NEXCO中日本は、国土交通省が事業を進めていた中部横断自動車道(富沢〜六郷)のうち、南部IC(インターチェンジ)〜下部温泉早川IC間の延長約13.2kmが、2021年8月29日(日)16時に開通すると発表した。

中央道/新東名/東名が高速道路で直結!

中部横断自動車道は、中央自動車道の双葉JCT(ジャンクション)から新東名高速の新清水JCTを結ぶ、延長74.3kmの自動車専用道路だ。このうち、双葉JCT〜六郷IC間の33.7kmと富沢IC〜新清水JCTの27.4kmはNEXCO中日本が施工し、六郷IC〜富沢IC間の28.3kmは国土交通省が施工していた。

これまで未開通区間だった南部IC〜下部温泉早川IC間の13.2kmが開通することで、中部横断自動車道は全通することになる。新東名高速の新清水JCT〜東名高速の清水JCTはすでに接続されているから、今回の開通で中央道の双葉JCT〜新東名の清水JCT〜東名の清水JCTが高速道路で直結する。

国土交通省が施工した区間の概要は、以下のようになる。

●路線名:中部横断自動車道(富沢〜六郷)
●区間:山梨県南巨摩郡南部町〜山梨県西八代郡三郷町
●延長:28.3km
●車線:4車線(当面2車線で整備)
●構造規格:第1種3級
●設計速度:80km/h
●幅員:20.5m(当面は10.5mで整備)

この開通により、山梨県庁〜静岡県庁まで、今までは国道52号を利用して165分かかったが、中部横断自動車道を利用すれば95分に、70分も短縮されることになる。

また、
1)山梨県から清水港(国際拠点港湾)へのアクセス向上による海外輸出の促進
2)中部横断自動車道沿線への新たな企業立地の進展、地域雇用の創出
3)富士山を囲む広域周遊観光ルートの形成による観光振興
などの効果が期待されている。(図版:NEXCO中日本)