ハイウエイ ドライブの楽しみのひとつといえば、SA(サービスエリア)やPA(パーキングエリア)での食事やおみやげ。今回は、常磐自動車道・友部SA(下り)のグルメを紹介しよう。

水戸に最も近いSAは、モビリティリゾートもてぎの最寄りでもある

友部SA(下り)は、常磐自動車道で茨城県のほぼ真ん中に位置する大型SAです。県庁所在地の水戸市に一番近いSAであり、また北関東道との分岐となる友部JCT(ジャンクション)の手前にあります。さらに言えば、モビリティリゾートもてぎ(旧・ツインリンクもてぎ)に行くときに利用する水戸ICの手前にあるため、個人的にもよく立ち寄ることが多いSAです。

茨城県のほぼ真ん中ということで、友部SA(下り)には、茨城ならではのグルメがしっかりと用意されています。その代表格が、今回紹介する茨城産のそばを提供するレストラン「手打ち蕎麦処 常陸庵(ひたちあん)」です。

挽きたて、打ちたて、茹でたての「3たて」を楽しむ

友部SA(下り)の自慢のレストランとなるのが「手打ち蕎麦処 常陸庵」です。店名に「手打ち」とあるように、麺は自家製。しかも、レジの前に石臼が置いてあり、そばの実を粉に挽いて打つのもお店で。もちろん茹でるのもお店。つまり、「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」という、そばをおいしくいただく3条件の「3たて」が揃っているというわけです。

そんな本格的なそばのお店で、おすすめするのが「旨辛根菜せいろ」(1310円)です。もちろん、普通の「常陸せいろ」(990円)もありますが、今回は、ちょっと変化球を紹介しましょう。「今まで辛いメニューがなかったので、昨年に開発しました。甘い汁をベースに、豆板醤や辣油、ゴマ油などを加えて、ピリ辛のつけ汁にしています」と料理人さんが説明してくれました。

実際にいただけば、香りの良いそばと、ピリリと辛いつけ汁の相性も抜群。つけ汁は辛いだけでなく、出汁がしっかりと効いており、ゴロゴロと入った根菜や鶏のつくねの旨味も楽しめます。食べ応えも十分。暑いときだけでなく、涼しくなってもおいしくいただけるメニューだといえるでしょう。

いつものうどんを洋風に、しかも辛めで、いただく

もっとカジュアルに食事を済ませたいという人におすすめしたいのは、フードコートにある「里のうどん 兎や」の「洋風 CURRY UDON クロワッサン添え」(860円)です。

これは、いわゆる「カレーうどん」なのですが、クロワッサンを添えると、あら不思議! なんとなく洋風に感じられてしまうというユーモアにあふれたメニューです。とはいえ、実際に食べてみれば、意外とカレーが辛くてびっくり。聞けば、つゆに入れるカレールーの分量は通常より増やしているとか。プレーンなクロワッサンとカレーの相性も良いので、女性にも人気が高いとか。うどんを食べたあとのつゆにクロワッサンをつけて食べるのも、なかなかイケます。

本格派のそばでいくか、カジュアルなカレーうどんにするか。そんな選択ができるのも、友部SA(下り)グルメの魅力といえるでしょう。(文と写真:鈴木ケンイチ/取材協力:NEXCO東日本)

●■常磐自動車道・友部SA(下り)

◎営業時間
●「手打ち蕎麦処 常陸庵」 8時〜21時(ラストオーダー:20時30分)/土日祝日は7時〜21時(ラストオーダー:20時30分)
「旨辛根菜せいろ」の販売時間は、10時〜20時30分
●「里のうどん 兎や」 24時間
「洋風 CURRY UDON クロワッサン添え」の販売時間は、7時〜21時
※コロナ禍の影響により、営業時間が変更になる場合があります