ゴルフのRを見てもわかるようにフォルクスワーゲンでRバッジは特別な意味が込められている。そんなRがTロックに加わった。(Motor Magazine2022年12月号より)

文句なしのスポーティテイスト

フォルクスワーゲンにとっても、ファンにとっても「R」というバッジは特別な存在である。ゴルフRを引き合いに出さなくても、シロッコ R、ティグアン Rと実に刺激的かつ魅力的なモデルが揃っている。その「R」シリーズに加わったのがTロック Rである。

では、Tロック Rとはどんなクルマなのか。標準のTロックが搭載するのはTSIが1.5L直4ターボ、TDIが2L直4ディーゼルターボなのに対して、Tロック Rは2L直4ターボエンジンとなる。このエンジンが高回転まで回る実に刺激的なエンジンだった。これだけで「R」の特別感は十分に味わえるのだが、とはいえそれだけがTロック Rの魅力ではない。

エクステリアは、Tロック自体がフェイスリフトしているため、とても新鮮な印象だ。19インチタイヤを履き、堂々したスタイルに仕上がっているが、それでいて乗り心地に不快だと感じる場面はまったくない。しっかり履きこなしている。

インテリアではステアリングホイールに付けられた「R」バッジやスポーティなイメージのアイテムが揃い、スポーツマインドに加え特別感が演出されている。

実際に走り出すと、「R」を名乗るに相応しい、実にスポーティなクルマだった。駆動方式は4WD(4モーション)を採用、安定感ある走りが味わえ、そのあたりも好印象に繋がっている。街中でも低回転からスゥーと速度を乗せて行きとても扱いやすい。このあたりはとてもジェントルなのだが、アクセルペダルを深く踏み込めばその印象は一変。実に刺激的なSUVの一面を見せてくれる。

そもそも輸入車SUV(2021年)で2番目に売れているTロック。ちなみに1番売れたのがTクロスだが、それもよく理解できる。そこに加わった「R」という存在はTロックシリーズ全体の魅力をさらに引き上げてくれることだろう。間違いなくこれはオススメできる1台と言える。(文:Motor Magazine編集部 千葉知充/写真:永元秀和)

●フォルクスワーゲン Tロック R主要諸元

●全長×全幅×全高:4245×1825×1570mm
●ホイールベース:2590mm
●車両重量:1540kg
●エンジン:直4DOHCターボ
●総排気量:1984cc
●最高出力:221kW(300ps)/5300−600rpm
●最大トルク:400Nm/2000−5200rpm
●トランスミッション:7速DCT
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:プレミアム・55L
●WLTCモード燃費:00.0km/L
●タイヤサイズ:235/40R19
●車両価格(税込):626万6000円