ポルシェ タイカンのバリエーション「クロスツーリスモ」が発表された。これは2018年のジュネーブショーで登場したミッションEクロスツーリスモの市販バージョンである。そのプロトタイプモデルの試乗機会を得た。(Motor Magazine2021年5月号より)

ワゴンボディで駆動は4WDのみ。日本でも予約受注を開始

そのスポーツワゴン風ボディは、パナメーラの派生モデル「スポーツツーリスモ」のようだが「クロス」の部分に違いが隠されている。ワゴンのような積載能力に加え、地上高を上げてオフロード走行も可能なクロスオーバーモデル、ポルシェの定義では「CUV(クロスユーティリティビークル)」なのだ。

垂直に近いリアゲートを持ったワゴンボディのおかげで、後席のヘッドルームはセダンより広く、ラゲッジルーム容量も500Lと、136Lも大きい。後席のバックレストをたためば、1200Lもの積載スペースが誕生する。またオプションで用意される21インチタイヤに対応して、前後ホイールアーチは大きく広げられている。

全車アダプティブエアサスペンションが標準装備されており、そのセッティングはタイカンより20mm高く、ホイールベアリングを強化するなどオフロード走行に備えている。パワートレーンはタイカンと同一で、93.4kWhのバッテリーを搭載。後輪駆動モデルのラインナップはなく、最高出力760psの「ターボS」、680psの「ターボ」、530psの「4S」、そしてスタンダードは単に「4クロスツーリスモ」と名付けられる。

ポルシェジャパンはターボSを除いて予約受注を始めており、ベースモデルの4が1309万円、4Sは1502万円、そしてターボが2024万円と発表されている。

確かなスタビリティを実感。頼もしいパフォーマンスに驚く

その公式発表を前に、クロスツーリスモのプロトタイプを試乗するチャンスを得た。カモフラージュされたボディはリア部分を除いて、タイカンとほぼ同一、ドライブトレーン、EVアーキテクチャーも同じで変化はない。

同行のエンジニア氏は、広い開口部を持ったワゴンボディの剛性確保のため、後部はリアオープニングを一周するような形で補強材が入っていると説明した。エアサスペンション(標準装備)はデフォルト状態でタイカンより20mm高く設定、強化されたホイールベアリングによってトレッドが広がり、背が高いのに視覚的な安定感が増している。

またオフローダーっぽさを強調するためにオーバーフェンダー、ルーフバーを装備、さらにオプションで19インチから21インチまでのホイールを用意。オフロードパッケージでは、車高をアップしたシャシも用意されている。空力特性は一般的なワゴンよりも低いCd値0.26を維持しており、ポルシェらしさが強調される。

高くなったドアオープニングのおかげで、リアコンパートメントの、乗降性はタイカンよりも優れている。さらにヘッドルームがタイカンよりも広いので、居住性も向上している。もちろん、リアのラゲッジルームが広大なのは当然だが、容量81Lのフロントトランクに変化はなくタイカンと同じだ。

テスト車は、まだ日本での予約受注リストに含まれていないターボSで、オーバーブースト時で最高出力560kW(760ps)、最大トルク1050Nmを発生する。2.3トンを超える重量にもかかわらず、電気モーターの軽い唸り音を伴いながら圧倒的なパワーで加速する。ちなみに0→100km/h加速は、セダンより0.2秒速い3.0秒と予想されている。

正確な航続距離は発表されていないが、タイカンセダンシリーズの383〜452kmまでという値と大きくは変わらない、と同行エンジニア氏は語った。そして高くセットされたサスペンションは、タイカンと比較すると乗り心地が良くなっているが、これは不整路面からの入力に対してコンプライアンスが取れているからである、との解説もあった。起伏あるカントリーロードでスピードを上げていっても、締め上げられたシャシは確かなロードホールディング&スタビリティを見せてくれ、頼もしい限りだった。

短時間の試乗ではあったが「タイカン クロスツーリスモ」が単なるマーケティングからの産物ではなく、タイカンの持つ優れたGT性能に、実用性を加味したオフロードワゴンであるということが強く私の印象に残った。(文:木村好宏/写真:キムラ・オフィス)