フォルクスワーゲン初となる電気自動車のSUVであるとともに、ブランド初のBEVのワールドカーとなるID.4がついに日本市場へ上陸、さっそく高出力版のID.4 プロ ローンチエディション(ID.4 Pro Launch Edition)に試乗することができた。このBEVにフォルクスワーゲンらしさはあるのか。ファーストインプレッションをお届けする。

ついにやってきたフォルクスワーゲンのBEV

フォルクスワーゲンのBEV第一弾が日本へ導入された。本国ではすでにID.3も導入されているが、日本試乗へはブランド初のBEV&SUVのID.4からだ。

ID.4はLite(ライト)とPro(プロ)の2モデル展開となる。前者は125kW(170ps)のモーターに52kWhのリチウムイオンバッテリー、後者は150kW(204ps)のモーターと77kWのバッテリーという組み合わせとなり、WLTCモードの航続可能距離はライトが388km、プロが561kmとなる。

試乗したのは、ID.4の日本導入を記念した特別仕様のID.4 プロ ローンチエディション(636万5000円)でボディカラーは専用色となるグレイシアホワイトメタリックである。

まずエクステリアを見た第一印象は「想像より大きい」だった。ボディサイズは、全長4585mm、全幅1850mm、全高1640mm、ホイールベース2770mmで、ゴルフより290mm長く、60mm幅広く、165mm高い。ホイールベースも150mm長くなっている。同じSUVではティグアンよりも全長、ホイールベースともにID.4の方が長い。

ID.4はプラットフォームに「モジュラー エレクトリック ドライブ マトリックス(MEB)」を使っている。このMEBは、広い室内スペースを実現しているのも特徴で、その恩恵により、ラゲッジルーム容量は、標準時543L、リアシートバックを倒すことで最大1575Lに拡大することができる。

インテリアはフォルクスワーゲンらしく、好感度の高いものだ。シンプルイズベストを具現化したような室内で、ドライバーの正面には5.3インチのインフォメーション(メーター)ディスプレイ、センターコンソールには12インチディスプレイ(ライトは10インチ)が用意され、ここで先進運転支援システムや車両の設定などができるのだ。また純正イントテインメントシステム「Ready2 Discover MAX」はプロ ローンチエディションに標準装備されている。

センターコンソールにシフトノブ(ドライブモードセレクター)を配置しないところも、室内の広々とした印象を強めているのだろう。ちなみにそのドライブモードセレクターは、メーターや大型センターディスプレイと統合され、近代的なインテリアデザインを演出している。特筆は、プロ ローンチエディションに標準装備される「シートマッサージ機能」とルーフ全体に広がる「パノラマサンルーフ」である。電動サンシェードを開けるとかなり開放感のある空間を堪能することができる。

BEVを過剰に演出しない加速感に好印象を持った

走り出してすぐに感じられたのは、ほどよい加速フィールである。多くのBEVが強調しているモーターの過剰とも思える加速の演出はなく、これならエンジン搭載モデルから乗り換えても違和感をまったく感じないだろう。もちろん右足に力を込めて床まで踏み込めば、0→100km/h加速8.5秒のスペックが伊達じゃないことを思い出させてくれる。

ちなみに導入記念車には①買取価格保証型残価設定ローン「フォルクスワーゲンソリューションズ」の5年後の特別残価設定、②家庭用普通充電器設置費用10万円サポート、③プレミアムチャージングアライアンス(PCA)の年会費ならびにフォルクスワーゲン販売店における充電器の利用料金毎月60分まで1年間無償という3つの特典が付帯されている。

充電環境の充実にもフォルクスワーゲンは力を入れていて、ポルシェやアウディと一緒に独自の充電ネットワーク「PCA」を組んだ。つまりID.4のオーナーはポルシェセンターやアウディディーラーの急速充電や普通充電設備を使用できるというわけだ。これはユーザーにとって大きなメリットになるはずだ。

ところでID.4はモーターをリアに搭載するRWD(RR)である。フォルクスワーゲンのRRといえば、初代ビートルを思い起こすが、このブランド初の世界市場向けBEVも同様に多くのファンの心を摑むことができるのだろうか。(写真:井上雅行)

フォルクスワーゲン ID.4 プロ ローンチエディション 主要諸元

全長×全幅×全高:4585×1850×1640mm
ホイールベース:2770mm
車両重量:2140kg<1950kg>
パワートレーン:1モーター(リア)
最高出力:150kW(204ps)<125kW(170ps)>
最大トルク:310Nm
最小回転半径:5.4
駆動方式:RWD
WLTCモード一充電走行距離:561km<388km>
総電力量:77kWh<52kWh>
タイヤサイズ:前235/50R20・後255/45R20<235/60R18>
車両価格:636万5000円<499万9000円>
※<>内はID.4 ライト ローンチエディションのもの

[フォルクスワーゲンがBEVの新型SUV「ID.4」を発表。ティグアンとほぼ同じボディサイズで航続距離は561kmに - Webモーターマガジン]