2021年11月25日、スバルはスポーティワゴン「レヴォーグ」に、新開発の2.4L直噴ターボ「DIT」搭載の新グレード「STI Sport R」を追加したと発表。同時に一部改良も行われた。

走りを意識したエクステリア&インテリア

「先進安全」「スポーティ」「ワゴン価値」の3つの価値を革新的に進化させたハイパフォーマンスワゴン「スバルレヴォーグ」に、走りの魅力をアップさせた新グレード「STI Sport R/STI Sport R EX」が追加された。

このモデルと同日に発表された新型「WRX S4」と同じ、新開発の水平対向4気筒2.4L直噴ターボ「DIT」(275ps/375Nm)を搭載するモデルで、その圧倒的なパフォーマンスが魅力といえそうだ。トランスミッションも、同じ「スバル パフォーマンストランスミッション」(CVT)で、このエンジンのために開発されたものだ。

エクステリアは「STI Sport フロントグリル」とスカート部にメッキ加飾が施された「STI Sport フロントバンパー」、そして「STIロゴ入り大型デュアルマフラーカッター」が、よりスポーティさを際立たせる。足もとは、225/45R18タイヤと18インチアルミホイール(ブラック塗装+切削光輝)で引き締められている。

インテリアには、「本革巻ステアリング(レッドステッチ、高触感革、ピアノブラック調加飾パネル)」と「本革巻シフトレバー(ピアノブラック調+ダークキャストメタリック加飾)」が奢られ、走り心を刺激してくれる。

各種機能の利便性が向上。よりスポーティなニューカラーも設定

新グレードの設定と同時に一部改良が4点にわたって行われた。まずは、「サンルーフのメーカー装着オプション設定」(GT-H/GT-H EX、STI Sport/STI Sport EX、STI Sport R/STI Sport R EX)。従来型より開口面積が広くなり、より開放的なものとなった。

二番目が「パワーリアゲート」。車内からドアロック(車速・シフト連動ロック/集中ドアロック)している時でも、運転席スイッチでの開閉操作が可能となり利便性が向上した。三番目が「安全面」。アイサイトXの「ドライバー異常時対応システム」機能による車線内停車時に、全てのドアを自動で開錠し、非常時の車外からのアクセスおよび救出をスムーズに行えるようになった。

最後がボディカラー。よりスポーティな世界観を表現する「セラミックホワイト」「サファイアブルー・パール」「イグニッションレッド」3色が新たに設定されている。

●スバル レヴォーグ 新グレード ラインナップ

・STI Sport R:438万9000円
・STI Sport R EX:477万4000円

●スバル レヴォーグSTI Sport R EX 主要諸元

●全長×全幅×全高:4755×1785×1500
●ホイールベース:2670mm
●車両重量:1630kg
●エンジン:対4DOHCターボ
●総排気量:2387cc
●最高出力:202kW(275ps)/5600rpm
●最大トルク:375Nm/2000−4800rpm
●トランスミッション:CVT(スバル パフォーマンストランスミッション)
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:プレミアム・63L
●WLTCモード燃費:11.0km/L
●タイヤサイズ:225/45R18
●車両価格(税込):477万4000円