2022年2月に日本再上陸を発表したヒョンデ(Hyundai)は、7月30日にアフターサービス拠点「ヒョンデ カスタマーエクスペリエンスセンター横浜(CXC)」をオープンしました。

Hyundai Customer Experience Center横浜(CXC)とはどんな施設?

2022年2月に日本乗用車市場への参入を発表したヒョンデ、驚きだったのは実店舗を構えずにオンライン販売のみで行うということでした。購入検討時に実車を見たり試乗したり、また購入後も納車や点検・整備、アフターサービスなどオンライン販売における気になる点もいくつかありましたが、その解決策のひとつとして提案されたのが、今回開設された「ヒョンデ カスタマーエクスペリエンスセンター横浜」(以下、CXC)です。

CXCは、試乗からアフターサービスまでを手掛ける「総合カスタマー体験施設」として整備された国内初の直営拠点のことです。

入口と1階のショールームはヒョンデワールドへの入口

ヒョンデは「脱炭素化」をキーワードにかかげており、日本では電気自動車(BEV)や燃料電池車(FCEV)といったZEV(Zero Emission Vehicle)のみ販売しています。このコンセプトはCXCの社屋にも反映されていて、内外装にSDGsを意識した再生可能素材を使ってデザイン、またマスク越しでも感じられるオリジナルのアロマな香りにより、訪問した人に五感でヒョンデの世界観を楽しんでもらう施設となっています。

ショールームでは、すでに日本で販売を行われている電気自動車の「IONIQ 5(アイオニック 5)」と燃料電池車の「NEXO(ネッソ)」を間近で見ることができます。もちろんこれだけではなく、クルマに蓄めた電気を家電製品に供給するV2L(Vehicle to Load)システムを体験したり、タッチ式3Dコンフィギュレーターでボディカラーとインテリアカラーの全色を360度確認できたりもします。

建物入口に向かって左側の納車エリアでは、初めて愛車と出会う大切な瞬間を特別な思い出にしてもらうために、ターンテーブルと壁面に設置された大型スクリーンを組み合わせることで、感動的な納車セレモニーを演出するそうです。

どんなものか見せてほしいと言ったのですが・・・ネタバレになる可能性があるので、買ってからのお楽しみ、ということで見ることはできませんでした。ちなみに、この壁面スクリーンによる演出は、すでに韓国国内のジェネシスブランドの納車で行われているらしく、納車式典の盛り上げのノウハウは日本のユーザーにもウケるのではないでしょうか。

2階はユーザーがくつろぎながらヒョンデの世界観に浸る場所

さて、建物2階に移動して最初に現れたのがヒョンデラウンジです。ブランドコンセプトを元に制作されたオリジナルグッズを展示され、製品紹介のプレートに記載されたQRコードからオンラインで購入することもできます。

そう、クルマの購入だけでなくこうしたグッズ類の販売もオンラインなのです。ヒョンデの世界観に共感したオーナーの中には、その場で買って思い出とともに持ち帰りたいという人もいるはず。そうした要望に応えてくれるオプションもあってもいいのではないでしょうか。

ヒョンデラウンジの隣にある顧客ラウンジにはイスとテーブルを用意され、ガラス張りの先にある階下の整備スペースを見ることができます。オリジナルドリンクやお菓子を片手にくつろぎながらメインテナンスを受ける愛車の様子を眺めるなんて、嬉しいシチュエーションではないですか。ガラスによる構成は、点検や整備など作業の透明性確保にも貢献しているそうです。

実は商談ブースもあります。オンラインだけではわからない素材の質感やオプションなどの確認、そして説明を担当者から受けられるそうです。クルマについて気になることや困ったことがあれば、とりあえずここに来れば大丈夫、そんな施設なのだと思います。

CXCのカスタマー体験の裏では・・・

メインテナンスを行うスペースは、駆動用バッテリーを交換できる設備も備えられているんです。また、全国の整備工場のハブ機能としての役割もあり、スタッフの研修を行うトレーニングルームも設置されていて、全国のユーザーが安心して乗ることができる環境を整備する際の中核拠点にもなっています。

建物の外には充電できるスペースあり

電動車をラインナップするヒョンデらしく、建物の外には急速充電器と普通充電器を合計7器用意しています。そのうちふたつは、近年一般化しつつある50kW級急速充電器よりもさらに高出力なCHAdeMO対応急速充電器(出力は未発表)です。

IONIQ5は超急速充電器といわれる350kW出力にも対応する電気自動車で、海外市場ではすでにそうした運用も行われています。日本で350kW急速充電器を設置するにはいくつものハードルがあるためここでの実現は難しいかもしれません。しかし、充電器が一般開放された暁には、他ブランドユーザーも含めて立寄ってヒョンデブランドをCXCで体験できる、そんな施設になるのではないでしょうか。

●■Hyundai Customer Experience Center横浜の概要

名称:Hyundai Customer Experience Center横浜
住所:神奈川県横浜市港北区北新横浜2丁目2-1
最寄駅:横浜市営地下鉄ブルーライン 北新横浜駅(徒歩5分)
営業時間:10:00〜18:00(毎週月曜日定休)