三菱自動車工業(以下、三菱)は、東京オートサロン2022で「K-EV コンセプトクロススタイル」と「ビジョンラリーアートコンセプト」の2台を世界初披露。いずれも「コンセプト」と名付けられているが、市販の可能性はどうなのだろうか。

2022年度初頭には軽EVを発売予定

事前に公開されていた「K-EV concept X Style(コンセプト クロススタイルと読む)」の写真を見たとき、「eKクロスじゃないの!?」と思ってしまった。だが会場で実車を見るとドアパネルなどは共通だが、前後のバンパー形状は違うし、eKクロスでは左リアフェンダー上に給油口があったが、このクルマでは右リアフェンダー上に給電ポートが備わっている。

コンセプトとは銘打っているが、カラーリングやホイールなど以外は、ほぼそのままで発売されるだろう。つまり、このK-EV(ちなみに発売時の正式な車名は未発表だ)は、eKクロス/eKワゴンと同じシリーズのモデルということになるのだろう。ガソリンエンジンの両モデルに試乗した印象を思い返してみれば、eKクロス/eKワゴンのシャシ剛性がかなり高かった。企画段階からEVモデルを想定して開発していただろうことがうかがい知れる。

駆動用バッテリーの総電力量は20kWhで、一充電での走行可能距離は約170km。充電方式は200Vの普通充電とCHAdeMO方式の急速充電に対応している。車両価格は、補助金などを含めると200万円くらいからとなる見込みだ。

発売時期はコロナ禍による半導体などの部品供給にもよるが、2022年度初頭の販売が計画されており、同時期に日産からも姉妹車にあたるモデルが発表されるはずだ。

「ラリーアート」の新たな可能性を表現したコンセプトカー

もう1台、「Vision Ralliart Concept(ビジョンラリーアートコンセプト)」は、アウトランダーPHEVをベースに、復活した「ラリーアート」の新たな可能性を表現したコンセプトモデルだ。

前後のバンパーは重厚感あるもので、フロントグリルにはラジエーターシャッターも備わる。前後のオーバーフェンダーは大きく張り出し、リアバンパー下には大型のディフューザーも装着されている。マットブラックのボディカラーは、光の当たり方によってブルーのハイライトが浮かび上がる特殊な加工が施されている。

足まわりは22インチという大径のタイヤとホイールを装着し、ブレーキもブレンボ製に強化されている(しかもフロントは対向6ポットキャリパーを装着)。

新たなラリーアートのイメージリーダー的なコンセプトカーだから、外寸をはじめとしたスペックは公表されておらず、このクルマそのものの市販も検討されていないようだ。それでもラリーアート ブランドのアイテムを装着したエクリプスクロスなどが参考出品されていたから、まずはアクセサリーパーツから始めて、将来的にNISMOやモデューロXなどのようなコンプリートカーの登場にも期待したいところだ。(文と写真:Webモーターマガジン編集部 篠原政明)