2022年11月1日、ステランティスジャパンは、シトロエン初のSUV 「C5 エアクロス SUV」のマイナーチェンジモデルの発売を開始した。

直線的なデザインとなったフロントグリル

シトロエンのSUV戦略の先兵となった「「C5 エアクロス SUV」のマイナーチェンジモデルの日本での発売が開始された。2022年1月に母国フランスで発表が行われているが、主な変更点はエクステリアとインテリアとなる。

まずエクステリアに目を向けると、独立型とされたシトロエンの象徴であるダブルシェブロンの左右に、ピアノの鍵盤を思わせる縦型クロームのドットが走り、ヘッドライト内部の上下にのびるデイタイムランニングライトへとつながる。これまでの丸みを帯びたフロントグリルが直線的なものとなり、シトロエンの新たなデザイン言語がいかんなく表現されている。新たに採り入れられた、V字シェイプのシグネチャーライトもそうだ。

そして、ダブルシェブロンをモチーフとしたエアインテークのグリッドのボトムにはスキッドプレート風の装飾が追加され、フロントサイドのエアスクープとボディサイドのエアバンプには、アクセントカラーが施されている。立体感を強調するリアのLEDライトクラスターや、ブラックのルーフレールとの一体感を意識してバイトーンとされたルーフ、ダイヤモンドカットとされた18インチアルミホイールなども忘れてはならない。

ブルーのステッチはダブルシェブロンがモチーフ

インテリアは、快適な座り心地をもたらすシトロエン独自のアドバンストコンフォートシートを採用し、上級グレードのプラグインハイブリッドとシャイン パックは、ダークブルーのナッパレザーに座面と背もたれの中央部分を黒のパーフォレーテッドレザーとしたコンビネーションとなる。シャインは、背もたれ中央部分がアルカンタラでサイド部がテップレザーだ。いずれのシートにも、ダブルシェブロンをモチーフとしたブルーのステッチが施される。

全グレード共通の仕様として、ブラックダッシュボードおよびドアアームレストのステッチがブルーとなる。また、小物入れの容量拡大のため、シフトセレクターとドライブモードセレクターをコンパクトなものとし、足元のペダル類はアルミ仕様となっている。

パワーソースは、従来通りの1.6L直4 DOHCターボ(180ps/ 250Nm )、2L直4 気筒DOHCディーゼルターボ(177ps / 400Nm)、プラグインハイブリッド<1.6L直 4 DOHCターボ(180ps/300Nm)+ モーター(81ps/320Nm)>の3種類。トランスミッションどれも8速ATで、駆動もFFとなる。

「魔法の絨毯」と形容されるシトロエン独自のハイドロニューマチックサスペンションの流れをくむ最新のシステム、プログレッシブ・ハイドローリック・クッション (PHC) や充実のADAS(先進運転支援システム)の装備は、もちろんこれまで通りだ。

●■シトロエン C5エアクロ SUV ラインナップ

シャイン(1.6Lターボ/8速AT):487万9000円
シャイン ブルーHDi(2Lディーゼルターボ/8速AT):509万4000円
シャイン パック ブルーHDi(2Lディーゼルターボ/8速AT):552万5000円
プラグインハイブリッド(1.6Lターボ+モーター/8速AT):637万6000円

●■シトロエン C5 エアクロス SUV SHINE PACK プラグインハイブリッド主要諸元

●全長×全幅×全高:4500×1850×1710mm
●ホイールベース:2730mm
●車両重量:1860kg
●エンジン:直4DOHCターボ+モーター
●総排気量:1598cc
●最高出力:133kW(180ps)/6000rpm
●最大トルク:300Nm/3000rpm
●モーター最高出力:81kW/2500rpm
●モーター最大トルク:320Nm/500−2500rpm
●トランスミッション:8速AT
●駆動方式:FF
●燃料・タンク容量:プレミアム・43L
●WLTCモード燃費:16.1km/L
●タイヤサイズ:225/55R18
●車両価格(税込):637万6000円