デビューと同時に、数々の名誉あるデザイン賞を受賞してきたマツダ3。そのセダンバージョン専用のスタイリングキットがオートエクゼから発売された。

ブラックで統一したマツダ3セダン専用のスタイリングパーツ

2019年にデビューしたマツダ3は、マツダにおけるコンパクトカーカテゴリーの主力を担う新世代モデルである。同年4月に開催せれた世界で最も権威のあるデザイン賞のひとつ、「2019年レッド・ドット賞:プロダクトデザインにおけるベスト・オブ・ザ・ベスト賞(以下、ベスト・オブ・ザ・ベスト賞)」を受賞した。

さらに2020年4月には、ワールド・カー・アワーズ(WCA)が主催する2020年「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」において、特別賞のひとつである「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」も受賞するなど、デビューと同時に世界中から注目された。

ちなみにマツダ3は、2014年に3代目マツダ3ハッチバック(日本名:アクセラ)が「レッド・ドット賞」を受賞しており、2世代続けての栄光を手に入れたことになる。

そんなマツダ3には、5ドアハッチバックのファストバックと4ドアのセダンが設定されている。どちらも名誉ある賞を受賞しているだけに、スタイリングは文句なしに美しい。しかし話題の中心となっているのは、アフターパーツの豊富さから見てもファストバックに片寄っている。そんな現状もあって、マツダ3セダンのファンは寂しい思いをしてきたはずだ。

そんな中、マツダ車のディーラーオプションパーツを手がけている「オートエクゼ」が、マツダ3センダの専用パーツを発売した。

今回新たにラインアップされたのは、精悍なブラックで統一されたスタイリングキット3点(フロントアンダースポイラー・フロントグリル・スポーツサイドバイザー)と、排気効率と音質を向上させたプレミアテールマフラーだ。

ピアノブラックの塗装が施された「フロントアンダースポイラー」は、セダンのエレガントな雰囲気はそのままに、スポーティさをプラス。そして「フロントグリル」は、表面にピアノブラック、凹部に艶消しブラック塗装を施すことで、水平基調のデザインに奥行き感を加わえている。

また、「スポーツサイドバイザー」は走行中に負圧を発生させて車内の空気を効率的に排出するようなデザインを施されている。多人数で乗車する機会が多い人には、必需品のアイテムだろう。

2Lと1.5Lのガソリン2WDモデル用に開発された「プレミアテールマフラー」は、セダンのオーバーハングに合わせてテールパイプまわりを専用設計としている。サイレンサー内部をストレート構造とすることで、一般道での常用域から素直なトルク特性を実現している。

マツダ3セダンの深化した「魂動デザイン」に、洗練されたビジュアルのボディキットが加わることで、マツダ車の虜になることだろう。

オートエクゼ マツダ3セダン用スタイリングキット

●フロントアンダースポイラー:9万0200円
●プレミアテールマフラー:11万8800円
●フロントグリル:8万5800円
●スポーツサイドバイザー スモークタイプ:2万5300円
●プレミアテールマフラー:11万8800円