電動機構を持たない、今や希少な大排気量のV8自然吸気エンジンという伝統を踏襲した第8世代のシボレー コルベット。一方でMR化や8速DCTの初採用など先進的な面も持つ、新旧のテクノロジーを融合した存在でもある。(Motor Magazine2021年11月号より)

心臓部は伝統のスモールブロックV8 OHV

1953年のデビューから継承してきたFRレイアウトからミッドシップへ転換したことで大きな話題となっているC8コルベット。さらなるパフォーマンスアップを図るにはFRでは限界があり、またル マン時間などレースでライバルに打ち勝つにも必須だったのだろう。

LMGTEの常勝マシン、フェラーリ488GTEはもちろんのこと、あのRRが代名詞のポルシェ911でさえレース用のRSRだけは2017年からミッドシップ化しているのである。それに比べれば、ロードカーとレーシングカーでミッドシップの新しいアーキテクチャーを共有し、並行して開発されたC8コルベットのほうが筋は通っていると言える。アメリカ国内でのライバルであるフォードGTがミッドシップで高い評価を得ていることも強く意識しているのだろう。

ラインナップはベーシックなクーペ2LT、装備が充実したクーペ3LT、そして今回の試乗したコンバーチブルの3種類となる。車体は先代C7から始まったアルミニウム構造で、もともと軽量だったので従来比では同等の車両重量。車体中央に配置されるエンジンはV8の次世代型だ。

アメリカで人気の高いV8だが、コルベットは伝統的にスモールブロックのOHVを採用している。機構的にはOHCやDOHCの方が進んでいるが重心が高くなり、運動性能に影響を与えるのを嫌ってOHVにこだわり続けている。

スモールブロックとは気筒間のピッチを狭くするなどして、排気量の割にはエンジン全体の容積がコンパクトであることを示している。これに対してピックアップトラックなどに搭載されるV8はビッグブロックと呼ばれるものもあり、やはりOHVが主流だが、これは運動性能追求よりもメンテナンス性を考えてのことだ。

排気量は先代のC7コルベットと同じ6.2Lだがミッドシップ化にあたって潤滑系は大きくアップデートされた。ドライサンプオイルシステムと3基のスカベンジポンプが初採用され、より低重心が追求された。また、ヨー慣性モーメント低減によって高まるコーナリングGに対しても強みがあり、1Gを超える横方向加速度に耐えられるという。

C7ではLT1と呼ばれていたエンジンだが、C8用はLT2を名乗る。セグメント唯一のNAで、パワーとトルクはC7の466ps/630Nmから502ps/637Nmへとスープアップ。組み合わされるトランスミッションがATではなくDCTとなったのもトピックだ。

中低速域でも気持ち良い走り攻めればずば抜けた機動性

ロングノーズが特徴だった歴代モデルに比べると、キャビンが前進したスタイリングは新鮮だが、雰囲気は紛れもなくコルベット。コクピットに収まってみると、眼前のノーズが短いことがわかる。初の右ハンドルながらペダル配置に無理はなく、自然な感覚だ。エンジンを始動すれば、当然のことながらサウンドは後方から聞こえてくる。

縦に長いセンターコンソールに配置されたシフトセレクターでDレンジを選択してスタート。街中を大人しく走らせるだけでも、走りの質感が驚くほど高まっていることが実感できる。交差点を何気なく曲がるだけでも、フロントタイヤの位置や角度、路面との接触具合などが、特徴的な四角いハンドルをとおしてクリアに伝わってくるのだ。

乗り心地は存外にいいが、これはデイリーユースも大切にしているコルベットの伝統でもある。ノーマルな「ツーリングモード」なら、マグネティックライドコントロールの電子制御可変ダンパーがソフトでスポーツカーを感じさせないほど。シートもタイトすぎず快適でロングドライブも楽々とこなしてくれそうだ。エンジンはトルクに余裕があるから、一般的な走行では大人しく感じられる。100km/h巡行時の回転数は1500rpm程度で気筒休止もするから、実燃費は思いのほか良さそうだ。

ワインディングロードでスポーツモードを選択すれば一変する。サウンドに迫力が増し、5000rpmあたりからの回転上昇感は実に鋭い。しかもわずかなアクセル操作に対しても忠実に反応するなどドライバビリティが絶品で名エンジンであることを実感する。

それ以上に感銘を受けるのがシャシ性能だ。まずブレーキング時の姿勢が凄まじくいい。ハードに減速してもノーズダイブをさほど感じさせず、フロントタイヤの荷重コントロールがやりやすい。だからコーナーへも自信を持って進入していける。ステアリングホイールを切り込んでいけば、街中での第一印象と同じように、フロントタイヤの状況が手に取るようにわかり素早くノーズがインへ向いていく。トラクションも抜群に良く、502psをしっかりと路面に伝えていける。

ミッドシップ化によるハンドリングの進化は明らかで、剛性感のあるボディや各部の質感の高さも相まって至宝のV8スモールブロックを存分に味わえるモデルとなった。欧州スーパースポーツと肩を並べているが、価格は約半額とバーゲンプライスなことには驚きを隠しえない。当分の間は品薄状態が続きそうだ。(文:石井昌道/写真:伊藤嘉啓)

●シボレー コルベット コンバーチブル 主要諸元

●全長×全幅×全高:4630×1940×1220mm
●ホイールベース:2725mm
●車両重量:1700kg
●エンジン:V8 OHV
●総排気量:6153cc
●最高出力:369kW(502ps)/6450rpm
●最大トルク:637Nm/5150rpm
●トランスミッション:8速DCT
●駆動方式:MR
●燃料・タンク容量:プレミアム・70L
●タイヤサイズ:前245/35ZR19、後305/30ZR20
●車両価格(税込):1550万円