施されている。これは、まずマット調のグレーを塗装した後でパールホワイト系の塗料をペイントし、その上からクリアを吹くという手間のかかる作業によって実現したという。

エンジンカバーに入れられたトライデントは誇りの証

エクステリアのもうひとつの見所が、エンジンカバーに描かれた巨大なトライデント(オプション)だ。クーペ版ではリアウインドウ越しにエンジンが見える部分だが、スパイダー化に伴い、これがフラットなボディパネルに置き換えられた。

これによって生まれた「空白地帯」を埋める目的でトライデントが描かれることになったのだが、ブランドロゴをこれだけ大きなサイズで表現するのは前代未聞のはず。それだけマセラティが自分たちのヘリテージに誇りを抱いている証拠ともいえる。

インテリアでは、レザーに細かな切れ目を入れ、これを通じてその内側にある生地を見せるという手の込んだシート地が引き続き採用されるが、ボディカラーと同じアクアマリンの名が与えられたシートカラーでは、ホワイトのレザーの合間からエメラルドグリーンの生地が垣間見えるという実に華やかなデザインとなる。

同じくインテリアでは、センタートンネル上のドライビングモード切り替えダイヤルが液晶ディスプレイ付きの新意匠に改められたことが注目される。ちなみに、2023年モデルからはクーペにも同じダイヤルが採用されるそうだ。

MC20チェロの基本メカニズムはそのクーペ版と変わらない。すなわち、ボディの骨格には強固なカーボンコンポジットモノコックを採用。キャビン後方に搭載された排気量3Lの90度V6ツインターボエンジンは、マセラティツインコンバスチョンと呼ばれる最新のF1パワーユニットと同じ副燃焼室方式を採用し、630psと730Nmを発生。ここで生み出されたパワーが8速DCTに導かれて後輪を駆動するというレイアウトを用いている。

前後ともダブルウイッシュボーン式となるサスペンションは、そのチューニングを含めてクーペ版と同じだが、電子制御式リミテッドスリップデフのEデフは、よりリラックスしたドライビングを可能にするため、ロッキングファクターなどをやや低めに設定しているとの説明を受けた。

いっぽう、チェロはリトラクタブルハードトップのメカニズムを追加したほか、オープン化に伴ってそのままでは剛性が低下する恐れがあったカーボンモノコックに追加で補強を行った結果、車重が
増加したほか、空気抵抗が2%ほど増加。この影響により、0→100km/h加速は2.9秒以下から約3.0秒へ、最高速は325km/h以上から320km/h以上に微妙に変化した。もっとも、日常的な範囲でいえば性能差はまったくないと言っていい。

スーパースポーツカーのスパイダー版は北米などで人気があり、設定すれば「自然と売れる」という構図がなきにしもあらずだった。このため、どのブランドも必ずスパイダーをラインナップしてきたものの、「スパイダー版の独自性」を強く主張するモデルはあまりなかったような気がする。

しかし、マセラティはMC20チェロに「スパイダーの魅力を引き立てる」ための、独自の新機軸を盛り込んできた。しかも、彼らの姿勢は「新機能を盛り込んで、ハイおしまい」ではなく、乗る人たちの感情やライフスタイルに踏み込んだクルマ作りが実践されているように思うのだ。

この点にスーパースポーツカーメーカーと、グランドツーリスモを作り続けてきたマセラティとの大きな違いが現れているのではないだろうか?新たな道を歩み続けるマセラティの今後が楽しみだ。(文:大谷達也)