2022年4月24日、F1第4戦エミリア ロマーニャGP決勝がイタリア・イモラのアウトロローモ・エンツォ・エ・ディーノ・フェラーリで開催され、レッドブルのマックス・フェルスタペンが優勝、2位にはチームメイトのセルジオ・ペレス、3位にはマクラーレン・メルセデスのランド・ノリスが入った。角田裕毅(アルファタウリ・レッドブル)は7位で開幕戦以来となるポイント獲得した。

完勝フェルスタッペン、逆襲のフルポイント獲得

フェラーリの地元イタリアのフェラーリ親子の名を冠したサーキットで、レッドブルが会心の1-2フィニッシュを達成した。

ウエットスタートとなったこの1戦。抜きどころの少ないこのサーキットで最大の注目はスタートだったが、出遅れた前日のスプリントレースとは違い、決勝レースでのフェルスタッペンのスタートダッシュは完璧。さらに幸運だったのは3番グリッドからスタートしたペレスが2番手を奪い、最大のライバルであるフェラーリのシャルル・ルクレールがノリスにも交わされて4番手まで落ちてしまったこと。

頼もしいチームメイトに守られたフェルスタッペンは楽々とリードを築き、ウエットからミディアム、ミディアムからソフトへのタイヤ交換も無難にこなして独走でトップチェッカーを受けた。

最速ラップも記録したことでフェルスタッペンはスプリント優勝8点、レース優勝25点、最速ラップ1点のフルポイント34点を獲得。ランキング2位に浮上するとともに、首位ルクレールとのポイント差を27点に縮めている。

ルクレールまさかのスピン、フェラーリの地元で完敗

ルクレールがスタートに失敗し、チームメイトのカルロス・サインツもスタート直後のシケインで他車に追突されてコースアウト、リタイアと、地元レースを散々な形でスタートしたフェラーリが、レース終盤にさらなる悲劇に見舞われた。

何度もペレスから2番手の座を奪おうとトライしながら果たせていなかったルクレールが、最後の追撃をかけていた54周目にまさかのスピンでコースアウト。10番手にまで順位を落としたのだ。

ピットで壊れたノーズとタイヤを交換して6位まで追い上げてフィニッシュしたものの、レース後のルクレールは「チームのみんなに申し訳ない」と自らのミスに反省しきりだった。

次戦F1第5戦マイアミGPは、アメリカ・フロリダ州マイアミのマイアミ・インターナショナル・オートドロームで、5月6日に開幕、8日に決勝が行われる。

●2022年F1第4戦エミリア ロマーニャGP決勝 結果

1位 1 M.フェルスタッペン(レッドブル)63周
2位 11 S.ペレス(レッドブル)+16.527s
3位 4 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス)+34.834s
4位 63 G.ラッセル(メルセデス)+42.506s
5位 77 V.ボッタス(アルファロメオ・フェラーリ)+43.181s
6位 16 C.ルクレール(フェラーリ)+56.072s
7位 22 角田裕毅(アルファタウリ・レッドブル)+61.110s
8位 5 S.ヴェッテル(アストンマーティン・メルセデス)+70.892s
9位 20 K.マグヌッセン(ハース・フェラーリ) +75.260s
10位 18 L.ストロール(アストンマーティン・メルセデス)+1周
・・・・・・・・・・・・・
12位 10 P.ガスリー(アルファタウリ・レッドブル)+1周
13位 44 L.ハミルトン(メルセデス)+1周
ファステストラップ: 1 M.フェルスタッペン(レッドブル)1:18.446

●2022年F1ドライバーズランキング(第4戦終了時)

1位 C.ルクレール(フェラーリ)86
2位 M.フェルスタッペン(レッドブル)59
3位 S.ペレス(レッドブル)54
4位 G.ラッセル(メルセデス)49
5位 C.サインツ(フェラーリ)38
6位 L.ノリス(マクラーレン・メルセデス)35

●2022年コンストラクターズランキング(第4戦終了時)

1位 フェラーリ 124
2位 レッドブル 113
3位 メルセデス 77
4位 マクラーレン・メルセデス 46
5位 アルファロメオ・フェラーリ25
6位 アルピーヌ・ルノー 22
7位 アルファタウリ・レッドブル 16