2022年6月25日から26日にかけ、フェラーリ・ジャパンは鈴鹿サーキットで、日本では4年ぶりとなる「フェラーリ・レーシング・デイズ 2022(FERRARI RACING DAYS 2022)」を開催。フェラーリ創業75周年という記念すべき年とも重なり、会場には約1000人のフェラーリオーナーが集結した。

日本全国から、珠玉のフェラーリたちが大集合

「If you can dream it, you can do it.」 自らに夢の実現に向け、エンツォ·フェラーリがフェラーリを創業してから75 周年となる2022年。そのメモリアルな年に日本では4年ぶりとなる「フェラーリ・レーシング・デイズ 2022(FERRARI RACING DAYS 2022)」が鈴鹿サーキットで行われた。

会場には全国から500台のフェラーリと約1000 人の[フェラーリオーナー]が集結し、その前でF1チャンピオンシップを戦い抜いたマシン(F10、F2003GA、F189)や、フェラーリの顧客を代表するオーナーが専用車両を購入。クローズドコースをドライブすることで得られたデータを、将来の市販モデル開発に役立てることを目的としたプログラム、フェラーリXX プログラムのマシン(XXK、599XX)による迫力のデモンストレーションランなどが、繰り広げられた。

そして、もうひとつの注目が、オーナーが各地から愛車でレーシング·デイズ会場に集結するラリー「Road to Suzuka」の開催だ。東京からは、貴重なクラッシックカーから現行モデルまで75台のフェラーリが鈴鹿の地を目指し、開催2 日目の6 月26 日には75 周年記念パレード走行を実施。その後、日本全国から集まったフェラーリがサーキット内で一同に介しての記念撮影も行われた。

見て、走って、満喫したフェラーリ尽くしの2日間

イベント内容は上述のほかにも、サーキット走行初心者が先導車とともに走行を体験する「ファミリードライブ」、それよりスピード規制が緩やかな「エキサイトドライブ」、ライセンス保持者などを対象とした「スポーツドライブ」や、プロドライバーが操縦する488 チャレンジEVO に乗車してサーキット走行を体験するホットラップなど盛りだくさん。

展示会場では「812コンペティツィオーネ」「296GTB」「SF90 スパイダー」「ローマ」「ポルトフィーノM」といった現行モデルやプレオウンド「F40」「250GT」「 TdF 」といったクラシックカーや、イーコナの第一弾「モンツァSP1/SP2」など貴重なマシンを間直に見ることができた。

日本のメディア向けには、「フェラーリ・レーシング・デイズ 2022」に先駆け、6 月24 日にフェラーリの新ミッドリアエンジンベルリネッタ·スパイダー[「296 GTS」の初披露]も行われている。