2021年6月24日、フェラーリはリアミッドに3L V6ツインターボエンジンを搭載し、さらにハイブリッドシステムを組み合わせた2シーターベルリネッタ「296 GTB」をイタリア本国で発表した。

296 GTBは830psで後輪のみを駆動する、ミッドシップスーパースポーツ

過去、フェラーリの名を冠した市販車両にV6エンジンを搭載したモデルは存在しなかった。この歴史に新たな1ページを刻むことになったモデルが今回発表された「296 GTB」だ。モデル名の「296」は2992ccの6気筒を搭載していることを意味し、「GTB」はグランツーリスモ(GT)にイタリア語でスポーツクーペの意味を持つベルリネッタ(B)を組み合わせたもの。これまでのフェラーリモデルの名付けの方程式に則った名称である。

そして、3桁の数字の最後に「6」が付く、つまり6気筒を搭載したロードゴーイングフェラーリは初の登場となる。リアミッドに搭載されたF163型と呼ばれるこのV型6気筒エンジンは、これまでのフェラーリ製V8エンジンよりもコンパクトであることはもちろん、30kgも軽量化されているといい、高い運動性の獲得に寄与している。

このエンジンはふたつのターボを採用し、バンク角120度の間に収められる。一般的にV型エンジンはVバンクの内側で吸気/外側で排気とすることが多いが、このF163型は逆。外側で吸気/内側で排気する方式で、ターボも内側に配置される。これにより排出ガスの通過性を高めて高出力を獲得しているという。

これによりエンジンは最高出力663ps(cv)/8000rpmを発生し、ターボエンジンながら最高許容回転は8500rpmとかなりの高回転型であることがわかる。最大トルクは740Nm/6250rpmで、後輪のみを駆動するMR方式を採用する。

さらにこの296GTBには、80個のセルで構成された容量7.45kWhのバッテリーをフロア下に配置、1基のモーター(最高出力167ps/最大トルク315Nm)でリアを駆動するハイブリッドパワートレーンを組み合わされる。システム総合出力は830ps(cv)であり、1470kgという車両重量(乾燥重量)から計算するとパワーウエイトレシオは1.77kg/psでまさにスーパーカーらしい数値である。

このハイブリッドシステムはF1で採用されるMGU-K(モーター・ジェネレーター・ユニット・キネティック)の名称も引き継がれる。モーターはエンジンとトランスミッション(8速DCT)の間に配置され、クラッチによってエンジンとモーターを切り離すことでEV走行することもできる。ドライブモードのひとつである「eDRIVE」に設定すればモーターだけで最高135km/hまで加速し、フル充電の状態であれば25kmを走行できる。また通常走行用の「ハイブリッド」モードであれば、なめらかで安定した加速と低燃費を実現するという。

ミッドシップされたハイブリッドパワートレーンによって前後重量配分は前40.5:後59.5と後輪軸寄りとなる。最高速は330km/h、0→100km/h加速は2.9秒、0→200km/h加速は7.3秒として、フェラーリのテストコースであるフィオラノサーキットでのラップタイムは1分21秒をマークするという。

ちなみに燃料消費量やCO2排出量については取得中につき非公開となっている。

296 GTBの日本への導入時期や車両価格などは未公表

ボディサイズは全長4565mm×全幅1958mm×全高1187mm、ホイールベースは2600mmと公表されている。フォルムは従来のミッドシップフェラーリと同様に低いフロントボンネットフードと、高く盛り上がったフェンダーアーチを持つ。

フロントバンパーに横長に開いたエアインテークにはエンジン&トランスミッション冷却用のラジエーター2基配置されている。ラジエーターを通過した空気はフロア下に逃がすことで、ボディサイドのエアインテークから空気を取り入れるインタークーラーに干渉しないシステムを組んでいるという。

デザインは鉛筆でひと筆書きしたかのようにシンプルなラインを描き、イタリアのカーデザインの原点に帰るかのようなクリーンなフォルムを持つ。こうしたシンプルさと機能美は1963年に登場した250LMからインスピレーションを受け、波打つようなボディラインや、Bピラーのデザイン、エアインテークを配したリアフェンダーなどに反映されているという。

296 GTBのデザイン面で最も特徴的なのが、フロントガラスからサイドウインドウまでをひとつの曲面で構成するバイザースタイルにしているということ。これまでもJ50やP80/Cといったモデルで採用されてきたもので、「ラップ・アラウンド」と呼ばれるデザインテーマだという。

20インチの鍛造アルミホイールは、星型ツインスポークデザインでねじれるようなカーブを描くことも特徴。ホイールアーチからの空気の排出を促進する効果もあるという。またオプションでカーボンファイバー製ホイールも用意され、アルミホイールより8kgも軽量であることからさらなる走行性能実現する。

コックピットは、SF90ストラダーレで初採用されたデジタルインターフェースによる新コンセプトを中心に構成され、標準でパッセンジャーディスプレイも備わる。またシートや内装にはイタリアンレザーがあしらわれるという。

また、究極のパフォーマンスを求めるオーナーのために296 GTBには「ASSETTO FIORANO」パッケージが用意される。

大幅な軽量化や空力性能を強化したエアロパーツ、サーキット走行に最適化されたアジャスタブル・マルチマチック・ショックアブゾーバー、フロントバンパーのカーボンファイバー製ハイダウンフォースパーツ、Lexan製軽量リアスクリーンなどを採用する。これにより全体で12kg以上の軽量化を実現。250 Le Mansをインスピレーションとするスペシャル・リバリーをオーダーすることも可能となる。このスタイリングエレメントは、フロントグリルを囲むように始まり、ボンネット、ルーフリアバンパーへとつながるモチーフを形成する。

なお、導入については最初に欧州で2022年第1四半期から始まるものの、車両価格は未発表。また、現段階で日本への導入時期についても公表されていない。

フェラーリ 296 GTB 主要諸元

●全長×全幅×全高:4565×1958×1187mm
●ホイールベース:2600mm
●車両重量:1470kg(乾燥重量)
●パワートレーン:120度 V6 DOHCツインターボ+モーター
●エンジン総排気量:2992cc
●エンジン最高出力:663ps/8000rpm
●エンジン最大トルク:740Nm/6250rpm
●燃料タンク容量:65L
●モーター最高出力:167ps
●モーター最大トルク:315Nm
●バッテリー容量:7.45kWh
●トランスミッション:8速DCT
●タイヤサイズ:前245/35ZR20・後305/35ZR20
●駆動方式:MR