2021年7月3日、F1第9戦オーストリアGP予選が行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得。フランスGPから続く3連戦をすべてトップでスタートすることになった。セルジオ・ペレスは3位、アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは6位、角田裕毅は7位。メルセデス勢は4-5位となっている。

レッドブル・ホンダは、ポールと3番手からレースをどうリードするか

晴天に恵まれ、気温25度、路面温度51度という暑いコンディションで行われた予選で、ホンダのパワーユニット勢が躍動した。

レッドブル・ホンダは予選開始からペースがよく、フェルスタッペンがトップ、ペレスが8番手でQ1を通過すると、ふたりそろって予選Q2もミディアムタイヤで突破。

予選Q3では、最初のアタックでフェルスタッペンが小さなミスを犯しながら1分3秒720のトップタイムをマーク。2度目はタイム更新できなかったが、そのままポールポジションを獲得した。ペレスは2度目のアタックでタイムを伸ばし、フェルスタッペンの後方となる3番グリッドとなった。

2番手には0.238秒差で伏兵ランド・ノリス(マクラーレン)が飛び込み、メルセデスAMG勢はルイス・ハミルトンが4番手、バルテリ・ボッタスは5番手に沈んだ。

決勝では、レッドブル・ホンダは5連勝、フェルスタッペンは4連勝に挑むことになるが、いい流れとなっている。

なお、レッドブル・ホンダの2台、マクラーレンのノリス、メルセデスの2台、ウィリアムズのジョージ・ラッセルが予選Q2をミディアムタイヤでクリア。予選トップ10ドライバーのうち、この6台はミディアムタイヤで、それ以外はソフトタイヤで決勝レースをスタートする。

予選で8番手に入ったアストンマーティンのセバスチャン・ヴェッテルは、Q2でフェルナンド・アロンソのアタックを妨害したとして3グリッド降格。10番グリッドに繰り上がったカルロスサインツは、決勝スタートで自由にタイヤを選択できる。

●マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

「レッドブルリンクでまたポールポジションを獲れたことはもちろんうれしいですし、3戦連続というのもチームにとって素晴らしいものだと思います。ただ、僕はいつも完璧を目指しているので、今日はものすごくうれしいというわけではないですし、どこが上手くいかなかったのかをこれから分析していきます。ここまで、いつもこうやって成長してきました。僕らのマシンは力強く、チェコ(ペレス)も3番手にいるので、レースが楽しみです。ここ数レース、マシンとエンジンがパッケージとしてよく機能しているので、とてもうれしく思っており、明日に向けては自信があります。ただ、明日は先週よりもタイヤが柔らかく、マネージするのが難しくなります。また、なによりライバルは強力なので、僕らにとって簡単なレースはひとつもないと思っています」

●セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

「オーストリアのホームコースでチームとしてとてもいい結果が出せて、うれしいです。マックスと僕はいいスタートポジションで、明日はともにいいスタートを決められればと思いますし、それが結果を左右するはずです。ミディアムタイヤでスタートすることになりますが、レースは1ストップか2ストップか分かりません。十分なロングランをできたドライバーはいないので、判断は難しいです。今日は最終的にいいラップタイムが出せましたが、簡単ではありませんでした。明日は何が起きるか分かりませんが、僕らのマシンは予選よりもレースのほうがいいと思うので、チームへ多くのポイントを持ち帰れればと思います」

アルファタウリ・ホンダは6番手と7番手、他とは違う戦略の可能性も

一方、アルファタウリ・ホンダの2台は予選の序盤はやや苦戦する。

ピエール・ガスリーは予選Q1の最初のアタックをトラックリミット違反で取り消しされるものの2度目のアタックで9番手に入り、角田裕毅も14番手で辛くもこのセッションを突破。予選Q1のタイムは8位のペレスから角田まではわずか0.134秒差と、非常に僅差の戦いになっていた。

予選Q2ではふたりともソフトタイヤで好走を見せ、ガスリーが4番手、角田が8番手でQ3へ進出すると、さらにペースをあげて、ガスリーが6番手、角田が7番手のグリッドを獲得した。ガスリーのタイムはメルセデス勢へ0.1秒未満の差に迫る好タイム、角田も自己ベストグリッドを更新する走りを見せた。

●角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

「今日のパフォーマンスには満足でき、予選での自己ベストになりました。チームにはすごく感謝しています。先週のペースを維持して、最大限の成果を出せるように取り組んでくれました。最後のアタックは、スリップストリームを使っていなかったのに、なかなかいいタイムだったので、この点もうれしかったです。ここオーストリアで2回続けてレースがあることは、学びという点でとても役に立っています。徐々に自信を深めていくことができていて、それが今日のパフォーマンスにも表れていると思います。大切なのは明日です。レース中のコンディションがどうなるかは分かりませんが、ポイント獲得のためにはタイヤマネージメントが重要になるので、その部分に注力していきます」

●ピエール・ガスリー (アルファタウリ・ホンダ)

「毎週末、予選では同じようなポジションにつけていて、とても満足しています。6番手というのは僕らの力強いパフォーマンスを表しており、今日はいい一日になりました。今週末はマシンを快適には感じられていない部分があったので、予選ではどうなるか分かりませんでした。それだけに、いいパフォーマンスを出せたことがとてもうれしいです。明日はソフトタイヤを履くマシンの中では最上位でスタートすることになるので、間違いなく戦略がカギになります。マシンのペースがいいことは示せているので、自信はあります」

決勝は一時的に天候が崩れる予報も、チームはさまざまな場面を想定

タイヤを供給するピレリは「先週末に比べてタイヤのコンパウンドが柔らかくなりましたが、最速の戦略は1ストップになるはずです。トップ10のうち6台がミディアムタイヤでスタートしますが、その後ハードタイヤを選択することになるでしょう。それ以外の場合は、ソフトタイヤで2回のスティントとミディアムまたはハード、あるいは3つのコンパウンドすべてを使用する2ストップが有力です。ソフトタイヤのスプリント的使われ方も可能性があります。レースは戦略的で複雑なものになると予想されています」と分析。

一方、フロントロウを逃して4番グリッドからスタートするルイス・ハミルトン(メルセデス)は「今週末は先週よりも挑戦的な展開になっていますが、ペースが少し足りません。あらゆることを試みましたが、現時点では基礎となるペースが十分ではないため、レースで実際にパフォーマンスを見つける必要があります。今日の暑さの中、レッドブル・ホンダは前に出て、私たちは後ろに下がりましたが、明日どうなるかはわかりません。マクラーレンは今週末にソフトコンパウンドで何かを見つけたようですね」と語っている。

予選開始時の気温は非常に暖かく、気温は30度、路面温度はピークで51度まで上がったが、決勝では気温が下がり、不安定になると予想され、雨のリスクもある。第9戦オーストリアGPの決勝は7月4日日本時間22時(現地時間15時)に開始される。

●2021年F1第9戦オーストリアGP予選 結果

1位 33 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ) 1:03.720
2位 4 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス) 1:03.768
3位 11 S.ペレス(レッドブル・ホンダ) 1:03.990
4位 44 L.ハミルトン(メルセデス) 1:04.014
5位 77 V.ボッタス(メルセデス)1:04.049
6位 10 P.ガスリー(アルファタウリ・ホンダ) 1:04.107
7位 22 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ) 1:04.273
8位 5 S.ヴェッテル(アストンマーティン・メルセデス) 1:04.570
9位 63 G.ラッセル(ウイリアムズ・メルセデス) 1:04.591
10位 18 L.ストロール(アストンマーティン・メルセデス) 1:04.618

●2021年F1第9戦オーストリアGP 決勝スターティンググリッド

1位 33 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2位 4 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス)
3位 11 S.ペレス(レッドブル・ホンダ)
4位 44 L.ハミルトン(メルセデス)
5位 77 V.ボッタス(メルセデス)
6位 10 P.ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
7位 22 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
8位 63 G.ラッセル(ウイリアムズ・メルセデス)
9位 18 L.ストロール(アストンマーティン・メルセデス)
10位 55 C.サインツ(フェラーリ)