2022年11月7日、栃木県のモビリティリゾートもてぎで2022 AUTOBACS SUPER GT Round8 MOTEGI GT 300km RACE GRAND FINALが行われ、100号車STANLEY NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)がポールトゥウィンを達成。そして2位に入った12号車カルソニックIMPUL Z(平峰一貴/ベルトラン・バゲッド)がタイトルを獲得。同チームにとって27年ぶりの栄冠となった。3位には14号車ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)が入っている。

チャンピオン争いは5台に絞られた

第7戦から1ヶ月の時を経て迎えた最終戦。最終戦の舞台は久しぶりにモビリティリゾートもてぎで、まさにスーパーGTの最終戦にふさわしい舞台が帰ってきた。

前日に行われた予選で14号車はポールポジションを獲得することができず、この時点でチャンピオン争いから脱落。チャンピオン争いは3号車CRAFTSPORTS MOTUL Z(千代勝正/高星明誠)、12号車、17号車Astemo NSX-GT(塚越広大/松下信治)、37号車KeePer TOM'S GR Supra(サッシャ・フェネストラス/宮田莉朋)、そしてポール獲得で1ptを加算した100号車の5台で行われることとなった。

逆転チャンピオンを狙う100号車がポールポジションからトップで1コーナーをクリア。後ろでは2番手スタートの19号車WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/阪口晴南)を抜くべく12号車が襲いかかる。3コーナーで12号車が前に出るも、19号車が5コーナーで再び2位に浮上。同じ5コーナーで順位をあげていた8号車ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)と3号車が接触し8号車がスピン。なんとこの接触で3号車にドライブスルーペナルティが科されてしまった。

さらにGT300の車両も巻き込んだ多重クラッシュが3コーナーで発生しFCY(フルコースイエロー)となったが、SC(セーフティカー)切り替わり、ホームストレート上での隊列整理が行われた。しかし隊列整理が行われた後のSC走行中にホームストレートでGT300で追突事故が発生し、SCが長引くことになってしまった。

レースは21周目にようやくリスタート。100号車、19号車、12号車のトップ3は変わらないが、なんと10番手スタートだった17号車が4番手につけていた。しかも3位につける12号車に勢そのまま襲いかかるが、ここは12号車が3位を死守。

ピットウインドウが開いたのはレースの3分の1である21周目。各車義務のピットを終え、100号車、12号車、14号車、というトップ3になり、3台は僅差で優勝争いを展開。しかし順位は変わらず100号車が優勝、そして2位に入った12号車が悲願のドライバーズチャンピオンを獲得した。

ランキング2位で最終戦に臨んだ12号車が逆転でのチャンピオンを決めた。ドライバーの平峰とバゲットは共に初のGT500でのドライバーズチャンピオンに輝いた。IMPULとしても1995年以来、27年ぶりにGT制覇となり、今年日産が投入した新型ニッサンZもデビューイヤーでタイトルを獲得してみせた。3位には苦しみながらも混戦をすり抜け順位をあげた14号車が入り、トヨタとして一矢報いる結果となった。

レースで主導権を握り続けた12号車

ランキングトップの3号車の思わぬ脱落により優位にレースを運べた12号車。しかし予選から常にチャンピオン獲得条件を満たしていた12号車は非常に冷静だった印象を受けた。

平峰とバゲッドはこれまで多くの困難と闘ってきたが、今年は1年を通して安定感と速さを兼ね備えており、チャンピオンにふさわしいシーズンだったと言える。

優勝を果たした第5戦鈴鹿ではドライバーの速さに加え、チーム戦略がどんぴしゃりとハマり、今年のインパルチームの強さを象徴するレースだった。今年チームに加入しサポートを行った星野一樹の存在も大きかったはずだ。第5戦の優勝は星野による戦略が大きな勝因であり、優勝会見で平峰もドライバーとエンジニアの間に入ってコミュニケーションを取ってくれると語っている。

速いだけではなく、その時の最大限稼げるポイントを持ち帰る強さ、総合力が今年のインパルにはあった。星野一義監督も認めたチーム力は来年以降、王者としてさらなる強さをみせてくれるに違いない。(写真:井上雅行)

●■2022年スーパーGT 第8戦決勝 GT500結果

1位 100 STANLEY NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐) 63周
2位 12 カルソニック IMPUL Z(平峰一貴/ベルトラン・バゲット)+1.212s
3位 14 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)+1.888s
4位 3 CRAFTSPORTS MOTUL Z(千代勝正/高星明誠)+2.795s
5位 17 Astemo NSX-GT(塚越広大/松下信治)+16.005s
6位 37 KeePer TOM'S GR Supra(サッシャ・フェネストラズ/宮田莉朋)+26.476s
7位 19 WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/阪口晴南)+33.939s
8位 8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/福住仁嶺)+40.295s
9位 36 au TOM'S GR Supra(坪井翔/ジュリアーノ・アレジ)+45.265s
10位 38 ZENT CERMO GR Supra(立川祐路/石浦宏明)+50.036s

●■2022年スーパーGT GT500 ドライバーズランキング

1位 12 カルソニック IMPUL Z(平峰一貴/ベルトラン・バゲット)70.5
2位 3 CRAFTSPORTS MOTUL Z(千代勝正/高星明誠)66
3位 100 STANLEY NSX-GT(山本尚貴/牧野任祐)62
4位 17 Astemo NSX-GT(塚越広大/松下信治)60
5位 14 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)49
6位 37 KeePer TOM'S GR Supra(サッシャ・フェネストラズ/宮田莉朋) 43
7位 23 MOTUL AUTECH Z(松田次生/ロニー・クインタレッリ)37
8位 39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra(関口雄飛/中山雄一)33
9位 24 リアライズコーポレーション ADVAN Z(佐々木大樹/平手晃平)30.5
10位 36 au TOM'S GR Supra(坪井翔/ジュリアーノ・アレジ)29.5