2022年11月17日、マツダは小型オープンスポーツカーのロードスター(ソフトトップおよびRF)を一部改良するとともに、ソフトトップに期間限定の特別仕様車「ブラウントップ(BROWN TOP)」(タイトル写真奥)を設定して予約受付を開始。12月中旬に発売する。

ボディカラーには新色を追加

1989年に初代がデビューしたロードスター(デビュー時の名はユーノス ロードスター)は、現行型が2015年にデビューした4代目(ND型)となる。オリジナルのソフトトップに加え、2016年にはリトラクタブル ハードトップのRFが追加された。

今回の一部改良では、内外装やパワートレーンなどに変更はないが、ソフトトップ、RFともに新色の「ジルコンサンドメタリック」が追加設定された。このボディカラーは、すでにクロスオーバーSUVのCX-5に採用されているものだ。

ジルコンサンドとは、砂岩などの堆積岩に含まれたジルコニウムのケイ酸塩鉱物の砂屑粒子で、これを用いた砂型でクルマのエンジンブロックなどを鋳造する。ジルコンサンドメタリックは、このジルコンサンドをモチーフにしたメタリックカラーで、少しグリーンがかったシルバーだが、光の当たり方などによって色の感じが違って見える。

これまでのロードスターのボディカラーとは異なる、ヴィンテージライクで、ロードスターのスポーティさをより際立たせる。このジルコンサンドメタリックのボディカラーは、ロードスターのソフトトップおよびRFの全グレードで選ぶことができる。

期間限定の特別仕様車「ブラウントップ」

ソフトトップに設定された特別仕様車「ブラウントップ」は、Sレザーパッケージをベースに、その名のとおり品のあるブラウン(茶色)の幌と、テラコッタ(オレンジがかった茶色)のインテリアを組み合わせ、リッチな雰囲気を感じさせるカラーコーディネーションを採用したモデルだ。

そのほかにも、ボディ同色のドアミラー(手動折りたたみ式)、ナッパレザーシート(テラコッタ)、テラコッタ ステッチ入りのドアトリム/インパネ デコレーションパネル、高輝度塗装の16インチ アルミホイールなどを特別装備する。また、ボディカラーは純正色7色から選べるので、前述のジルコンサンドメタリックも選択が可能だ。

ロードスターの主なグレードと車両価格(税込)は、ソフトトップがS(6速MT)の268万9500円からRS(6速MT)の342万2100円、RFがS(6速MT)の352万7700円からRS(6速MT)の398万8600円。ブラウントップは、6速MTが325万7100円、6速ATが337万2600円。なお、ブラウントップは2023年7月31日までの期間限定販売となっている。(写真:永元秀和)

●マツダ ロードスター ブラウントップ 主要諸元

●全長×全幅×全高:3915×1735×1235mm
●ホイールベース:2310mm
●車両重量:1020kg
●エンジン:直4 DOHC
●総排気量:1496cc
●最高出力:97kW(132ps)/7000rpm
●最大トルク:152Nm(15.5kgm)/4500rpm
●トランスミッション:6速MT
●駆動方式:FR
●燃料・タンク容量:プレミアム・40L
●WLTCモード燃費:16.8km/L
●タイヤサイズ:195/50R16
●車両価格(税込):325万7100円