スバル BRZ(SUBARU BRZ)
現行モデル発表日:2021年7月29日
車両価格:308万円〜355万3000円

2代目にシフトしたFRスポーツは、気持ち良い走りを体感できる

特徴的なロングノーズのファストバックスタイルは初代を継承している。搭載されるエンジンはスバルが新たに開発した2.4L水平対向4気筒 DOHC。最大トルクの発生回転数が従来よりも約3000rpmも引き下げられ、より低速から力強いキビキビとした走り味を実現した。駆動方式はもちろんFRのみとなっている。

試乗したのは上級グレードのBRZ Sの6速MT。高速道路、一般道などさまざまな場面を走り、その実力を確認したが、中でもワインディングロードでのクルマとの対話は実に濃厚なものだった。これは前53:後47の前後重量配分も大きく貢献してくれているようだ。足まわりは従来型同様、フロントがストラット式、リアがダブルウイッシュボーン式だが目に見えない部分に細かなリファインが施されている。タイヤサイズは215/45R18だが、ゴツゴツとした乗り心地がなく、上手に履きこなしている。荒れた路面や道路の段差を乗り越えた時など、その衝撃を上手く収束、乗員には丸めて伝えてくるところは好印象である。

右足の動きと直結するようなエンジンのレスポンスや切った分だけ素直に曲がる応答性、ハンドリングはスポーツカーを運転している時に欠かせない要素である。そうした部分の完成度は素晴らしく、そしてひとつひとつの反応が実に楽しい。打てば響くとはこのことで、ドライバーの意志に電光石火のごとく反応する。

気分が盛り上がるのは4000rpmを超えてからだ。水平対向エンジンの音色が明らかに変わってくる。高回転域まで回すとドライバーも俄然気分が高揚してくるが、それにしてもストレスなく7000rpmまで実によく回るエンジンには感動さえ覚えたほどである。シフトフィールも実にスポーティだ。やはりMT車は、自分の使いたいギアを選択して走れるのが醍醐味だ。

これほど走りが楽しく、ハンドルを握ってどこかへ行きたくなるスポーツカーが、ほば350万円以下で手に入ることに驚くとともに、こうしたアフォーダブルなスポーツカーがある日本の、今の時代に幸せを感じた。

[▶▶▶詳しい解説はこちら スバルのピュアスポーツ「BRZ」に、操作性を向上させる一部改良を実施 - Webモーターマガジン]

●スバル BRZ 主要諸元

●全長:4265mm
●全幅:1775mm
●全高:1310mm
●ホイールベース:2575mm
●車両重量:1270kg
●エンジン:2.4L 水平対向4気筒
●駆動方式:FR
●トランスミッション:6速MT/6速AT
●WLTCモード燃費:11.7〜12.0km/L
●乗車定員:4名

[スバル BRZに10周年記念特別仕様車「S 10thアニバーサリー リミテッド」が登場。ボディカラーはひと味違う「WRブルーパール」だ - Webモーターマガジン]

[スバルBRZ で味わう「爽快AT」と「痛快MT」の競演。ピュアスポーツならではの「グランドツーリング」に魅了された - Webモーターマガジン]