2021年2月13日、日産自動車/ニスモ(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)はオンラインで「2021年日産モータースポーツ ファンイベント」を開催、その中で2021年のモータースポーツ活動概要を発表した。また、イベント終了後、日産グローバル本社ギャラリー(横浜・みなとみらい)で今回発表したモータースポーツ車両を展示している。

ニッサンGT-Rニスモ GT500のカラーリングデザインを公開

新型コロナウイルス感染拡大の影響でオンラインでの展開となったが、日産自動車/ニスモは今年も「日産モータースポーツ ファンイベント」を開催。その中で、2021年のモータースポーツ活動概要を発表、2021年のスーパーGT GT500クラスに参戦する4台のニッサンGT-Rニスモ GT500のチームの体制とカラーリングデザインを公開した。

スーパーGT GT500クラスに参戦するマシンは2021年仕様のNISSAN GT-R NISMO GT500。2021年仕様はシリンダーヘッド周りを中心とした改良を施すことでエンジンの熱効率と出力を向上させ、その特性を最大限引き出すために実車で制御データの適合を最適化して運転性も改善した。また、タイヤごとにより詳細なセットアップチューニングを行うことで、競争力をさらに向上させているという。2021年シーズンは次のチーム体制でチャンピオン奪還を目指す。

フォーミュラE世界選手権に、「日産アリア」と「日産リーフ」が出場!?

日産のモータースポーツ活動のもうひとつの大きな柱が、ABB FIAフォーミュラE世界選手権。日産として参戦3年目を迎えるシーズン7は2月26日にサウジアラビアのディルイーヤで開幕する予定となっているが、チームランキング2位を獲得した昨シーズンをふまえて、今年はチャンピオンを目指す。

日産e.damsフォーミュラEチームは、エースナンバーの23号車にセバスチャン・ブエミ、22号車オリバー・ローランドを起用。今シーズンから23号車のレースカーには「日産アリア」、22号車には「日産リーフ」というネーミングが付けられることになった。

高性能EVであるフォーミュラEは、ゼロ・エミッションのEVが持つワクワクや楽しさを世界中に伝えるとともに、EVの普及を目指す日産にとって重要な取り組みとなる。

日産グローバルモータースポーツダイレクターのトマソ ヴォルペ氏は、シーズン開幕を控えて「3年シーズン目のフォーミュラEで、我々の技術とパフォーマンス、そしてEVを運転することの楽しさをお見せできることを楽しみにしています。昨年は大変いい結果を残すことが出来ました。シーズン7ではタイトルを狙います。日産は早くからEVを開発し続けてきました。EV開発がDNAの一部となっている日産にとって、メーカーやお客さまからの注目が高まっているこのような素晴らしいEVレースシリーズに参戦することは当然のことであり、その姿をお客さまにお見せできることを誇りに感じています」とコメントしている。

カスタマーレーシング活動も積極的に展開

また、カスタマーレーシング活動として、GT-R NISMO GT3をはじめとした日産の車両、エンジンでモータースポーツ活動を行うチームを引き続き支援することも明らかにしている。

具体的には、FIA GT3規定の下で開発された GT-R NISMO GT3をエントラントに供給してチームの支援を行っていく。スーパーGT GT300クラスには5台(GAINERから2台、KONDO RACING、NILZZ Racing、RUNUPから各1台)が参戦、スーパー耐久シリーズ ST-XクラスにMP RacingとDAISHIN/GTNETが出場する予定となっている。

なお、スーパー耐久シリーズ ST-3クラスには、OKABEJIDOSHA motorsportとMax Racing からFAIRLADY Z NISMO RCの出場も予定されている。

エンジン供給では、LMP3規則に対応したVK56エンジンをオレカ社を通して供給し技術支援を行う。このエンジンは、欧州ではヨーロピアン・ルマン・シリーズ、ミシュラン・ルマン・カップ、アルティメイト・カップ・シリーズ、北米ではデイトナ24時間レース、IMSAウェザーテックスポーツカー選手権、IMSAプロトタイプチャレンジなど、世界各地で開催されるLMP3クラスのレースの主力ユニットとなっている。

そのほかの活動では、カナダで日産セントラ・カップ(セントラによるワンメイクレース)の開催、スーパーGT GT300クラスでの人財育成プログラム「NISSAN MECHANIC CHALLENGE」、日産車のユーザーを対象としたニスモドライビングアカデミーが注目される。