2021年10月30日(土)から2022年4月17日(日)まで、トヨタ博物館(愛知県長久手市)で企画展「激走!!2.5次元 ヴゥオオーン!! -WRC 日本車挑戦の軌跡」を開催する。

WRCに参戦した懐かしの日本車がトヨタ博物館に集結!

世界中の公道を舞台に、市販車ベースの競技車両で競われる世界最高峰のモータースポーツのひとつが、WRC(世界ラリー選手権)だ。2021年シーズンも、伝統のラリー モンテカルロを皮切りに、世界の自動車メーカーが威信をかけて開発したマシンで過酷な戦いを繰り広げている。

日本メーカーは50年近く前からWRCに参戦しており、しかも2度にわたって日本車が年間全戦を制覇するという偉業も成し遂げている。WRCは「日本車でなければ勝てない」と言われる時代もあったほどだ。自動車メーカーがWRCに挑戦するのは、過酷な条件下での極限の走りで得られた経験やノウハウを市販車の開発に活かし、より魅力的なクルマをユーザーに届けるため。

この企画展では、トヨタ、日産、マツダ、三菱、スバル、スズキ、ダイハツの代表的なWRC参戦車両12台を一堂に展示。会場はマンガ仕立ての2.5次元イメージの空間とし、日本車のWRC挑戦の軌跡を臨場感たっぷりに紹介する。

今回、展示される予定の車両は、以下の7メーカー12台だ。

・ダットサン 240Z(1973年)
・三菱 コルトランサー(1974年)
・マツダ RX-7(1979年)
・ダイハツ シャレード(1982年)
・日産 バイオレット(1982年)
・トヨタ セリカ ツインカムターボ(1985年)
・トヨタ セリカ GT-Four(1990年)
・スバル レガシィ(1993年)
・スバル インプレッサ(1996年)
・トヨタ カローラ WR-Car(1997年)
・三菱 ランサー エボリューション(2001年)
・スズキ SX4(2008年)

これだけのWRC参戦マシンが一堂に展示されるのは、めったにないこと。WRCファンはもちろんのこと、モータースポーツ好きやクルマ好きなら、ぜひ訪れてみたいイベントだ。

●■トヨタ博物館

・開館時間:9時30分〜17時(入館受付は16時30分まで)
・休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)/12月24日(金)〜1月3日(月)
※急遽変更になる場合があるので、ホームページなどで確認のこと
・入館料(消費税込み):
大人1200円/シルバー(65歳以上)700円/中高生600円/
小学生400円※小学生無料期間:1月4日〜10日、3月19日〜4月10日
・住所:愛知県長久手市横道41-100