ボルボ S60(Volvo S60)
現行モデル発表日:2019年11月5日
車両価格:679万円〜909万円

総合力が高い美しいセダン

ミドルからラージクラスまで採用される「SPA」プラットフォーム。その特徴を最大限に生かし、ロングホイールベース/ショートオーバーハングのプロポーションを作り出し、セダン人気を高めるほどの美しいフォルムを実現したのがS60だ。

S90が2021年に再導入されるまで、ボルボが日本で展開する唯一のセダンだった。現在のラインナップは、2L直4ターボMHEV仕様の「アルティメットB4」と2L直4ターボに前後モーターを組み合わせたPHEVの「リチャージ アルティメット T6 AWDプラグインハイブリッド」の2本立て。駆動方式は前者がFF、後者が4WDで、組み合わせるトランスミッションはそれぞれ7速DCTと8速AT。

2022年の改良でマフラーエンドが見えないリアバンパーデザインになり、ホイールも5マルチスポークの新デザインを採用された。

[▶▶▶詳しい解説はこちら ボルボ S60が3代目にフルモデルチェンジ。T8ポールスターエンジニアードも限定車で登場 - Webモーターマガジン]

●ボルボ S60 主要諸元

全長:4780mm
全幅:1850mm
全高:1430〜1435mm
ホイールベース:2870mm
車両重量:1690〜2020kg
エンジン:2L直4DOHCターボ+モーター
駆動方式:FF/4WD
トランスミッション:7速DCT/8速AT
乗車定員:5名

[ボルボ S90 B6インスクリプションと、S60 B5 Rデザイン、キャラクターは違うのに共通する「北欧セダンの気持ち良さ」とは - Webモーターマガジン]

[ボルボが全ラインアップの電動化を完了。S60とV60クロスカントリーの一部改良でマイルドハイブリッドを導入 - Webモーターマガジン]