スバル ソルテラ(SUBARU SOLTERRA)
現行モデル発表日:2021年11月11日
車両価格:627万円〜715万円

スバル初の量産市販バッテリーEV

デザインコンセプトは、「都会・自然のなかで存在感を主張するボルダーSUV」。スバル共通のデザインフィロソフィーである「ダイナミック×ソリッド」を、さらに大胆(ボルダー)に表現するように努めたという。走行性能に関しては、2モーターの力強いトルクと優れたレスポンスを活かした制御を行う「Xモード(2モード、ヒルディセントコントロール付き)」を採用。

BEVであってもスバルが蓄積したAWDへの知見を活かしつつ、SUVに求められる高い悪路走破性を実現している。駆動用バッテリーは大型リチウムイオンバッテリー(71.4kWh)で、外気温や使用状況に左右されない安定した機能を水冷式温度調整システムを採用した点も新しい。トヨタ bZ4Xは共同開発車だ。

[▶▶▶詳しい解説はこちら スバルのBEV「ソルテラ」が一部改良。先進安全機能と低温下で急速充電性能をアップ - Webモーターマガジン]

●全長:4690mm
●全幅:1860mm
●全高:1650mm
●ホイールベース:2850mm
●車両重量:1910〜2030kg
●パワーユニット:モーター×1基/モーター×2基
●駆動方式:FWD/4WD
●トランスミッション:ー
●一充電走行距離:487〜567km
●乗車定員:5名

[【試乗】ソルテラは「EVという新しいクルマ」である前に「新しいスバルの4WD」だった - Webモーターマガジン]

[【試乗】ソルテラは、気持ちよーくツボを押さえたBEV。だからこそ「スバルらしさ」というスパイスに期待大 - Webモーターマガジン]