ボルボ・カー・ジャパン株式会社は、プレミアムコンパクトSUVとして人気の「XC40」に新しいエントリーグレードを設定するとともに、一部価格を改定、11月24日から発売する。新開発DCTの採用拡大など、シリーズ全体でサスティナブルなパフォーマンスを高める改良が施されている。

さらに優れた効率。エントリーモデルとしての魅力が増した

2018年3月にデビューしたXC40は、ボルボ初のコンパクトSUVとして人気を博し、2021年(1月〜10月)の期間、ボルボブランドの国内最量販車種となっている。輸入車全体での登録台数を見ても常にランキング上位に入るなど「定番」的ポジションを確立しつつある。

人気者となっている理由は個性的なデザイン、軽快な操縦性、先進安全性のほか、コンパクトモデルならではの、優れた効率などが挙げられるだろう。そこに新たに設定されたB3は新開発のパワートレーンを搭載、400万円を切るスターティングプライスを掲げるベースグレードとして、新たな魅力をプラスしている。

B3とその上級仕様となるB3 モメンタムは、2L 直4直噴ターボに48Vハイブリッドシステムに新開発7速DCTを組み合わせ、シリーズ中もっとも優れた14.8km/LのWLTCモード燃費を達成している。

最高出力は120kw(163ps)、最大トルクは265Nm。ISGM(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター・モジュール)がエンジン始動や発進加速を絶妙にアシスト、静粛性に富んだ上質なドライビングフィールが楽しめそうだ。

この新開発7速DCT はB4 AWDにも新たに採用され、WLTCモード燃費は14.2km/Lを実現している。XC40シリーズ全体として、さらに高効率なイメージが高まることは間違いなさそうだ。

●ボルボXC40 B3 主要諸元

●全⻑×全幅×全高:4425×1875×1660mm
●ホイールベース:2700mm
●⾞両重量:1640kg
●エンジン種類 排気量:直4DOHCターボ 1968cc
●最⾼出⼒:120kW(163ps)/4750-5250rpm
●最⼤トルク:265Nm/1500-4000rpm
●モーター 最高出力:10kW/3000rpm
●モーター 最大トルク:40Nm/2250rpm
●トランスミッション:7速DCT
●駆動方式:FF
●燃料/タンク容量:プレミアム/53L
●車両本体価格(税込):339万0000円