2021年7月30日、F1第11戦ハンガリーGPがハンガロリンクで開幕し、前戦での怪我が心配されたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはフリー走行1回目にトップタイムをマークするなど順調なスタートを切った。初日の全体トップはメルセデスのバルテリ・ボッタスだった。ホンダ勢は好調だが、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅はフリー走行1回目で2度のコースアウトもあり出遅れた。

初日トップはメルセデスのバルテリ・ボッタス

気温が30度を超え、真夏の陽射しによって路面温度が60度を超す中で行われた初日のフリー走行は、各チーム、それぞれのコンパウンドのパフォーマンスと劣化を試しながら進められた。

そんな中、フリー走行1回目でトップタイムをマークしたのはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンだった。前戦イギリスGPで大きなクラッシュを喫したフェルスタッペンは、フィジカル面での問題もなく、またパワーユニットもクラッシュの影響がなく機能していることを確認できたのはポジティブな結果だった。2番手のバルテリ・ボッタス(メルセデス)とは0.061秒差だった。

フリー走行1回目は、セルジオ・ペレスが8番手、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーが5番手、角田裕毅は12番手となった。角田はこのセッションで2回のスピンを喫し、2度目にはマシン後部をバリアにヒットして途中で走行をやめている。

フリー走行2回目は、メルセデスが1-2。フェルスタッペンはマシンのハンドリングに苦しむ場面も見られたものの3番手。ペレスが5番手、ガスリーが6番手につけるなど、ホンダ勢はこのセッションでも順調な仕上がりを見せている。

角田はマシンは修復に時間を要して、フリー走行2回目で1回しかアタックできず、17番手となった。

●2021年F1第11戦ハンガリーGPフリー走行1回目 結果

1位 33 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)1:17.555
2位 77 V.ボッタス(メルセデス)1:17.616
3位 44 L.ハミルトン(メルセデス)1:17.722
4位 55 C.サインツ(フェラーリ)1:18.115
5位 10 P.ガスリー (アルファタウリ・ホンダ)1:18.181
6位 14 F.アロンソ (アルピーヌ・ルノー)1:18.385
7位 16 C.ルクレール(フェラーリ)1:18.391
8位 11 S.ペレス(レッドブル・ホンダ)1:18.466
9位 4 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス)1:18.649
10位 18 L.ストロール(アストンマーティン・メルセデス)1:18.755
・・・・・・・・・
12位 22 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)1:18.770

●2021年F1第11戦ハンガリーGPフリー走行2回目 結果

1位 77 V.ボッタス(メルセデス)1:17.012
2位 44 L.ハミルトン(メルセデス)1:17.039
3位 33 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)1:17.310
4位 31 E.オコン (アルピーヌ・ルノー)1:17.759
5位 11 S.ペレス(レッドブル・ホンダ)1:17.824
6位 10 P.ガスリー (アルファタウリ・ホンダ)1:18.133
7位 14 F.アロンソ (アルピーヌ・ルノー)1:18.169
8位 5 S.ヴェッテル(アストンマーティン・メルセデス)1:18.228
9位 4 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス)1:18.313
10位 18 L.ストロール(アストンマーティン・メルセデス)1:18.320
・・・・・・・・・
17位 22 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)1:19.671

タイム拮抗、予選は激戦になりそうな様相

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは「フリー走行1回目では角田選手がスピンしてマシンを損傷、その修復でフリー走行2回目の大半の時間を失った点は残念でしたが、レッドブル・ホンダを含め、その他は順調な一日でした。パフォーマンスが拮抗していることに加えて、全長の短いこのサーキットでの予選は非常にタイトな争いになると思います」とコメント。各ドライバーは次のように語っている。

●マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

「体調は問題ありませんが、全体的に簡単な一日ではありませんでした。フリー走行1回目と2回目のそれぞれで、いくつかの調整や確認を行い、何が機能し、どの部分が機能していないのかといったことを見ていきました。この後、多くのことを分析しなければいけませんが、すごく大きな課題があるというわけではないので、そこまで心配していません。今日は路面温度が非常に高かったのですが、この後は雨の予報もあるので、面白いことになるのではと思っています」

●セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

「ロングランでもショートランでもマシンの感触がよかったです。両セッションともにトラフィックに引っかかったので、タイムはまだ上げられると思いますし、明日の予選ではもっと向上できるはずです。週末を通じて天候が変化する予報が出ているので、予測できない部分はありますが、それで有利になるかもしれないので、何が起きるか様子を見ていかなくてはなりません。ここまでいい形で進んでいますし、ここから先も期待が持てると思います」

●角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

「フリー走行1回目でミスをして走行時間を失くしてしまいました。マシンのリアがとてもナーバスな感じで、特に高速コーナーでその傾向があり、ピエール選手と比較して僕が大きくタイムをロスしている部分でした。これを改善しようとトライしていましたが、マシンのコントロールを失ってウォールにヒットしてしまいました。メカニックたちが素晴らしい仕事ぶりでセッション終了前に修復を完了してくれてフリー走行1回目では1ラップのアタックをすることができました。僕にとってもエンジニアにとっても、このデータは重要です」

●ピエール・ガスリー (アルファタウリ・ホンダ)

「とても満足のいく一日になりました。シルバーストンではやや苦戦しただけに尚更ですし、パフォーマンスを取り戻せたのはいいことです。マシンは暑いコンディションでも感触がよかったです。今週末はアルピーヌのマシンがとても速そうなので、彼らを予選で上回るためにも、ハードワークをしなければなりません。今夜から明日の午前にかけて雨が降る可能性がありますが、マシンのペースはよさそうなので、明日は自信を持って臨むことができます」

タイヤを供給するピレリは「例年高温のコンディションで行われるハンガリーですが、初日の天候は快晴で、フリー走行2回目では気温35度、路面温度59度まで上がりました。ソフトタイヤは1周で非常に良いパフォーマンスを発揮しましたが、熱劣化は間違いなくあり、ミディアムタイヤで決勝スタートすることにはメリットがあるかもしれません。これは予選戦略の考慮事項となるでしょう。ただ、今のところ 、ソフトタイヤとミディアムのタイヤのギャップは約0.9秒、ミディアムとハードのギャップは約0.7秒と予想されており、ミディアムタイヤでのQ2を通過できることは誰にも保証されません。また非常に高い気温にもかかわらず、週末には散発的に雨が降るリスクもあります」と分析している。

ハンガリーGPは前戦で実施されたスプリント予選を行わず、通常のレーススケージュールどおり、土曜日に予選、日曜日に決勝レースとなる。F1第11戦ハンガリーGPの予選は7月31日日本時間22時(現地時間15時)、決勝は8月1日日本時間22時(現地時間15時)に開始される。

●2021年F1第11戦ハンガリーGP タイムスケジュール

フリー走行3回目:7月31日12時〜13時(日本時間19時〜20時)
予選::7月31日15時〜16時(日本時間22時〜23時)
決勝(70周):8月1日15時〜(日本時間22時〜)