2022年5月22日、F1第6戦スペインGP決勝がカタロニア・サーキットで行われ、レッドブルのマックス・フェルスタペンが優勝した。2位にはチームメイトのセルジオ・ペレスが入り、レッドブルがシーズン2回目の1-2フィニッシュを達成。3位にはメルセデスのジョージ・ラッセルが入った。角田裕毅(アルファタウリ)は10位でフィニッシュしている。

コースオフ&トラブルから復活、フェルスタッペンが3連勝

ポールポジションからフェラーリのシャルル・ルクレールが快走するのに対し、フェルスタペンは2番手で追走するもDRS圏内に入れぬままコースオフして5番手に後退。さらには先行するラッセルを抜きあぐねるなど厳しい序盤の展開を続けていたフェルスタッペンに、突然光が差したのは27周目だった。

ルクレールのマシンにまさかのエンジントラブルが発生し、楽勝ペースで差を広げていた首位ルクレールがピットでリタイアを余儀なくされたのだ。

好機到来とみたレッドブル陣営はフェルスタッペンの戦略を2ストップから3ストップへと切り替え、ミディアムからソフトへとタイヤ交換。ラッセルをアンダーカットで逆転すると、直後の49周目に2ストップ戦略のペレスと順位を交代して、フェルスタッペン→ペレスの1-2体制を構築。そのままラッセルを寄せ付けずにフィニッシュまで駆け抜けた。

「ターン4でリアのグリップを失ってコースアウトしたり、DRSが開かなかったりで厳しかったけど、戦略を駆使してうまく順位を取り戻せた」と笑顔のフェルスタッペンはこれで3連勝。今回無得点のルクレールをついに逆転し、6点差でドライバーズランキングの首位に立った。

ラッセル今季2度目の3位表彰台、メルセデスに復活の兆し

予選で好位置につけたメルセデス勢は、ルイス・ハミルトンこそ1周目の接触で出遅れたものの、ラッセルが力強いレースを披露。レッドブル2台には先着されたものの、今季2回目となる表彰台を掴んだ。

緊急ピットインを強いられたハミルトンも猛烈な追い上げで5位まで順位を戻してフィニッシュしており、フロアを中心とした大規模アップデートが奏効した格好。今シーズン悩まされてきたポーパジング(グラウンドエフェクト効果により車体が縦揺れする現象)も影を潜めており、次戦以降の本格的反抗が期待できそうだ。

次戦F1第7戦モナコGPはモンテカルロ市街地サーキットで5月27日に開幕、29日に決勝が行われる。

●2022年F1第6戦スペインGP決勝 結果

1位 1 M.フェルスタッペン(レッドブル)66周
2位 11 S.ペレス(レッドブル)+13.072s
3位 63 G.ラッセル(メルセデス)+32.927s
4位 55 C.サインツ(フェラーリ)+45.208s
5位 44 L.ハミルトン(メルセデス)+54.534s
6位 77 V.ボッタス(アルファロメオ・フェラーリ)+59.976s
7位 31 E.オコン(アルピーヌ・ルノー)+75.397s
8位 4 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス)+83.235s
9位 14 F.アロンソ(アルピーヌ・ルノー)+1周
10位 22 角田裕毅(アルファタウリ・レッドブル)+1周
・・・・・・・・・・・・・
12位 10 P.ガスリー(アルファタウリ・レッドブル)+1周
ファステストラップ: 11 S.ペレス(レッドブル)1:24.108

●2022年F1ドライバーズランキング(第6戦終了時)

1位 M.フェルスタッペン(レッドブル)110
2位 C.ルクレール(フェラーリ)104
3位 S.ペレス(レッドブル)85
4位 G.ラッセル(メルセデス)74
5位 C.サインツ(フェラーリ)65
6位 L.ハミルトン(メルセデス)46

●2022年コンストラクターズランキング(第6戦終了時)

1位 レッドブル 195
2位 フェラーリ 169
3位 メルセデス 120
4位 マクラーレン・メルセデス 50
5位 アルファロメオ・フェラーリ 39
6位 アルピーヌ・ルノー 34
7位 アルファタウリ・レッドブル 17