ホンダは、2022年5月27日に発売した新型ステップワゴンの累計受注台数が、発売から約1カ月後となる6月27日時点で、販売計画の5000台/月に対して5倍以上となる2万7000台を超えたと発表した。

一番人気はe:HEVのスパーダ、ボディカラーは白

ホンダのミドルクラス ミニバン、[ステップワゴン]は2022年5月27日に発売されたモデルで6代目となる。[2022年初頭から内外装を公開]するなどのティーザー広告の効果もあったのか、発売から約1カ月後の6月27日時点で累計受注台数は2万7000台を超え、月間販売計画(5000台)の5倍以上となる好調な立ち上がりを見せている。

ホンダによると、購入層は先代ステップワゴンからの買い替えを含めたミニバンのユーザーを中心に、30〜40台のファミリー層を始め幅広い年代にわたるという。

ステップワゴンを選んだ理由としては

・日常シーンのほとんどをモーターで走行し、低燃費で滑らかな走りを実現する2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」
・シンプルで誰にでも似合うようなエクステリアデザイン
・車両感覚をつかみやすい視界と、乗り物酔いをしづらくする水平基調の室内空間や、多様なシートアレンジ

などが、あげられている。

パワートレーン別に見てみると、ガソリンエンジンが33%、ハイブリッド(e:HEV)が67%と、3分の2をハイブリッドが占めている。タイプとグレード別の構成比は、以下のようになっている。

●ガソリン
ステップワゴン エアー:7%
ステップワゴン スパーダ:20%
ステップワゴン スパーダ プレミアムライン:6%
●e:HEV(ハイブリッド)
ステップワゴン エアー:8%
ステップワゴン スパーダ:35%
ステップワゴン スパーダ プレミアムライン:24%

人気のボディカラーは、

●ステップワゴン エアー
プラチナホワイト パール:41%
フィヨルドミスト パール:29%
クリスタルブラック パール:15%
●ステップワゴン スパーダ
プラチナホワイト パール:46%
クリスタルブラック パール:28%
トワイライトミストブラック パール:12%
●ステップワゴン スパーダ プレミアムライン
プラチナホワイト パール:50%
クリスタルブラック パール:26%
トワイライトミストブラック パール:13%

つまり、ステップワゴンの一番人気は「e:HEVのステップワゴン スパーダ」、ボディカラーはプラチナホワイト パールで、約16%。現在までに受注された新型ステップワゴンの約6台に1台は、この組み合わせとなる。

ところで、これは新型ステップワゴンに限った話ではないのだが、昨今の新型コロナウイルス感染拡大の影響や慢性的な半導体不足、および不安定な海外情勢など複合的な要因により、新車のデリバリーに遅延が発生している。ディーラーに確認したところ、グレードやボディカラーなどにもよるが、いまステップワゴンを注文すると納車までガソリン車で2〜4カ月、e:HEVで3〜6カ月くらい待つことになるようだ。(2022年6月28日現在)

もっとも、クルマは「発注してから納車までがいちばん楽しい期間」なんて言われることもある。新型ステップワゴンをすでにオーダーした人は、納車を心待ちにして楽しい日々を過ごしているに違いない。

●■ホンダ ステップワゴン e:HEV スパーダ 主要諸元

●全長×全幅×全高:4830×1750×1840mm
●ホイールベース:2890mm
●車両重量:1830kg
●エンジン:直4 DOHC+モーター
●総排気量:1993cc
●最高出力:107kW(145ps)/6200rpm
●最大トルク:175Nm(17.8kgm)/3500rpm
●モーター最高出力:135kW(184ps)/5000-6000rpm
●モーター最大トルク:315Nm(32.1kgm)/0-2000rpm
●トランスミッション:CVT
●駆動方式:横置きFF
●燃料・タンク容量:レギュラー・52L
●WLTCモード燃費:19.6km/L
●タイヤサイズ:205/60R16
●車両価格(税込):366万3000円