2022年7月10日、イタリア・ミラノ近郊にあるのモンツァサーキットで世界耐久選手権(WEC)第4戦「モンツァ6時間」決勝が行われ、アルピーヌ・エルフの36号車アルピーヌA480・ギブソン(アンドレ・ネグラオ/ニコラ・ラピエール/マシュー・バキシビエール)が優勝、今季2勝目をあげた。トヨタGR010ハイブリッドの2台は終盤激しく競り合ったものの、2位、3位に終わった。なお、このレースから登場したプジョー9X8の2台はトラブルが頻発し、総合33位とリタイアとなった。

アルピーヌがトヨタの猛攻を抑え切る

ル・マン24時間勝利の波に乗って3連勝を狙ったトヨタだったが、BoP性能調整に悩まされ、軽量でコーナーの速いアルピーヌA480を攻めきれなかった。

6時間の決勝レースは、天候晴れ、路面ドライ、気温29度/路面温度45度という暑さのなかでスタートが切られた。

まず予選ポールポジションのグリッケンハウスが快調に飛ばしトヨタの2台やアルピーヌらを引き離して行くが、フルコースイエローやセーフティカーでその差が一気に詰まり、レースの折り返しの3時間過ぎにグリッケンハウスにトラブルが発生、リタイアとなってしまう。

ここからトヨタの2台とアルピーヌによるトップ3の戦いとなっていくが、レースが残り1時間に近づいた時、首位を走るトヨタの7号車とアルピーヌが接触するというアクシデントが発生。 7号車は右リアタイヤのパンクと車体右後部にダメージを負ってしまう。

しかしレースはこれでは終わらず、今度はトヨタの8号車が猛烈な追い上げを開始。8号車の平川は素晴らしいドライビングで周回遅れの車両をかわしながら首位のアルピーヌとの差を詰めていき、最後までプレッシャーをかけ続けたが、2.762秒及ばず2位でのゴールとなった。

最終スティントで小林がドライブしていたトヨタ7号車は、アルピーヌとの接触により90秒間のピットストップというペナルティを科され、2周遅れの3位でフィニッシュした。

なお、このレースからWECに登場し大きな注目を集めたプジョー9X8の2台は、93号車がリタイア、94号車は総合33位で緒戦を終えている。

次戦WEC第5戦は9月9-11日に行われる富士6時間レース。WEC世界耐久選手権も今シーズン残り2戦、トヨタはマニュファクチャラーズポイントではアルピーヌに15ポイント差の首位、ドライバーズポイントでは8号車が首位のアルピーヌ36号車に10ポイント差の2位、7号車が30ポイント差の3位につけており、残り2戦で逆転のタイトル獲得に挑む。

●2022年WEC第4戦モンツァ6時間 決勝結果

優勝 36 アルピーヌ・エルフ/アルピーヌ A480-ギブソン 194周
2位 8 TOYOTA GAZOO Racing/トヨタ GR010 ハイブリッド+2.762s
3位 7 TOYOTA GAZOO Racing/トヨタ GR010 ハイブリッド+2周
4位 41 リアルチームby WRT/オレカ 07-ギブソン(LPM2) +6周
5位 38 JOTA/オレカ 07-ギブソン(LPM2) +6周

●2022年WECハイパーカークラス マニュファクチャラーズランキング

1位 トヨタ121
2位 アルピーヌ106
3位 グリッケンハウス70
4位 プジョー12

●2022年WECハイパーカークラス ドライバーズランキング

1位 アンドレ・ネグラオ/ニコラス・ラピエール/マシュー・バキシビエール(アルピーヌ)106
2位 セバスチャン・ブエミ/ブレンドン・ハートレー/平川亮(トヨタ)96
3位 マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス(トヨタ)76