2021年4月6日、アウディ ジャパンは電気自動車第2弾の「eトロンGT」を日本初公開した。日本での発売は2021年秋の予定だが、まずはそのディテールを写真で紹介しよう。

高性能バージョンのRS eトロンGTも同時にお披露目

今回、日本初公開されたeトロンGTと、その高性能バージョンであるRS eトロンGTは、まだ日本仕様ではないが、内外装に大きな変更はなく、その概要は発表されている。

全長4990×全幅1965×全高1415(RSは1395)mmのワイド&ローで流麗なスタイルのeトロンGTは、4ドア クーペのグランツーリスモだ。スポーツバックのような5ドア ハッチバックではなく、リアには独立したトランクを備えている。アウディらしい空力を追求しながら居住性も犠牲にしないフォルムは、Cd値=0.24を達成している。

モノポストデザインのインテリアは、エクステリア同様に高品質で先進的なエレガンスを感じさせるもの。12.3インチのフルディスプレイ メーターパネルと10.1インチのタッチディスプレイが目をひく。ロングホイールベースの恩恵でリアシートも十分に広い。トランクスペースも405L(RSは350L)確保されており、またフロントのボンネット内にもラゲッジスペースがある。

パワートレーンは、前後に2基のモーターを備えた4WDで、システムの最高出力と最大トルクは、eトロンGTが350kW(ローンチコントロール使用時は390kW)と640Nm、RS eトロンGTが440kW(ローンチコントロール使用時は475kW)と830Nmを発生する。

駆動用のリチウムイオンバッテリーの総容量は93kWh(実際の使用容量は84kWh)で、システム電圧は800V。200Vの普通充電とCHAdeMO方式の急速充電に対応しており、日本の計測方法(WLTC)では500km以上の航続距離を実現する(国土交通省認可申請中)。

アウディプレセンス セーフティシステムをはじめ、アダプティブ クルーズコントロールやサイドアシストなど、運転支援システムも充実している。車両価格(税込み)は、eトロンGTが1399万円、RS eトロンGTが1799万円となっている。

●アウディ eトロンGT 主要諸元 ※()内はRS eトロンGT

●全長×全幅×全高:4990×1965×1415(1395)mm
●ホイールベース:2900mm
●車両重量:※2276kg(2347kg)
●モーター:前後に各1基・合計2機
●モーター最高出力:350kW(440kW)/ブースト時390kW(475kW)
●モーター最大トルク:630Nm(830Nm)
●バッテリー:リチウムイオン
●バッテリー容量:※93.4kWh
●トランスミッション:2スピードAT
●駆動方式:4WD
●WLTP航続可能距離:※452-488km
●タイヤ:前225/55R19、後275/45R19(前245/45R20、後285/40R20)
●最高速:※245km/h(リミッター作動250km/h)
●0→100km/h加速:※4.5秒(3.6秒)/ブースト時4.1秒(3.3秒)
●税込み車両価格:1399万円(1799万円)
※は欧州仕様値