今回の記事は本田技術研究所の「協調人工知能(Honda CI)」を搭載した自動運転マイクロモビリティについてである。まだ試作初号機の段階だが、8年後の近未来に向けて「究極の乗り物」となる可能性を感じた。ガラケーからスマホへ変わっていったような革命が、自動車でも起きようとしているのかもしれない。

従来の自動運転車が「ガラカー」なら、ホンダの自動運転車は「スマートカー」

ホンダの「協調人工知能」は「Honda CI(Cooperative Intelligence)」という名前で、コアとなる2つの技術「意図理解・コミュニケーション技術」と「地図レス協調運転技術」を組み合わせたものである。

これらのテクノロジーのすごいポイントは、人間と同様に視覚情報や言語情報を元に判断・行動するシステムを採用しているということ。つまり、この技術が実用化されれば既存の道路インフラを変更することなく、自動運転社会を実現することが可能になる点で革新的なのだ。

自動運転に欠かせない2つのコア技術

「意図理解・コミュニケーション技術」は、人間のように言葉や身振り手振りを理解し、周囲の環境に合わせて、クルマ側が自ら考えたプランをユーザー側に提案するコミュニケーション技術。ちなみに、ホンダによればこの技術は世界初の画期的なものだそう。

意図理解・コミュニケーション技術 人間のように言葉や身振りを理解し、自分で考え、プランを提案する
意図のキャッチボール機能 ユーザーと言葉やジェスチャーでやり取りし、合流ポイントを理解する
対話によるユーザー特定機能 合流時に、複数のユーザー候補の外見の違いを判断し、対話でユーザーを特定する
ユーザーとの交渉・提案機能 周囲の状況を認識・学習し、危険な場所での合流を避ける代替プランを提案する

現在、世界で導入を進められている自動運転システム(自動運転レベル4より上の技術)は、クルマが高精度の3次元マップを読み込み、様々なセンサーやカメラと組み合わせることで実現している。しかしHonda CIの「地図レス協調運転技術」は高精度マップを必要とせず、車体に搭載されたカメラで周辺環境を立体的に認識し、目的地まで安全を維持しながらの自動走行を可能にする高度な技術を実現しているのだ。

地図レス協調運転技術 高精度の3次元地図に依存せずに周囲の環境を把握し、安全に自動走行する
リアルタイム道路構造理解機能(公道) カメラからの画像情報のみで、交差点やカーブなどの環境、歩行者などを認識し、安全な走路を素早く理解し、走行する
空間認識・走行マップ高速変換機能(公開空地) 車道のように明確な区画線が存在しないオープンスペース(歩道や自転車レーンなど)で、安全な走路を理解する
人・環境協調・行動計画機能 その場その場の環境を考慮し、目的地まで安心・スムーズに移動できるルートを決める

人間が乗り込むマイクロモビリティ「CiKoMa(サイコマ)」

こちらは、いつでも・どこでも・どこへでも移動できる自動運転車両で、名前は「Cooperative intelligence(協調人工知能)」と、自動運転技術実験の提携相手である常総市が馬の産地であったことにちなみ、自動運転技術の「子馬(KoMa)」を育てるという意味を掛け合わせて「CiKoMa(サイコマ)」と命名された。

無人自動走行でユーザーの元に迎えに来た「サイコマ」に、声やジェスチャーでピックアップポイントを指定して乗り込むことができるシステムとなっている。また、利用後は自動で次の利用者の元へ走行していくので、自分の好きなところで乗り捨てることが可能となることで、気軽な移動手段になることが目標。

この音声認識性能と提案能力は高く、ユーザーが指示を出したピックアップポイントが危険な場所の場合は、素早く代替案を交渉していた。ポストの「前」や「右」といった、日常会話で頻繁に使っている、「誰目線で話しているのか」が曖昧で高度な「空気を読む」必要がある指定方法には未対応のようで、今後の技術革新に期待したいところである。

また、ドライバーの視線を検知し、死角となっている範囲の危険をモニター画面とアラートで報知するシステムを搭載した4人乗りの研究車両も公開されていた。ドライバーの視野内の危険については、搭乗者に不快感を与えないようアラートを行わず、モニターに表示するだけにとどめる仕掛けになっている。

もっとも気になる航続可能距離は20〜30kmと短く設定されている代わりに、1台につき4個のバッテリーパックを交換する方式を採用し、バッテリーステーションに行けば素早く交換できるようになっていた。バッテリーステーションには数十〜数百個のバッテリーが待機され、充電完了のものから順次供給されるシステムになるそうだ。

サイコマの想定利用方法については、ホンダ公式YouTube動画が一番わかりやすいと思うので、こちらを参照していただきたい。

荷物を預けるマイクロモビリティロボット「WaPOCHI(ワポチ)」

続いてのマイクロモビリティは荷物運びを専門とする機械の「ワポチ」である。

これは、手ぶらで気軽にお出かけするために、荷物を載せて人に追従して目的地まで運搬するロボットである。ちなみに名前の由来は、「Walking Support(歩行支援)」と「POCHI(ポチ)」を組み合わせたもの。

最初に静脈認証を行い、同時にユーザーの特徴をカメラで把握することで、利用者が移動しても自動で追従するシステムが採用され、静脈認証システムは将来的に荷物をのせるバスケット部分の施錠・解錠にも利用することが検討されているそう。

今後の展望と常総市との関係

常総市との技術実験提携により、2022年11月から市内にある水海道あすなろの里で搭乗型モビリティ「サイコマ」の試験が開始する。当施設では、公道のように明瞭な境界が存在しない走路に対応する実験が行われ、最初は手動運転と自動運転の組み合わせで開始し、将来的に無人自動運転に移行する計画となっている。

また、同市に来春(2023年春)開業するアグリサイエンスバレーでは、「サイコマ」に加えて「ワポチ」の実験を開始する。「サイコマ」については、水海道あすなろの里と同様、無人自動走行の実現を目指すことになっているが、「ワポチ」に関しては、将来的に来訪した一般ユーザーによる試験利用を予定しているそうなので、数年後には実際に試すことができるかもしれない。

ホンダの「協調人工知能」を搭載したマイクロモビリティが、将来実現しようとしている社会についてはこちら。