2022年1月19日、ポルシェジャパンは、ポルシェデザイン創立50周年を記念した限定モデル「911 エディション50Y ポルシェデザイン」を発表、予約受注を開始した。

911タルガ4 GTSをベースに、ポルシェデザインの哲学を表現

「911 エディション50Y ポルシェデザイン」は、911タルガ4 GTSをベースに、ポルシェデザインのアイコニックな作品にインスパイアされた装備を加えた750台の限定車。

ボディは1972年に登場した伝説の腕時計「クロノグラフ I」と同じオールブラックのカラーに塗装され、プラチナサテン仕上げの「Porsche Design」ロゴ入りのクラシックなストライプがサイドを飾る。また、タルガバーは1972年の911T 2.4タルガのブラッシュステンレススチールを思わせる、レーザー加工を施したプラチナサテン仕上げとしている。

「targa」のロゴはマットブラック仕上げで、リアエンジンカバーのグリルには、フェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェのサインと「Porsche Design 50th Anniversary」のロゴが入ったバッジも付いている。

インテリアでは、シートはクラシックなチェック柄のSport-Tex、スポーツクロノパッケージの盤面はブラック、サブセカンドクロックにはレッドの秒針が組み込まれている。

「911 エディション50Yポルシェデザイン」の車両価格は2505万円。トランスミッションは8速PDKで、ハンドル位置は左右が選択できる。

なお、ポルシェデザイン創立50周年を祝うべく、ポルシェAGはこの限定車の設定と同時に、ポルシェデザインが設立された1972年の「911S 2.4タルガ」の復刻を計画。ドイツにあるポルシェミュージアムでは、2022年7月11日までポルシェデザインの50周年を祝う特別展を開催しているが、その中で50年にわたるポルシェの傑作品とともに、レストアされた1972年製「911S 2.4タルガ」、今回発表された限定車「911エディション50Yポルシェデザイン」も展示されている。

ポルシェ911のデザイナーとしても有名なフェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェは、「良いデザインは誠実でなければならない」という哲学の下、伝説の腕時計「クロノグラフI」「P8478アビエイターサングラス」などをデザイン、その純粋な美しさを備えた機能的で耐久性のあるもの作りは、いまなおポルシェデザインの製品に受け継がれている。