2022年9月8日、WRC(世界ラリー選手権)第10戦アクロポリス・ラリー・ギリシャが首都アテネのオリンピック・スタジアムのスーパーSSでスタートする。スペシャルステージは山岳地帯の未舗装路(グラベル)を舞台にして行われ、11日に最終日を迎える。今シーズンはトヨタのカッレ・ロバンペラが好調だが、ここに来て、ヒョンデのオィット・タナックが連勝。アクロポリス・ラリー・ギリシャの結果次第で流れが大きく変わるかもしれない。

サバイバルラリーから、ハイスピードラリーへ性格一変

アクロポリス・ラリー・ギリシャは1951年に初めて開催され、WRC創設初年度の1973年からシリーズの一戦に含まれていた伝統あるラリー。ステージは全体的に荒れていて、大きな石が多く転がり、高い気温の中での戦いとなることが多かったため、「カーブレイカー・ラリー」の異名をとってきた。

しかし、路面は年々良くなり、昨年、8年ぶりにWRCのカレンダーに復帰した新しいアクロポリス・ラリーは、道路補修によってコンディションが大きく改善され、耐久性だけでなく、純粋なパフォーマンスも求められるラリーとなっていた。

しかも昨年はこのラリーとしては珍しくウェット路面のスペシャルステージが多く、従来とは大きく異なるコンディションでの戦いになり、前戦エストニアでWRC史上最年少となる初優勝を飾ったばかりだったカッレ・ロバンペラ(トヨタ)が圧倒的な速さで連勝を飾った。

高速ラリーを得意とするロバンペラが優勝、2位にも一発のスピードのあるオィット・タナック(ヒョンデ)が入ったことからも、このラリーの性格の変化がうかがえる。

●【参考】2021年 WRC第9戦アクロポリス・ラリー・ギリシャ 結果

1位 K.ロバンペラ (トヨタ ヤリス WRC)3h28m24.6s
2位 O.タナック(ヒョンデ i20クーペ WRC)+42.1s
3位 S.オジェ(トヨタ ヤリス WRC)+1m11.3s
4位 D.ソルド(ヒョンデ i20クーペ WRC)+3m01.0s
5位 G.グリーンスミス(フォード フィエスタ WRC)+5m45.0s
6位 E.エバンス(トヨタ ヤリス WRC)+6m42.7s
7位 A.フルモー(フォード フィエスタ WRC)+6m54.4s
8位 T.ヌーヴィル(ヒョンデ i20クーペ WRC)+8m41.1s
9位 A.ミケルセント(シュコダ ファビア ラリー2 Evo)+9m02.5s
10位 M.ブラシア(シュコダ ファビア ラリー2 Evo)+9m19.2

ロバンペラ×タナックを中心に、チャンプ争いが激化

昨年のこのイベントを制したロバンペラは、今シーズンすでに5勝をマークし、2位のタナック(ヒョンデ)に72ポイント差をつけてドライバー選手権をリードしている。今回のアクロポリス・ラリー・ギリシャもロバンペラとタナックを中心に優勝争いが展開されそうだ、

今シーズンも今回のアクロポリス・ラリー・ギリシャを含めて残り4戦。前戦イープル・ラリー・ベルギーではロバンペラはデイリタイアに終わったが、今回ロバンペラが表彰台を獲得した場合、ライバルの結果次第ではドライバータイトルが決定する可能性もある。

●2022年WRCドライバーズランキング(第9戦終了時)

1位 K.ロバンペラ(トヨタ) 203
2位 O.タナック(ヒョンデ)131
3位 E.エバンス(トヨタ)116
4位 T.ヌーヴィル(ヒョンデ)106
5位 勝田貴元(トヨタ)92
6位 C.ブリーン(Mスポーツ フォード)64

●2022年WRCマニュファクチャラーズランキング(第9戦終了時)

1位 トヨタ 381
2位 ヒョンデ 293
3位 Mスポーツ フォード 188

ラリーはアテネからSSをこなしながら北上してラミアへ

ラリーは9月8日木曜日の夕方に首都アテネのオリンピックスタジアムで行われるスーパーSSで競技がスタート。

翌日の9日金曜日からグラベルステージでの本格的な戦いが始まり、アテネの西側に位置するビーチリゾート「ルートラキ」を起点にデイ2として6本のステージを走行する。デイ2は日中のミッドデイサービスが設定されない。また、1本のステージを2回走るのはSS2/4「ルートラキ」のみで、金曜日の出走順が一番手のロバンペラにとっては厳しい一日になることが予想される。

10日土曜日のデイ3は、ラミアのサービスパークを中心に、3本のステージをミッドデイサービスを挟んで各2回走行。6本のステージの合計距離は147.98kmと、4日間で最長となる。

最終日となる11日の日曜日のデイ4は、3本のステージを走行。そのうちSS14の再走で最終ステージとなるSS16「エレフテロホリ2」は、トップ5タイムを記録した選手とマニュファクチャラーにボーナスの選手権ポイントが与えられる「パワーステージ」に指定されている。

ステージは全部で16本、合計303.30km。リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は1189.42km。