長きにわたってブランドを象徴してきたメルセデス・ベンツ CクラスとSクラスがフルモデルチェンジ。BEVのラインアップ拡充とともに世代交代の足取りも早まりつつあるようだ。(Motor Magazine2021年7月号より)

Eクラスに匹敵する上質感を持つ新世代Cクラス

2020年に引き続き2021年もまた、主要車種のフルモデルチェンジ群が、続々と日本上陸を果たすメルセデス・ベンツ。中でもブランドの「顔」と呼んでいい完全進化を果たしたCクラスとSクラスの導入開始は、これからの日本市場でのメルセデス・ベンツの大躍進を予感させる。

ことCクラスにいたっては、新世代感のインパクトが強烈だ。基本的なフォルムこそ、トラディショナルな後輪駆動車らしさが漂うものの、ボンネット上にくっきりと盛り上がるアクセントラインはこれまでにない力強さをアピールする。左右に幅広いフロントグリルとサイドエアダクトのコンビネーションは、Eクラスにも匹敵する上質感だ。セダンと同時に発表されたステーションワゴンも、なかなかにスタイリッシュだ。

さらにインテリアデザインのグレードアップは、新型Sクラスのそれに準じるレベルの高いものとなった。最大で11.9インチまで選択できるダッシュボード部のタッチパネル式ディスプレイは、ひたすらワイドさを誇る傾向にあった近年のメルセデスデザインから、一足飛びに洗練された印象に進化している。革新的なARヘッドアップディスプレイ、よりスマートに使いこなせるMBUXなど、類いまれなハイテク感を、このクラスから堪能できるのだ。

確実に拡大を見せる電気自動車EQラインナップ

そうした「定番系」の進化ぶりもさることながら、2021年の日本におけるメルセデス・ベンツの動向として目が離せないのが、EQラインアップの急拡大だろう。

EQCに続いて日本上陸を果たしたEQAは、1000万円を超える先達に対して640万円というお買い得感からして「野心的」だ。公式HPのスペシャルサイトには、冒頭から「最大約66万円優遇!」という謳い文句が踊る。

WLTCモードでの航続距離は422kmで、やや長めのドライブでも十分対応してくれそうだ。レーダーセーフティパッケージなど、世界最高峰の安全性能は標準で装備されている。奥さんがメインで乗りこなす実用的なセカンドカーとしては、これほど魅力的な「最新モード」は他にないだろう。

一方、「実質的には次世代のSクラス」と目されているEQSは、2021年4月15日にワールドプレミアされたばかりだが、すでに導入間近なモデルとして日本の公式サイトでも紹介されている。こちらの航続可能距離は、さすがの770km。実質的にはどこまで足が長いのか、とても興味深い。

続いて上海モーターショーで発表されたEQBは、7シーターEVとして誕生している。単なるクラス違いだけではなく、それぞれにユニークなスキルが与えられたEQの世界観は広大で奥が深い。(文:Motor Magazine編集部 神原 久)