2023年11月5日(現地時間)、F1世界選手権第21戦ブラジルGPがサンパウロ郊外インテルラゴスのアウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェで開催され、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが優勝。2位にはマクラーレンのランド・ノリス、3位にはアストンマーティンのフェルナンド・アロンソが入った。フェルスタッペンは土曜日に行われたスプリントでも勝利している。なお、アルファタウリの角田裕毅はスプリントで6位入賞、決勝でも9位に入り、2日連続入賞を果たした。

完璧タイヤマネージメント再び、フェルスタッペンが今季17勝目

荒天に左右された金曜日の予選から一転、土曜のスプリント同様に晴天に恵まれた日曜日、最初の波乱はスタート前に起きた。2番グリッドのシャルル・ルクレール(フェラーリ)が油圧トラブルからなんとフォーメーションラップ中にスピンアウト、いきなりリタイアとなったのだ。

さらにポールポジションのフェルスタッペンが好ダッシュし、ノリスとルイス・ハミルトンがアストンマーティン2台を挟み撃ちにしたスタートでは後方でクラッシュが発生、レースは赤旗中断となる。

再スタートでも主導権を握ったのはやはりフェルスタッペン。ノリスがこれを追い、ソフトでの第1スティント後半では抜きにかかる局面もあったが、ここはフェルスタッペンが冷静に対処し、以後は2回のタイヤ交換機会も含めてつけ入る隙を与えず。最後は8秒以上の差を広げて危なげなくトップチェッカーを受けた。

これでシーズン17勝目となったフェルスタッペンは、「スタートが大事だと思っていて、それが上手くいったからあとはタイヤマネージメントに集中した。タイヤのデグラデーションも心配だったけど、ソフトとミディアム、どちらのコンパウンドもOKだった」と余裕の表情だった。

ペレスと激戦の3位争いをアロンソがテクニックで制す

レース終盤にヒートアップしたのはスタートでの遅れを取り戻していたアロンソと、レッドブルの速さを活してオーバーテイクを連発して上位に進出してきたセルジオ・ペレスによる3位争い。

勢いがあったのはペレスの方だったが、アロンソも巧みなライン取りで仕掛けさせない。動きがあったのは残り2周となった70周目のターン1。ようやくペレスが攻略に成功し、これで順位は確定かと思われたが、アロンソも諦めずに最終ラップまで追走し、ターン4での見事なオーバーテイクで抜き返して表彰台をもぎ取った。

チームスタッフが歓喜するなか、ピットに戻ってきたアロンソは「(ペレスが)ターン1でレイトブレーキをミスしたのが見えたので思い切って攻めた」としてやったりの表情だった。

次戦第21戦ブラジルGPは、11月16日木曜日にアメリカ・ネバダ州ラスベガスの市街地サーキットで開幕。決勝レースは現地時間18日土曜日22時(日本時間19日日曜日15時)に開始される。(文:新村いつき)

2023年F1第21戦ブラジルGP リザルト

●2023年F1第21戦ブラジルGPスプリント 結果

1位 1 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダRBPT)24周[8]
2位 4 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス) +4.287s[7]
3位 14 11 S.ペレス(レッドブル・ホンダRBPT)+13.617s[6]
4位 63 G.ラッセル(メルセデ 14 F.アロンソ)+25.879s[5]
5位 16 C.ルクレール(フェラーリ)+28.560s[4]
6位 22 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダRBPT)+29.210s[3]
7位44 L.ハミルトン(メルセデス)+34.726s[2]
8位 C.サインツ(フェラーリ)+35.106s[1]
・・・・・・・・・・・・・
9位 3 D.リカルド(アルファタウリ・ホンダRBPT)+35.303s
※[ ]=獲得ポイント

●2023年F1第21戦ブラジルGP決勝 結果

1位 1 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダRBPT) 71周[25]
2位 4 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス)+8.277s[18]
3位 14 F.アロンソ(アストンマーティン・メルセデス) +34.155s [15]
4位 11 S.ペレス(レッドブル・ホンダRBPT)+34.208s[12]
5位 18 L.ストロール(アストンマーティン・メルセデス)+40.845s[10]
6位 55 C.サインツ(フェラーリ)+50.188s [8]
7位 10 P.ガスリー(アルピーヌ・ルノー) +56.093s[6]
8位 44 L.ハミルトン(メルセデス)T)+62.859[4]
9位 22 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダRBPT)+69.880s [2]
10位 31 E. オコン(アルピーヌ・ルノー) +1周[1]
・ ・・・・・・・・・・・・
13位 3 D.リカルド(アルファタウリ・ホンダRBPT)+1周
ファステストラップ 4 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス) [1]
※[ ]=獲得ポイント

●2023年F1ドライバーズランキング(第21戦終了時)

1位 M.フェルスタッペン(レッドブル)524
2位 S.ペレス(レッドブル)258
3位 L.ハミルトン(メルセデス)226
4位 F.アロンソ(アストンマーティン)198
5位 L.ノリス(マクラーレン)195
6位 C.サインツ(フェラーリ)192
7位 C.ルクレール(フェラーリ)170
8位 G.ラッセル(メルセデス)156

●2023年F1コンストラクターズランキング(第21戦終了時)

1位 レッドブル782
2位 メルセデス 382
3位 フェラーリ 362
4位 マクラーレン 282
5位 アストンマーティン 261