2022年5月8日(現地時間)、F1第5戦マイアミGP決勝がアメリカ・フロリダ州マイアミ・インターナショナル・オートドロームで開催され、レッドブルのマックス・フェルスタッぺンが優勝した。2位、3位にはフェラーリのシャルル・ルクレール、カルロス・サインツが入った。予選9位からスタートしたアルファタウリ・レッドブルの角田裕毅はレースペースを上げられず12位に終わっている。

3番グリッドからフェルスタッペンが好ダッシュ

レコードラインを外れると途端にグリップが低下するため、オーバーテイクは簡単ではないのではと予想された初開催のマイアミGP。勝敗の最初の鍵となったのは、フロントロウにフェラーリ2台、2列目にレッドブル2台が並ぶ構図のスタートだった。

ここで好ダッシュを見せたフェルスタッペンがターン1からターン2の切り返しでサインツをパス。その後は、首位のルクレールに引き離されることなくピタリと食らいつく。

なんとかフェルスタッペンをDRS作動圏外に抑えていたルクレールだったが、フェラーリはレッドブルに比べてスタートタイヤであるミディアムとの相性が悪く、次第にペースづくりに苦しむようになっていった。

フェルスタッペンはこの機を逃さず、8周目のバックストレートで一気に差を詰めると、そのままの勢いでDRSを作動させて9周目に入ったホームストレートエンドで首位を奪うことに成功した。

その後はフェルスタッペンが次第に差を広げ、タイヤを交換。ほぼ両車が同じペースだったハードタイヤでの第2スティントを無難にこなしていく。

フェルスタッペンは終盤のセーフティカーにも落ち着いて対応

唯一のピンチはランド・ノリス(マクラーレン・メルセデス)とピエール・ガスリー(アルファタウリ・レッドブル)の接触で出たセーフティカーが退去し、残り11周でリスタートとなった場面。終盤の勝負所でDRSを使って追い上げるルクレールに急接近を許すことになった。

しかし、この日のレッドブルにはそれでも抜かせないだけのストレートの速さがあった。

最終的には再び差を広げたフェルスタッペンがトップチェッカーを受け、前戦エミリア・ロマーニャGPに続いて2連勝を飾った。

「(トラブル続きでほとんど走れなかった)金曜日から、素晴らしいリカバリーができた」というフェルスタッペンは、これでドライバーズ選手権でルクレールとのポイント差を19点に縮め、コンストラクターズ選手権でもレッドブルはフェラーリに6点差と肉薄することになった。

次戦F1第6戦スペインGPはバルセロナ近郊モンメロのカタルニアサーキットで、5月20日に開幕、22日に決勝が行われる。

●2022年F1第5戦マイアミGP決勝 結果

1位 1 M.フェルスタッペン(レッドブル)57周
2位 16 C.ルクレール(フェラーリ)+3.786s
3位 55 C.サインツ(フェラーリ)+8.229s
4位 11 S.ペレス(レッドブル)+10.638s
5位 63 G.ラッセル(メルセデス)+18.582s
6位 44 L.ハミルトン(メルセデス)+21.368s
7位 77 V.ボッタス(アルファロメオ・フェラーリ)+25.073s
8位 31 E.オコン(アルピーヌ・ルノー)+28.386s
9位 23 A.アルボン(ウイリアムズ・メルセデス)+32.365s
10位 18 L.ストロール(アストンマーティン・メルセデス)+37.026s
・・・・・・・・・・・・・
12位 22 角田裕毅(アルファタウリ・レッドブル)+40.146s
リタイア 10 P.ガスリー(アルファタウリ・レッドブル)
ファステストラップ: 1 M.フェルスタッペン(レッドブル)1:31.361)
※F.アロンソ(アルピーヌ・ルノー)はレース後、接触とコースゲインのため10秒ペナルティを受けて11位に降格。

●2022年F1ドライバーズランキング(第5戦終了時)

1位 C.ルクレール(フェラーリ)104
2位 M.フェルスタッペン(レッドブル)85
3位 S.ペレス(レッドブル)66
4位 G.ラッセル(メルセデス)59
5位 C.サインツ(フェラーリ)53
6位 L.ハミルトン(メルセデス)36

●2022年コンストラクターズランキング(第5戦終了時)

1位 フェラーリ 157
2位 レッドブル 151
3位 メルセデス 95
4位 マクラーレン・メルセデス 46
5位 アルファロメオ・フェラーリ 31
6位 アルピーヌ・ルノー 26
7位 アルファタウリ・レッドブル 16