2022年1月18日、メルセデス・ベンツ日本はメルセデス・ベンツCクラス 第3のボディタイプとなる「Cクラスオールテレイン」を発売した。CクラスオールテレインはCクラス初のクロスオーバーモデルで、日本仕様は「C220d 4マティック オールテレイン(C220d 4MATIC All Terrain)」となる。

オフロード技術を採用し、オールラウンドな走行性能を発揮

メルセデス・ベンツの最量販車種であるCクラスに、新型のS206型でついにクロスオーバーモデル「Cクラス オールテレイン」が登場した。

その成り立ちはEクラス オールテレインによく似ていて、SUVの力強さを表現するシングルルーバーのラジエーターグリルをはじめ、 前後バンパー下部のシルバークロームアンダーライドガードやブラックのフェンダーモールを取り入れることでSUVらしさを強調。

ボディサイズは全長4760mm、全幅1840mm、全高1495mmで、ステーションワゴンと比べて全幅は20mm拡大、また40mm高い地上高とすることでオフロードでの運転のしやすさ、そして乗降のしやすさを実現しながら、一般的な駐車場に入るサイズとしているのがポイントだ。

エンジンは最高出力200ps/最大トルク440Nmを発生する2L 直4ディーゼルターボ「OM654M」を搭載。これに48Vのマイルドハイブリッドシステム「ISG」(最大で20ps/208Nmを発生)を組み合わされる。

4マティックシステムは、路面状況や地形などに合わせて「OFFROAD」と「OFFROAD+(プラス)」の2つのオフロード用ドライブモードを選ぶことができるオールテレイン専用のもの。駆動制御やESPの制御とともに、エンジン、トランスミッションなどの特性も最適化されるシステムだ。

「OFFROAD」ではトランスミッションがオフロードモードに切り替わり、雪道や悪路での走破性を高め、「OFFROAD+」では急な下り坂での安定した走行をサポートするだけでなく、上り坂の途中で動けなくなった場合にはリバースを選ぶと安全に下ることができる機能も備えている。未舗装路、砂利、砂などほとんどのラフロードでは「OFFROAD」で十分だが、さらにタフな条件では「OFFROAD+」を選択すればいい。

サスペンションもオールテレイン用にチューニングされ、Cクラスで定評のあるフロント4リンク式、リアマルチリンク式を踏襲しながら、最低地上高をステーションワゴンよりも高く設定して、オフロードの走破性とオンロードでの直進安定性や操縦性、乗り心地などを高い次元で両立している。

このほか、新型Cクラス譲りの安全運転支援システム、直感的な操作設定が可能な縦型の大型センターディスプレイ、直感的な行先案内が可能なARナビゲーション、利便性が高い生体認証によるシートポジションなどを設定、夜間の視界を確保する片側130万画素を誇るDIGITALライトも採用する。

Cクラスにこれまで存在していなかったのが不思議だった「オールテレイン」の登場で、ラインナップがさらに華やかになったといえる。

●メルセデス・ベンツ C220d 4マティック オールテレイン 主要諸元

●全長×全幅×全高:4760×1820×1495mm
●ホイールベース:2865mm
●エンジン:直4 DOHCディーゼルターボ
●総排気量:1993cc
●最高出力:147kW(200ps)/3600rpm
●最大トルク:440Nm/1800-2800rpm
●トランスミッション:9速AT
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:軽油・40L
●タイヤサイズ:225/55R17
●ハンドル位置:右
●車両価格(税込):796万円