世界中でセールスが絶好調のメルセデス・ベンツ新型Cクラスに、さらなる追い風をもたらしそうな「隠し玉」が誕生した。Eクラスに続く「オールテレイン」第二弾である。ちょっと背が高くなっただけ・・・では語りつくせない独自の魅力を、Cクラス エステート(ステーションワゴン)&GLCと見比べながら検証してみよう。

メルセデス流クロスオーバーの真髄が、いよいよ日本上陸か

以前、日本での販売が始まったばかりのEクラス オールテレインでテストドライブに繰り出したことがある。ワゴンモデルに対して30mmほど最低地上高が高められたメルセデス・ベンツ史上初めての「オールテレイン」だ。専用バンパー、ホイールアーチといった「オフローダー風味」のエクステリアアレンジが抜群にスタイリッシュで、確かな格上感を見事にアピールしていた。

その格上感は、見た目だけではなかった。高められたドライビングポジションは、なんとも言えない余裕しゃくしゃくな気分を演出してくれる。普通の車高では気を使うような段差でも、びくびくする必要はない。たかが約30mmされど約30mmの「上から目線」体験はとても新鮮だった。

以来、フォルクスワーゲンならオールトラック、アウディならオールロードクワトロ、ボルボならクロスカントリーと、気になるクロスオーバーモデルがどんどん巷に増えていく。ポルシェがBEVスポーツのタイカンにまでクロスツーリスモを設定するところを見ると、世の中には同好の士が少なからずいらっしゃるようだ。

そんなトレンドを考慮するなら、メルセデス・ベンツの最量販車種であるCクラスにこれまでクロスオーバーモデルが存在していなかったのが、逆に不思議だったと言えるかもしれない。ある意味、満を持しての登場というところだろうか。

オフロード風味のお作法はEクラスのそれを踏襲しているようだけれど、オリジナルとの差別化はかなり幅広い。日本上陸のスケジュールはまだはっきり見えてこないものの、ヒットの予感は揺るぎない。日本人だって、上から目線はたぶん大好きだから。

おおよそ40mmのボトムアップは、日本の交通事情にもとても優しい。

新型Cクラスのセダン、ステーションワゴンが日本上陸を果たしたのは、2021年6月。Cクラス オールテレインはもちろん、その新型をベースとしている。そこでまずは、ディメンションを中心にその違いをチェックしてこう。参考として都会派SUVのGLCのデータも比較してみよう。

ステーションワゴン(欧州ではエステートと呼ばれる)と比べると、オールテレインはわずかに全長が広げられている。全高のプラス39mmは、最低地上高を引き上げたことによる。もっとも、バンパーやアンダーライドガード、ホイールアーチライニングといった専用アイテムのおかげで、見た目のボリューム感の違いは数値以上に大きそうだ。

タイヤ/ホイールは17、18、19インチからチョイスできるが、たとえば17インチホイールの場合、高さのゆとりを生かしてワゴン比で20mmほど幅広いタイヤを履いている。20mm拡大された全径とあいまって、おおらかさと重厚感を高めてくれる。

1800mmを超える全幅はそれなりに気を遣うものの、GLCの1890mmに比べればかなり気がラクだろう。約40mmの最低地上高アップと1494mmに収められた全高アップは、日本の駐車場事情でもストレスが少ない。GLCでは門前払いを食らいそうな立体駐車場や、ワゴンではアプローチの角度がきつくてフロントバンパーの先っちょを擦ってしまいそうな高層駐車場などでも、気楽に停めることができそうだ。

4マティックとコンフォートサスペンションで、ロングツーリングも安心・快適

「気軽」で「ストレス少なめ」という意味では、ワゴンに現状設定されない4マティック(4WD)が標準装備となることも重要なポイントだ。凍結路面や雪道はもちろん、豪雨の時などもスマートな4輪駆動による絶妙なサポートは心強い。

オールテレインの4マティックは、路面状況や地形などの「タフさ」に合わせてふたつのオフロード用ドライブモードを選ぶことができる。駆動制御やESPの制御とともに、エンジン、トランスミッションなどの特性も最適化されるシステムだ。

ほとんどのドライバーは未舗装路、砂利、砂などの比較的おとなしいラフロードに対応した「OFFROAD」で十分満足できるハズ。だが、さらにタフな道路に挑戦するなら、急な下り坂で車速を一定に保ってくれるダウンヒルスピードレギュレーション(DSR)機構がアクティブとなる「OFFROAD+(プラス)」を選択すればいい。

大きめのステアリングナックルを備えたフロントサスペンションなど、足まわりもある程度、本格的なオフロード走行に対応するべく強化されている。一方で、可変ダンピング機構を備えたコンフォートサスペンションが、日常のドライブでの快適性を巧みにサポートしてくれる。乗り心地が良くなるだけでなく、走行安定性も向上するという。

AVANTGARDE仕様のインテリアが、満ち足りた移動時間を演出

オールテレインの外装には、オフローダー風味だけでなくAVANTGARDE系統のちょっと上級なパーツ類を装備している。オフロード走行モード時により広いエリアを照らし出して障害物の発見をアシストする「オフロードライト」など、便利なデバイスも設定される。

インテリアもAVANTGARDEクオリティが標準装備なのが嬉しい。たとえば、インストルメントパネルに配されたシルバークロームインサートとマットダイヤモンドシルクスクリーンエレメントのコンビネーションは、絶妙だ。トリムの仕上げは他にも、好みに合わせたチョイスが可能となっている。

ブラックレザー製のマルチファンクションスポーツステアリングホイール、アンビエント照明も標準装備。センターコンソール部に配置された高解像度の液晶ディスプレイは、10.25インチもしくは12.3インチから選ぶことができる。どちらも傾斜角、操舵角、座標やコンパスといった、オールテレイン専用コンテクストが用意されている。

シートもやはりAVANTGARDEスペック。高い快適性と優れたサポート性を兼ね備えている。ロングドライブなら疲れ知らずだし、ワインディングランでも不満が出ることはないだろう。(日本に導入されるCクラス ステーションワゴンは全車、AVANTGARDEとなる)

全車、マイルドハイブリッド仕様。新世代の1.5Lガソリンターボも用意

本国でのエンジンラインナップは、2L 直4ディーゼルターボ(最高出力200ps/最大トルク440Nm)と新世代の1.5L 直4ガソリンターボ(204ps/300Nm)の2タイプ。どちららもISGによるアシスト(20ps/200Nm)を受け、9Gトロニック(9速AT)で制御される。

パワートレーンについてはワゴンと基本的に変わらず、車両重量もほとんど同じ。0→100km/h加速はどちらも7.5秒でこなす。最高速度はワゴンに9km/hほどのアドバンテージがあるが、日本では関係ないレベルの違いでしかない。欧州仕様でのデータとなるが、燃費も実質同等と考えていい。

ただでさえ人気沸騰中の新型Cクラスに追加された「革命児」は、走りも実用性もまったく犠牲にすることなく、斬新な個性を見せつけている。もしかするとこれまでとは違う、新しい「定番伝説」がここから始まるのかもしれない。(Webモーターマガジン編集部 神原 久/写真:Daimler AG)