2022年1月13日、トヨタ ノア/ヴォクシーがフルモデルチェンジ。それに先立つ1月7日に、ライバルであるホンダ ステップワゴンも内外装デザインを公開した(正式発売は2022年春の予定)。そこで、現在わかっているステップワゴンの情報とノア/ヴォクシーを、いくつかの面から比較してみたい。

エクステリア:シルエットはほぼ共通。スタイルは、お好みで

いずれもミドルクラスのミニバンだから、サイズは5ナンバー枠のほぼいっぱい(全長4700×全幅1700mm)か、わずかに上まわるサイズとなる。実際、ノア/ヴォクシーの外寸はすでに公開されており全長4695×全幅1730×全高1895mm、ホイールベースは2850mm。一方のステップワゴンは発表されていないが、従来型の標準系が全長4690×全幅1695×全高1855mmだったから、サイズはほぼ変わらないと思われる。

ステップワゴンはAピラーの付け根を従来型より70mm後退させることにより、フロントウインドーを立ててノーズを形成した。そのため、シルエットは両車とも似ている。写真で見る限りは、ステップワゴンのほうがボクシー感が強いようだ。いずれもスペース効率を重視したスタイリングだろう。

だが、最大の違いはフロントまわりの意匠だ。ノアは標準系でも外板と同色であしらった面を強調したフロントグリルを特徴とする。エアロモデルの「S」グレードではメッキグリルとして、さらに押し出し感を演出。エアロパーツが、さらにアグレッシブさを表現している。そしてヴォクシーでは、薄型のアッパー部と分厚くスクエアなロア部を組み合わせ、独創的なスタイルとなった。

一方のステップワゴンは「エアー」と「スパーダ」の2ラインとなる。標準系のエアーでは初代や2代目をインスパイアしたシンプルなフロントフェースとなった。カスタム系のスパーダではグリルまわりにメッキパーツを用いてエアロパーツも装着し、力強さを加味している。それでも、ノアの標準モデルよりおとなしい顔つきだ。

「デザインに良い悪いはない。好きか、嫌いかだけだ」とはよく言われるが、ノア/ヴォクシーとステップワゴンには、まさにこの言葉が当てはまる。クルマは手に入れれば、(たいていは)ある程度の期間を乗り続ける。それならば、自分の気に入ったデザインを選ぶのがベターだろう。

インテリアとパッケージング:両車の考え方の違いが見える

ファミリーユースとなることの多いミニバンは、複数のドライバーによって運転されることが多い。だからドライバーの体格にかかわらず良好な視界を確保し、運転しやすいことが求められる。実際に運転したわけではないが、両モデルの運転席に座るとステップワゴンもノア/ヴォクシーも、このあたりを考慮して運転席まわりの視界は良い。インターフェースを含めた操作系はいずれも使いやすさに大きな違いはなさそうだ。メーターの視認性も高い。

2列目をキャプテンシートにした場合、ステップワゴンは内側にスライドさせると前後スライド量が長くなるロングスライド/中寄せ機構を採用した。助手席側2列目シートをいちばん内側で手前にセットすれば、運転席のお母さんが席を離れずに赤ちゃんをあやしたりもできる。ノア/ヴォクシーは従来型でこれを採用していたのだが、サイドテーブルを活用できるようにと左右スライドを廃し、シートの骨格やリクライニング機構の改良で、中寄せせずにロングスライドを可能にした。

3列目シートに目を移そう。ステップワゴンは伝統の床下収納式、ノア/ヴォクシーは左右への跳ね上げ式だがストラップによる固定を不要にして使い勝手を向上。3列目に乗車する機会が少なく、荷物を積むことが多いなら、ステップワゴンのほうがラゲッジスペースを広く使うことができそうだ。ノア/ヴォクシーの跳ね上げは簡単だが、スペースや斜め後方視界が気になる、という人もいるだろう。このあたりは、どんな使い方が多いかで選ぶことになるかもしれない。

パワートレーン:ステップワゴンは未発表だが・・・

ノア/ヴォクシーは従来型と同様、1.8L+モーターのハイブリッドと2Lのガソリンエンジンのラインナップで、いずれもリファインされてクラストップレベルの燃費を達成している。ステップワゴンのパワートレーンは未発表だが、こちらも従来型と同じ2L+モーターのハイブリッド「e:HEV」と1.5LのVTECターボになりそうだ。

ステップワゴンのパワートレーンも、従来型よりリファインされて燃費も向上されるはず。いずれにしても、購入を検討しているのなら、新型ステップワゴンが正式発表されてから、まずは乗り比べてみることだろう。カタログの数値でなく、どちらが自分の乗り方にあった走りを楽しめるか。使い方同様に、乗り味はクルマ選びの重要なポイントなのだから。

安全&快適装備:どちらも充実していることは間違いない

従来型のノア/ヴォクシーは、デビュー時期の関係もあって先進運転支援システム(ADAS)は、ライバルに少し後れをとっていた。しかし、新型では最新の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を搭載。渋滞時支援のアドバンスドライブ、リモート機能付きのアドバンストパークなど、一部はオプションだが安全&快適装備も従来型より飛躍的に充実した。

バックドア開閉時に任意の角度で保持できる「フリーストップバックドア」や、パワースライドドアの開閉に合わせて機械的にステップが展開・格納する「ユニバーサルステップ」は、トヨタらしい便利機能といえるだろう。

ステップワゴンの安全&快適装備に関しては未発表だが、ホンダの先進安全運転支援システムである「ホンダセンシング」は全車に標準装備されることは間違いない。そのほかにも、まだ発表されていない「隠し球」の装備が用意されているかもしれない。

「正常進化」を果たしたノア/ヴォクシーと、「原点回帰」を目指したステップワゴン。クルマを選ぶときには、スタイル、使い方、乗り味、装備、そして車両価格など、さまざまなポイントがある。最終的に、どのポイントを重視するかによって選ぶクルマが決まっていくわけだが、ノア/ヴォクシーとステップワゴンで購入を悩んでいる人は、まずはステップワゴンの正式発表を待って、実際に両車を見て、さわって、試乗してみることだろう。

もっとも、2022年秋にはもう1台のライバル、日産 セレナもフルモデルチェンジするのではないかと噂されている。こちらの登場を待ってから・・・なんて考えている人もいるかもしれない。そうなると、ますますクルマ選びが悩ましくなってしまうのだが、クルマ好きにとっては、こうした時間がいちばん楽しいときなのかもしれない。(文:Webモーターマガジン編集部 篠原政明)