2023年11月29日、メルセデス・ベンツ日本はミドルサイズ SUVの「GLC」にプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4マティック スポーツエディション スター」を追加設定して発売した。EVモードでの最高速度140km/h、航続距離は118kmで、日常的には電気だけで使いこなすことができそうだ。

2L 直4ガソリンターボに電気モーターを組み合わせる

GLCは、メルセデス・ベンツのプレミアム ミドルサイズ SUVだ。2008年に登場した「GLK」の後継モデルとして、初代が2015年(日本仕様は2016年)に登場。現行型は2022年(日本仕様は2023年)に発売された2代目となる。2020年と2021年ではメルセデス・ベンツの中でベストセラーSUVとなり、全世界での累計販売台数は260万台(GLK含む)に達している。

今回追加されたGLC350eは、最高出力204ps(150kW)と最大トルク320Nmを発生する2.0L 直4ガソリンターボエンジンに、容量が31.2kWhのリチウムイオンバッテリーと出力136ps(100kW)/トルク440Nmの電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドモデルだ。システム総合の最高出力は313ps(230kW)/最大トルク550Nm(いずれも欧州仕様参考値)のパワーユニットを備える。

電気モーターのみでも最高速度は140km/h、走行可能な航続距離は118km(EV走行換算距離:等価EVレンジ)で、買い物や通勤など日常では電気自動車のように使用可能だ。遠方へのドライブではガソリンエンジンで充電しながら走行するなど、電気モーターとガソリンエンジンのメリットを掛け合わせることで航続可能距離や充電時間を気にすることなく、安心して乗ることができる。

EV走行モードの際、これ以上アクセルを踏むとエンジンも使用しなければならないというモーター走行の限界点でアクセルペダルの抵抗を増してドライバーに知らせる、「プレッシャポイント機能」を備えた「インテリジェントアクセルペダル」も採用。これにより、無駄なエネルギーの消費を抑えるドライビングを実現する。

CHAdeMO規格の急速充電器にも対応

充電方式は、CHAdeMO規格の急速充電器と6.0kW(30A)<日本での仕様で想定される200V・30A充電の場合>に対応しており、外出先や自宅などでのさまざまな充電方法に対応する。

エクステリアやインテリアは、既に日本仕様としてデビューしている[GLC220d](2Lディーゼルターボ+マイルドハイブリッド)と基本的には変わらない。フロントデザインにはスターパターングリルを採用。AMGレザーエクスクルーシブパッケージも設定される。ただし、ラゲッジスペースはフル乗車時で470L、リアシートバックを倒した最大容量は1530L(いずれも欧州仕様参考値)と、GLC220d(620〜1680L)より少し狭くなっている。

インテリアでは、12.3インチのワイドディスプレイを採用するインストルメントクラスターと、11.9インチの縦型ディスプレイを採用するメディアディスプレイの2画面を標準装備。対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」や「MBUX AR(拡張現実)ナビゲーション」、生体認証(指紋、声)によるシートポジションなどの設定、ウルトラハイビーム付きデジタルライト、後輪操舵、テレマティクスサービスの「メルセデス ミー コネクト」など、充実した装備を誇る。

車両価格(税込)は、998万円。ハンドル位置は、右のみとなっている。